FC2ブログ
2009.01.0315:01

日本IBMやSONYに続き、富士ゼロックスやパナソニック電工でも正社員のリストラか?!

日本IBMやSONYに続き、富士ゼロックスやパナソニック電工でも正社員のリストラか?!

大晦日から新年にかけてのニュースは、景気悪化と企業業績の下方修正による『派遣社員・契約社員の切り捨て(非正規雇用者の雇用崩壊)』のニュースが多かったのですが、コスト削減のためのリストラクチャリング(人員整理)の波は大企業の正社員にも襲い掛かってきそうです。2008年末には、液晶テレビ(大型ディスプレイ)やブルーレイの需要減少の予測によって、SONYが大規模な派遣社員と正社員のリストラ計画(世界で8,000人の正社員を削減)を発表して世間を驚かせました。B2B分野におけるIT大手の日本IBMも1,000人単位で早期退職者を募集しており、正規雇用の人件費負担を削減することで現在の世界的な不況(消費減速)の波を乗り切ろうとしています。

少し前までは、『契約期間』が定まっている契約社員や派遣社員が期間満了と共に解雇されるのは『自己責任』という風潮もありましが、大企業の正社員にまで『リストラ(人員整理)』による経営再建がのしかかってくるとなると、『定年まで働けることが保障された雇用(終身雇用の伝統)』は本格的に崩壊してきたということになります。ソニー(SONY)や日本IBMだけではなく、富士ゼロックス、日興コーディアル証券、パナソニック電工(旧・松下電工)といった日本を代表する大手企業が続々と『正社員削減策』を発表してきています。こういったリストラ案を見ていると、今回の世界同時不況による株安・業績悪化の影響が如何に大きかったかが実感として分かりますし、『100年に1度の不況(信用市場の崩壊)』の危機をどうやって乗り越えていくのかを真剣に考えなければいけないと思います。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 労働問題
ジャンル : 政治・経済

2009.01.0314:30

携帯・ゲーム機・デジカメなど何でも充電できる『充電器(充電パッド)』が2010年頃に商品化か?!

携帯・ゲーム機・デジカメなど何でも充電できる『充電器(充電パッド)』が2010年頃に商品化か?!

毎日の生活の中で『充電しなければならない電化製品』はかなり多くなってきていますが、今は製品やメーカーによって『充電器のかたち・大きさ』が異なるので、製品の数だけ充電器が必要という状況になっています。毎日充電する電気機器の代表的なものは、携帯電話(ケータイ)など情報端末ですが、ケータイ以外にもデジカメや携帯型ゲーム機、シェーバー、電話の子機など定期的な充電が必要な電化製品は数多くあります。ケータイは他の機種とも『充電のコネクタ』が共通で使えるようになっていますが、『すべての電化製品の充電』が一つの充電器にできるようになったら良いのにという需要が以前からあります。

そういった要望を反映して、携帯電話やゲーム機、デジタルカメラといった製品を『平らな台』の上に置くだけで、機器の種類やメーカーが違っていても充電できる共通仕様の『充電パッド』の開発が進んでいるようです。オランダ電機大手のフィリップスや充電池最大手の三洋電機、オリンパスなど欧米とアジアの約10社が集まって、2008年末から標準規格の検討を始めていますが、更に国内外のメーカーに幅広く参加を呼び掛けて『充電パッドの標準化』の動きを強めるようです。

続きを読む

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

2009.01.0312:50

西村博之氏が『2ちゃんねる』の管理運営権を企業に譲渡する!2ちゃんねるの言論空間・管理方法に何らかの変化が起こるのか?

西村博之氏が『2ちゃんねる』の管理運営権を企業に譲渡する!2ちゃんねるの言論空間・管理方法に何らかの変化が起こるのか?

多種多様なコメントが書き込まれる日本最大の匿名掲示板として知られる『2ちゃんねる』ですが、2ちゃんねるの管理権・所有権が個人である西村博之氏からシンガポールにある法人に移されたようです。西村博之は『ひろゆき』というHNで知られる2ちゃんねるの管理人でしたが、西村氏本人のブログでも『2ちゃんねるの譲渡』について発表されています。西村博之氏は、2ちゃんねるにおける『匿名性』や『表現の自由(言論の自由)』を現行の法律に違反しない限り極力守るという立場で2ちゃんねるを運営していましたが、管理者がひろゆきから企業に変わることで『2ちゃんねるの雰囲気・表現の自由度』にも何らかの変化が起こってくるのでしょうか?

2ちゃんねるの『使い方&注意』のQ&Aの項目にも変化が現れており、『2ちゃんねるって誰がやってるの?』という質問に対して『2ch.net is managed and operated by PACKET MONSTER INC.(2ちゃんねるはPACKET MONSTER社によって管理、運営されています)』という表記になっています。ドメイン情報を管理しているWHOISで確認してみると、2ちゃんねるの登録者は『PACKET MONSTER』という企業になっているので、既に西村博之の管理権がパケットモンスターという会社に譲渡されているものと見られます。

パケットモンスターの住所はシンガポールのTELOK AYER STREET、連絡先は代表のRAGINI DHANVANTRAY氏となっていますが、この2ちゃんねるの譲渡が『日本国内のネット規制強化の傾向(個人としての管理人であるひろゆきへの責任追及)』に対するリスクヘッジではないかとの見かたもあるようです。ひろゆきのブログでは『そんなわけで、去年は何度も海外出張して2ch譲渡の打ち合わせをしてたりもしてたんですが、ようやく譲渡完了しましたよ。。と。』とあるので、譲渡したことは事実と考えられますが、その理由・真意については分からない部分も多いですね。

続きを読む

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

2009.01.0312:01

紅白歌合戦の視聴率が3年ぶりに40%を超える!格闘技のDynamiteも15.4%で善戦!

紅白歌合戦の視聴率が3年ぶりに40%を超える!格闘技のDynamiteも15.4%で善戦!

あっという間に大晦日から元日へと日にちが移り変わって、丑年の2009年が始まりました。大晦日の定番番組である『NHK紅白歌合戦』ですが、今年は低下傾向にあった視聴率がやや回復して平均視聴率が目標の40%を越えたということです。ビデオリサーチの調査では、平均視聴率が第1部35.7%、第2部42.1%(関東地区)だったみたいですが、地域によってもばらつきがあり、第2部の最高は新潟地区の47.5%、最低は札幌地区の31.3%となっています。最近の大晦日のテレビ番組の傾向は、紅白歌合戦か格闘技かお笑いかといった感じになっていますが、今年の紅白の視聴率上昇には『不景気ゆえの巣ごもり現象(旅行する人が減って自宅で過ごす傾向)』が影響したとの見かたもあります。

紅白歌合戦は自分の見たいアーティストだけをちょこちょこと見ていましたが、『年配の方が好きそうなアーティスト』と『若い人が好きそうなアーティスト』が混在しているので、全時間帯で一貫して見続ける視聴者というのは少ないでしょうね。今年の紅白で人気があったとされるのは、フジテレビのバラエティーが生んだおバカユニットの『羞恥心withPabo』や宮崎駿監督のアニメ映画『崖の上のポニョ』の主題歌を歌う藤岡藤巻と大橋のぞみなどですが、絢香やミスチル、ジェロなど歌で勝負しているアーティストたちの歌がやはり良かったと感じました。久しぶりに復活したSPEEDの「WhiteLove」も郷愁を感じさせられる感じで聴き応えがありました。

続きを読む

テーマ : NHK紅白歌合戦
ジャンル : テレビ・ラジオ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク