FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.2701:32

「ガソリン」から「電池(電気)」への車の動力源の転換、エコカー用のリチウムイオン電池の需要急増で生産競争が激化!

「ガソリン」から「電池(電気)」への車の動力源の転換、エコカー用のリチウムイオン電池の需要急増で生産競争が激化!

次世代型の省エネカー・低公害自動車として大きな注目を集めているのが「電気自動車」であり、現在は完全な電気自動車は市販されていないものの、エスティマやクラウン、ハリヤーなどの車種で電気とガソリンを半々で動力源にする「ハイブリッドカー」の販売台数が伸びています。日産自動車、トヨタ自動車、三菱自動車の3陣営は09年以降に相次いで「電気自動車の量産体制」に踏み出すとしており、電気自動車の動力源となる「リチウムイオン電池」の需要が飛躍的に伸び続けると予測されています。自動車と電機メーカーにとって、「リチウムイオン電池の巨大市場」は成長率と利益率の高い非常に魅力的な市場になる可能性があります。

90年代に深刻な経営危機に見舞われた日産は、CEOのカルロス・ゴーンによる強力な経営再建が進められていましたが、「リチウムイオン電池」こそが21世紀の自動車の主要なエネルギー源になるという予測を捨てておらず、細々と次世代型の電池の研究開発を続けていました。トヨタは松下電器産業と合弁してリチウムイオン電池を生産していく構えですが、日産はNECと設立した合弁会社で、日産座間事業所(神奈川県座間市)内に世界最大規模の電池製造工場を建設する予定を立てています。日産座間事業所の生産能力は年間6万5千台分の電池になる見込みであり、09年度から電池の量産をスタートさせます。2010年度には、日米で発売する電気自動車やハイブリッド車にこのリチウムイオン電池を搭載して、21世紀の次世代自動車の主導権を奪いたいという野心を持っています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

2008.05.2701:30

後期高齢者医療制度で、低所得者層の保険料軽減を最大9割にまで拡大する予定!

後期高齢者医療制度で、保険料軽減を最大9割にまで拡大する予定!

高齢者の財政による医療費負担を節減して「受益者負担の理念」により近づける目的で制定された後期高齢者医療制度(長寿医療制度)ですが、「収入・資産の少ない高齢者の実質負担が増えている・老人を見殺しにしようとしているのか」という根強い批判にあって改善を余儀なくされています。この後期高齢者制度は、「医療費が急速に増大している高齢者」により大きな負担をお願いするが「低所得の高齢者(国民年金のみ・無年金など)」には十分配慮するという趣旨で制定されたものだと当初説明されていましたが、実際には現役並の年収300万円以上の年収がある高齢者で保険料負担が下がっていたりして、本当に低所得の高齢者の負担を軽くする制度なのかという疑問が持たれていました。

増大する高齢者の医療費負担をできるだけ高齢者自身に負担してもらうという法制の基本骨格は正しいと思いますが、年金収入が年収100万円前後の高齢者などには生活が苦しくならないような十分な配慮が必要だと思います。高齢者の「最低限の文化的生活・医療を受ける機会」を保持することが至上命題であり、生活・資産に余裕がある高齢者には「老齢医療の維持」に貢献してもらうという制度設計で後期高齢者医療制度の骨組みを改善していくべきだと思います。

すべての人がいずれは高齢者になる以上、国民皆保険制度の老齢医療は残しておいたほうが良いと思いますが、高所得者・資産家層などがどれくらい医療福祉分野で累進的な負担を負ってくれるのかというのが課題になってくるのでしょうね。死後の世界にまではお金は持っていけませんが、自分の子孫にある程度の財産を残して上げたいという自然な欲求も完全に否定することはできず、所得・資産に応じた累進的な保険料負担の比率についての議論を深めていって欲しいと思います。

続きを読む

テーマ : 後期高齢者医療制度改革
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。