--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.1009:55

NYダウが678ドル安で9000ドルを割り込み、世界同時株安が継続!G7で日本が国際通貨基金(IMF)を活用した緊急融資制度を提案!

NYダウが678ドル安で9000ドルを割り込み、世界同時株安が継続!

サブプライムローン・ショックの後に、アメリカの信用市場の収縮が一気に進み、グローバル経済にマイナスのフィードバックが働いて『世界同時株安』が進行しています。日本の株式市場もアメリカ市場以上の大きな影響を受けており、日経平均株価は1万円を大きく割り込んで、今後も下落基調が続きそうな状況にあります。アメリカの大手証券会社や金融機関の経営破たんを受けて更に悪化している『世界同時株安』ですが、1929年の世界恐慌のような悲劇を繰り返さないために先進諸国の迅速な金融政策と危機対応が必要になっていますね。

アメリカの株式相場は金融不安の拡大を受けて、景気の先行きを懸念する見方が強まっており、ダウ工業株30種平均は前日終値比678.91ドル(7.3%)安の8579.19ドルにまで落ち込んでしまいました。このNYダウの安値は、2003年5月以来となる5年5ヶ月ぶりの安値となっていますが、ハイテク株中心のナスダック総合指数も95.21ポイント安い1645.12となっており、旧来型の製造業だけでなくIT・情報企業やバイオテクノロジー産業などの景気も相当に悪くなっています。本日10日には、先進7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が開かれますので、先進諸国が足並みを揃えた集中的な経済対策の実行を期待したいところですが、このG7では新興国や途上国への経済支援も大きな課題になりそうです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。