FC2ブログ
2008.06.3023:08

国会議員の昨年の平均所得は2580万円、前年比139万増!国家公務員の夏のボーナスの平均支給額は約62万9400円!

国会議員の昨年の平均所得は2580万円、前年比139万増!

衆参両院は30日午前、国会議員の昨年1年間の所得と土地・建物などの売却資産を公開しました。今年4月1日時点で議員が報酬を受けている企業・団体名も公開されていますが、国会議員の報酬は3年連続で上昇していて、消費抑制で冷え込む民間の景気や物価高騰に悩む国民の生活とは異なった傾向を見せています。議員1人あたりの平均所得は2580万円(衆院2703万円、参院2235万円)で昨年より139万円増えたということですが、今年は父親から相続した不動産(東京都港区の自宅)を売却した民主党・松野頼久衆院議員など特別に高額の報酬(15億1856万円)を得ていた議員もいるので「議員間の所得格差」というのも大きそうです。

実際、松野頼久衆院議員を除いて議員所得の平均を出すと2344万円となり、前年を97万円下回ることになるそうですが、最近は議員の半分近くが世襲議員になっているという「議席の固定化・世襲化」の問題のほうが所得の大小よりも深刻ではないかと思います。主要政党別の所属議員の平均所得は、松野氏のいる民主党が3044万円で初のトップになりましたが、松野氏は臨時収入(不動産売却益)なのでたまたま民主党の平均所得を押し上げる結果となりました。

国民新党(2706万円)、自民党(2471万円)、社民党(2176万円)、公明党(2041万円)、共産党(1989万円)の順番となっていますが、大まかな計算では議員一人あたりの報酬は2000万円前後が多いということになりそうですね。地方自治体の知事の平均所得は1775万円ということですから国会議員の所得・報酬が多いか否かは微妙ですが、議員の場合には議員所得以外の補充資産(不動産・株式)なども入っているので単純比較は出来ないかもしれません。ただし、国家財政そのものが赤字の累積で危険水域に入っているということもあるので、議員所得や高級官僚の所得の水準は少しずつ切り下げていくということも必要かもしれません。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2008.06.3022:08

仲間由紀恵主演『ごくせん』の最終回視聴率は23.6%!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』がアマゾン上半期DVD売上ランキングで1位に!

仲間由紀恵主演『ごくせん』の最終回視聴率は23.6%!

仲間由紀恵が生徒思いの熱血教師“ヤンクミ”を演じる人気シリーズ『ごくせん 第3部』の最終回の視聴率は23.6%だったようです。任侠集団『大江戸一家』のお嬢様であるヤンクミ(山口久美子)が問題児ばかりが集まったクラスの担任をつとめ、生徒のピンチを無敵の強さで救うというお決まりのストーリーですが、『ごくせん』シリーズは依然として根強い人気があるようですね。『ごくせん』は『水戸黄門』的な決まったパターンの物語なので、最後は正義や愛情が勝つというパターンが好きな人ははまりやすいですし、生徒として登場するイケメンの若手俳優が好きという人も見ていそうです。

4月19日放送の初回放送の『ごくせん』も26.4%という高い視聴率だったようで、初回から最終回まで安定した視聴者を確保できるドラマシリーズになっている感じですが、過去の『ごくせん』に登場した小栗旬や松本潤、亀梨和也、赤西仁、速水もこみちなどはみんなその後もドラマ・音楽の第一線で活躍していますね。『ごくせん 第3部』にも三浦春馬やアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の高木雄也などが登場していたので、今後の更なる活躍を期待したいと思います。

しかし、今回のクールで放送されているドラマは比較的視聴率が高い作品が多かったようで、若者の精神や身体の苦悩(傷つき)とその回復をテーマにした『ラストフレンズ』も、最終回は22.8%の視聴率を獲得したそうです。『ラストフレンズ』ではドメスティック・バイオレンスや共依存、性同一性障害、セックスレス(トラウマによる性嫌悪)などかなり深刻なテーマがいくつも取り扱われていたのですが、長澤まさみや上野樹里、瑛太、錦戸亮、水川あさみが見事に熱演していました。木村拓哉が総理大臣役で主演している『CHANGE』のドラマも、20%台を前後するなかなかの人気ドラマになっているみたいですが、今クールのドラマは『一般的な恋愛・仕事以外のテーマ』を取り扱ったドラマが多かったように思います。

続きを読む

テーマ : ごくせん3
ジャンル : テレビ・ラジオ

2008.06.3021:37

「花より男子ファイナル」が観客動員数80万人で1位に、目標興行収入100億に向けて順調なスタート!

「花より男子ファイナル」が観客動員数80万人で1位に!

井上真央と松本潤(嵐)が主演する「花より男子ファイナル」が、人気シリーズ「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を抜いて、二日間の観客動員数で1位になったようですね。「花より男子ファイナル」(石井康晴監督、28日公開)の28、29日両日の観客動員数は80万5350人を記録して1位となり興行収入も10億円を突破しましたが、これは配給元の東宝が目標としている100億円の興行収入達成に向けて順調なスタートと言えそうです。邦画で大ヒットする映画の多くは、若年層に人気のコミック(漫画)を原作にしたものが少なくないのですが、神尾葉子さん原作の「花より男子」のコミックそのものが累計5800万部も売れており、元々非常に幅広い支持層を持つ作品だったと言えます。

少女漫画雑誌「マーガレット」で92年~04年にかけて連載された「花より男子」の漫画だけではなく、テレビドラマ版の「花より男子」も驚異的な視聴率を誇る作品となっており、初めから「花より男子ファイナル」がメガヒットになることはほぼ確定していたと言えます。05年10月にTBS系で放送されたドラマ版「花より男子」の第1作では、牧野つくし役を井上真央、道明寺司役を「嵐」の松本潤、花沢類役を小栗旬が務めて、平均視聴率19.7%、最終回が22.4%という高視聴率をマークしました。07年1月から放送された「花より男子」の第2作のドラマでも、平均視聴率21.7%、最終回が27.6%で低迷が続くドラマ界では異例の人気シリーズとなっています。

続きを読む

テーマ : 花より男子F
ジャンル : 映画

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク