FC2ブログ
2008.06.2606:53

インターネット業界の給与調査、営業職が平均年収581万円、マーケティング職が平均年収508万円!

インターネット業界の給与調査、営業職が平均年収581万円、マーケティング職が平均年収508万円!

CNET Japanの記事では、ソフトバンク・ヒューマンキャピタルの転職サイト『イーキャリアプラス』が6月24日に発表した『第4回インターネット関連業界の職種別給与調査』の結果について書かれています。この調査の結果では、営業職の平均年収は581万円で3月に実施した調査より40万円も増えているということで、インターネット業界が順調に成長している経緯を思わせますが、恐らく大手のIT企業の昇給が平均年収の底上げに影響しているのでしょう。中小企業やベンチャー企業の営業職ではさすがに平均年収581万円の達成は困難だと思われますが、成長しているIT企業であれば、学卒後間もない若い年齢の従業員でも300万円以上の年収が得られるようです。その代わり、40代以上の営業職の年収は大幅に落ち込んでいるというデータがあり、営業管理職の人たちは必ずしも優遇されているわけではなさそうです。

IT営業職の年代別の平均年収では、20~24歳が317万円、25~29歳が398万円でいずれも前回調査より約20万円ほど下がったということですが、30~34歳は前回調査より120万円増の605万円、35~39歳は10万円増の568万円となっていて『インターネット業界の中堅サラリーマンの年収』が安定的に推移していることが伺えます。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2008.06.2606:11

国家公務員1種試験の合格者、女性が過去最高の19.2%に!派遣会社「グッドウィル」が7月末に廃業を発表!

国家公務員1種試験の合格者、女性が過去最高の19.2%に!

各ビジネス分野のキャリアで『女性の進出』が続いていますが、官僚の登竜門である国家公務員試験1種の合格者にも『女性が占める割合』が年々増え続けています。2008年6月24日の人事院の発表では、前年度に16.3%だった『女性比率』が今年度は19.2%にまで上昇しており、官庁・行政における女性の役割・働きがますます大きくなってきています。

中央省庁の幹部候補を目指す国家公務員1種試験ですが、08年度の女性の合格者数そのものは過去2番目に多い297人に留まったものの、前年度は257人ですからかなり増えていますし、今年は合格者数を若干絞ったようです。全体の合格者数は、前年度より36人少ない1545人となっており、競争率は13.7倍で前年度の14.2倍をやや下回っています。

しかし、国家公務員試験1種は依然として最難関試験の一つといえるレベルの競争率の高さになっていますし、受験者層が東大・京大・早稲田・慶応のトップレベル近辺の学生たちですから、中堅大学から1種試験に合格するのはかなり難しいと言われています。官僚の世界は『学閥の影響』が非常に強い傾向がありますから、やはり東大法学部卒業の合格者のほうが出世しやすいなど学歴の影響というものもあるようです。東大の入学試験の競争率は3~4倍台であることが多いので、東大の学生同士の学力競争という面もある国家公務員1種試験の13.7倍という競争率というのはかなりの難関になってくるでしょうね。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2008.06.2605:39

73歳筒井康隆が『偽文士日碌』のブログを開始!『美味しんぼ』の雁屋哲が「若者の金髪・茶髪」に苦言?

73歳筒井康隆が『偽文士日碌』のブログを開始!

『時をかける少女』『七瀬ふたたび』『パプリカ』などの代表作を持つSF作家の巨匠として知られる筒井康隆さん(73)がブログを書き始めることにしたようですね。斬新なアイデアやシニカルなストーリーで根強いファンを多く抱える筒井康隆ですが、ブログでも通常の「横書きスタイル」ではなく「縦書きスタイル」を採用するなど、今までにない画期的な新しいブログのあり方を模索しているようです。70歳を越えてからインターネットや新しいテクノロジー(IT)に適応しようとする筒井康隆の姿勢は素晴らしいものですし、年齢を重ねても衰えない創造的な発想や磨き上げられた文章力には圧倒されます。

筒井康隆は1992年に朝日新聞に発表した『朝のガスパール』という実験的な小説でも、インターネットと著作活動を連動させる試みを行っており、『朝のガスパール』では読者からの投書や「ASAHIネット」の掲示板に寄せられた意見を小説内容に反映させたということです。インターネットという新たな潮流に対する『作家としての嗅覚・勘』の鋭さを感じさせられるエピソードですが、「断筆宣言(1993年)」以降の筒井康隆は文筆活動に対する『ネットの可能性』を高く評価しているという感じがありますね。

筒井のブログのタイトルは『偽文士日碌(にちろく)』であり、偽文士というタイトルをつけた理由として『文士のパロディをネット上でやってみたかった』と述べているようです。筒井康隆ほど長年文壇で活躍した大御所が『偽文士』を名乗るあたりにユーモアを感じさせられますが、筒井は日常生活においても鼻下に髭をたくわえたり、唐桟の着物を着流したりしている面白い一面があるそうです。新たなブログの取り組みにも期待したいと思います。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク