--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.1303:04

北島康介が100メートル平泳ぎで金メダル、二冠へと前進!体操男子団体は銀メダル、中国に敗れて二連覇はならず!

北島康介が100メートル平泳ぎで金メダル、二冠へと前進!

100メートル平泳ぎと200メートル平泳ぎの両方で金メダルを狙っている北島康介(25・日本コカコーラ)が、100メートル平泳ぎで見事に金メダルを獲得しました。北京オリンピックが始まってすぐに、女子柔道で金メダルが確実と見られていた谷亮子が銅メダルという残念な結果に終わりましたが、その後は順調に金メダルや銀メダルを積み重ねている感じですね。北島康介は100メートル平泳ぎで「58秒91」という驚異的な世界新記録をたたき出して、アメリカのブレンダン・ハンセンが持っている記録を再び抜きましたが、このまま絶好調の状態を維持すれば200メートルでも金メダルをとって二冠を達成する確率が高いと思います。

北島康介は、独自の抵抗の少ない泳法と飛び込みからの加速感を追求しているといいますが、北京オリンピックで採用したレーザーレーサーの水着との相性も良さそうですね。「オグシオ」と呼ばれて写真集を出すほどの人気を得ていたバドミントンの小椋久美子、潮田玲子ペア(三洋電機)ですが、第2シードの中国ペアと戦って完敗してしまいました。オグシオも外見だけの人気ではないかなりの実力派だと思いますが、メダルを獲得するというレベルでの「世界の壁」はまだまだ厚いように感じました。柔道では、柔道男子66キロ級で内柴正人(旭化成)が04年アテネ大会に続く五輪2連覇を達成しましたが、柔道女子52キロ級でも19歳の新鋭・中村美里が銅メダルを獲得しています。女子柔道63キロ級では、日本代表の谷本歩実が内柴と同じくアテネに継ぐ二連覇を達成していて、やはり柔道の日本勢は世界的に見てもかなりレベルが高いですね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 北京五輪
ジャンル : スポーツ

2008.08.1301:46

Amazonの電子ブックリーダ“Kindle”の売上好調で株価も上昇!EUが書籍や芸術作品を集めた「デジタル図書館」の公開へ!

Amazonの電子ブックリーダ“Kindle”の売上好調で株価も上昇!

Amazonの株価が9%も急上昇した理由のひとつに、Amazonが販売している電子ブックリーダ“Kindle(キンドル)”の売上の好調が噂されていますが、こういった電子ブックリーダが流行るというのはなかなか予想できなかったことだと思います。日本の松下電器やシャープ(SHARP)なども電子書籍(電子ブック)を読む専用の情報端末を開発していましたが、あまりの不人気ぶりに敢えなく電子ブックリーダの生産を中止することになりました。日本で電子ブックリーダが売れなかった最大の理由は『そもそも電子ブックとして読める本の冊数が少なすぎるから』ということであり、『膨大な数の本』を電子ブック化しているECサイトのAmazonの電子ブックリーダと単純に比較することはできないと思いますが。

Amazonが開発・販売している電子ブックリーダのKindleに人気が集まっている大きな理由は、『Amazonの顧客層の一部を電子書籍の分野に取り込めたから・電子ブックのアイテム数が非常に多いから』ということだと思いますが、これはウェブ最大の電子書店であるAmazonにしかできない販売戦略ですね。ソニーやシャープ、パナソニックも技術的・デザイン的にはKindle以上の電子ブックリーダを製造する潜在的な力はあると思いますが、日本の電機メーカには『電子ブックのアイテム数を増大させる・ウェブショップと電子ブックリーダを連結させる』というAmazonのような販売戦略を立てることが不可能だということですね。

Citigroupのアナリスト、マーク・マハニー氏は『Kindleが書籍の世界のiPodになりつつあることが判明している』とメモを残して、Amazon株は買いだと予測しているそうですが、『音楽の世界のiPod』に対抗する『本の世界のKindle』が確固としたブランドとして確立すればすごいことだなとは思います。まだ日本のAmazonではKindleは販売されていないし、Kindleにダウンロードすることのできる『電子ブックのアイテム数』が準備できていないと思いますが、Amazonの顧客数の多さと品揃えの豊富さを考えると、近い将来には日本でもKindleが流行る日がやってくるかもしれません。

続きを読む

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

2008.08.1301:01

Googleマップの“ストリートビュー”で都会や観光地を散歩!ケータイのワンセグ以上に小型のワンセグTVが人気!

Googleマップの“ストリートビュー”で都会や観光地を散歩!

Googleの地図検索サービスであるGoogleマップに、街路や風景の景色を見ることができる“StreetView(ストリートビュー)”という機能が追加されました。現段階では日本のすべての都市や町・村の街路写真(風景写真)を検索できるわけではないのですが、東京・大阪・京都・札幌・神戸・横浜といった大都市を中心にして次々にストリートビューで街路写真を見られる地域が拡大しています。個人的には今まで行ったことのない観光地や史跡名勝の写真を手軽に見られるので、なかなか便利な機能だなと思うのですが、『住宅地や生活道路の街路写真・人物や自動車のナンバーが写り込んだ写真』についてプライバシーの侵害ではないかという批判も一部で起こっているようです。

京都の寺社や史跡を巡ったり、東京や大阪のテーマパークを旅行気分で眺めてみたりするのは非常に楽しいのですが『街路写真の解像度』が結構高いので、住宅地や生活道路の写真については『自分のプライベートな領域を勝手に写真に取られている』と不快に感じる人も多いでしょうね。『住所』と『実際の景観写真』をウェブで簡単に結び付けられることが嫌だと思う人もいるでしょうし、『自分がそこに行ったことを知られたくない写真』をウェブにアップされてしまう不安を感じてしまう人もいるかもしれません。プライバシー上の重大な問題がある場合には、その街路写真からGoogleに報告すれば、人物の顔にモザイクを入れたり住宅の表札を黒消ししたりしてくれるらしいですが、住宅道路についてはもう少しセンシティブな配慮が必要だったのかもしれません。

そういった幾つかの心理的・プライバシー的な問題は依然として残っていますが、このストリートビューの追加機能によって『Googleマップの利用価値』は格段に上がったことは確かだと思いますし、自宅にいながらにして日本各地の名所名跡や史跡・観光地を気軽に散策して回れるというのはやはり楽しいです。しかし、まだストリートビュー上での操作性があまり良くないので、前に進んだり後ろに引き返したりといった動作がもっとスムーズにストレスなくできれば良いなと思います。普通に歩いたり走ったりしているような操作感を再現できれば、もっと自然な感じで旅行気分を味わうことができるのですが、現状の使用感覚では数十分間くらい写真を見ているだけで結構疲れてしまう感じがありますね。画面上の移動がもっとスムーズになって、『観光地・歴史的建築物などのツアーサービス』の日本版・世界版がリリースされたりすると、更にGoogleマップが楽しくなってくると思います。

続きを読む

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。