--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.0617:24

11月の携帯純増数はソフトバンクが19カ月連続首位に。イー・モバイルは契約が100万件突破!イー・モバイルがスマートフォンの新機種「Dual Diamond S22HT」を投入!

11月の携帯純増数はソフトバンクが19カ月連続首位に。イー・モバイルは契約が100万件突破!

新規契約数から解約数を差し引いた月間純増数で、ソフトバンクモバイルが11万3000件増となり19カ月連続で首位を維持していますが、やはりホワイトプランで1時~21時まで話し放題というのが人気の理由になっているようです。1番通話をする時間帯が有料なのは不便といえば不便なのですが、普段、日中に電話を多く使うユーザーの場合にはドコモやauよりも月額の料金がかなり安くなると思います。純増数の2位はイー・モバイルの9万7300件増となっていて、今人気上昇中のネットブック(小型ノートパソコン)とのセット販売(データ通信カード)が好調のようです。

イー・モバイルの契約数は累計で100万件を突破しており、後発の携帯電話・通信キャリアとしては順調に業績を伸ばしていますね。100万件の契約突破はビジネスのマイルストーンになりますが、2007年6月に有料サービスを開始したイー・モバイルは1年6カ月で100万件突破を達成したことになり、今後どこまでシェアを伸ばせるかが注目されます。今のところ、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルといった携帯電話キャリアとイー・モバイルのビジネスが直接的にシェアを奪い合っている状況は余り無いと思うのですが、今、データ通信カードの普及に重点を置いているイー・モバイルが、携帯電話の端末投入に力を入れてくると携帯のメジャーなキャリアも油断は出来ないと思います。

イー・モバイルの端末ラインアップはデータ通信端末が15機種、携帯電話機が8機種(携帯電話機はスマートフォン4機種を含む)となっていますが、これから携帯電話にどこまで力を入れてくるのかが気になります。11月の契約数はNTTドコモが6万5100件増,KDDI(au)は1万5800件増となっており、auの契約増加のスピードがかなり鈍化してきていてMNPでも解約するユーザーが増えてきています。 MNP(番号ポータビリティ)による転出入では、ソフトバンクモバイルが1万3800件の増加,イー・モバイルが500件の増加、NTTドコモが1100件の減少、KDDIは1万3200件の減少となっており、引き続きソフトバンクとイー・モバイルの堅実な増加傾向が目立っています。

KDDIのauは純増数のスピード低下とMNPでの顧客喪失がありますが、新しく始めたサービスである『au BOX(月額315円・テレビや携帯電話と接続して音楽や映像のコンテンツを楽しんだりウェブサービスを利用できる)』のほうは予想を上回る契約を得ているようです。一つの端末で二つ以上の電話番号を持つことができるサービスもユーザーを増やしており、NTTドコモの『2in1』が7500件の増加、ソフトバンクモバイルの『ダブルナンバー』が1600件の増加となっています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース
ジャンル : 携帯電話・PHS

2008.12.0615:48

金融不況の中でも「セブン銀行」は増収増益を達成!ホンダが業績不振でF1事業から撤退を表明!

金融不況の中でも「セブン銀行」は増収増益を達成!

アメリカのサブプライムローン破綻によって金融不安が拡大し、銀行・証券・保険など金融機関の株価も大幅に下落している。メガバンクを含む既存の銀行は『株価の低下・不良債権の増大・投資事業の失敗』などによって大幅に利益を減らして赤字に転落したところも多いが、コンビニのセブンイレブンとATMで連携しているセブン銀行だけは増収増益を続けているという。以下の記事には、新規参入組であるセブン銀行の成功につながったビジネスモデルについて触れられているが、一番の収益源になっているのは他の銀行と業務提携して手数料を得ている『ATM事業』のようである。

逆風の金融界でセブン銀行ひとり勝ちの秘密

セブン銀行の2008年9月中間決算によると、最終利益は前年同期に比べて45.5%増の90億円と伸ばした。メガバンクなど、既存の銀行が軒並み減収減益となるなかで、ひとり気を吐いた格好。ATMの利用に集中した独自のビジネスモデルが当たった。

セブン銀行のもうけの源泉であるATM利用手数料。その仕組みはこうだ。提携した銀行のカードホルダーがセブン銀行のATMを使った場合、ATM利用手数料はいったん提携した銀行に入り、その後提携銀行からセブン銀行に利用件数ごとの手数料が入る。

都心部でも地方でもコンビニのセブンイレブンはどこにでもあるので、365日24時間にわたって無料でお金を出し入れできるセブン銀行は非常に便利だと思う。今ある銀行の中でもっともATMの使い勝手がよく手数料がかからないのが『セブン銀行』と『新生銀行』だが、新生銀行はサブプライムローンに関連した投資事業に失敗して、かなりの赤字を出しているのが気にかかるところではある。セブン銀行は自前の店舗をほとんど持っていないので、銀行店舗への設備投資が非常に少なくて済むというメリットがあり、普段気軽に買い物をしているセブンイレブンやイトーヨーカ堂で、ATMをいつでも無料で使えるというのがやはり人気の秘密だろう。

続きを読む

テーマ : 時事ニュース
ジャンル : ニュース

2008.12.0614:52

紅白初出場の青山テルマがNHK連ドラの主題歌を歌う!加護亜依のメニエール病はただの“過労”だった?!

紅白初出場の青山テルマがNHK連ドラの主題歌を歌う!

青山テルマfeat.SoulJaのユニットで『そばにいるね』を大ヒットさせた青山テルマ(21)ですが、年末大晦日にはNHK紅白歌合戦への初出場が決まっており、来年の初めの仕事もNHK関連の仕事になるようです。来年1月8日にスタートすることが決まっているNHKドラマ『Q.E.D.証明終了』(木曜・後8時)の主題歌を青山テルマが歌うということなのですが、この主題歌『このまま ずっと』のCD自体は来年3月に発売されるということです。

青山テルマが主題歌を歌う『Q.E.D.証明終了』は講談社の『マガジン GREAT』に連載中の同名人気コミックが原作になっているということですが、このコミックも大人気で31巻で累計300万部も売れています。ミステリー小説のように論理的に難事件を解決していくストーリーで、『ミステリーコミックの最高峰』と評価されているということですが、青山テルマの主題歌のほうもまた大きな人気を得ることになるのでしょうか。最近は、漫画が原作となってテレビドラマや映画が制作されるケースが増えていますが、漫画にも多種多様なジャンルがあってストーリーやキャラクターが丁寧に作りこまれているので、ドラマ・映画の『実写版』にしてみるとまた違った面白さが生まれてきますね。

続きを読む

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

2008.12.0613:58

ルイ・ヴィトンのクリスマス向け企画に成宮寛貴が選ばれる。広告にはマドンナを起用!小室哲哉と妻・KEIKOが都内の神社参拝!

ルイ・ヴィトンのクリスマス向け企画に成宮寛貴が選ばれる。広告にはマドンナを起用!

日本で最も人気のあるブランドがフランスの『ルイ・ヴィトン』であり、ヴィトンのバッグや財布というのは20代~30代女性の定番アイテムの一つになっている観さえあります。最近は、ヴィトンよりも価格帯が少し安くて季節ごとの新作を次々に投入してくる『コーチ(COACH)』が若い女性(OL層)からの支持を集めているようですが、それでも日本のブランド品市場ではルイ・ヴィトンの存在感は際立ったものがあります。

そのヴィトンがクリスマス企画として立ち上げた『MY LOUIS VUITTON STORY』の著名人代表に、俳優の成宮寛貴が選ばれたということで、成宮さん自身もヴィトンの製品を普段から愛用して好きなブランドの一つということです。成宮寛貴以外にも、プロデューサーのおちまさと、モデルの田波涼子、サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋などが選ばれており、基本的にはルイ・ヴィトンの製品を日常的に愛用していてヴィトンのブランドイメージに合った著名人が選抜されているみたいですね。ヴィトンといえば、新作バッグ類のイメージキャラクターとしてアメリカの歌手マドンナ(50)を起用したというニュースもありましたが、50歳になるマドンナが未だに網タイツなどセクシーなファッションが似合っていることにも驚かされました。

ブランド品というと、実用的でないのに高いというイメージがあるかもしれませんが、ヴィトンやグッチ、コーチなどの革製品などは縫製・品質がしっかりしているので、流行の最先端を追いかけないのであればコストパフォーマンスが悪いわけでもないと思います。特に、毎年の新製品を気にしない男性であれば、財布とかキーケースなどはある程度のお金を出してブランドものを買っても、5年くらい使えば十分に元は取れる気がしますね。個人的にはヴィトンの製品は使い込むほどに風合いが良くなってくるので、長く同じ高級感のあるモノを使いたい人に合っているブランドではないかなと感じます。まぁ、白のモノグラムとか汚れが目立ちやすい商品や流行に左右されやすい新奇なデザインのものもあるので一概にはいえないと思いますが。

続きを読む

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。