--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.1923:37

国土交通省のETCの助成規模は「100万台」に!新生銀行が株式保有比率96.8%で『シンキ』へのTOBを終了!

国土交通省のETCの助成規模は「100万台」に!

政府が実施する追加景気対策である『高速道路料金の値下げ』の恩恵を受けるためには、ETC(ノンストップ自動料金収受システム)機器の購入・取り付けが必要になりますが、国土交通省が『ETC普及のための助成』を実施しています。ETCを取り付けている車は、高速道路の料金を『ゲートを通過するだけ』で払えるのでなかなか便利なシステムなのですが、『ETC設置のコスト』がかかっていたので今までそれほど普及していませんでした。ETCや高速道路料金の売上増加など『追加景気対策の効果』にも期待が集まりますが、この助成によってETCが普及すれば高速道路の渋滞を緩和できるというメリットもあります。

金子一義国土交通相は、3月末までの予定だった高速道路の自動料金収受システムであるETCの購入助成制度について、『売り切れ店続出で買えない国民が多い』ことから4月以降も継続する方針を明らかにしています。今からでもまだまだ助成金を利用してETCを購入することができますので、ETCを取り付けたいと思っている人はカー洋品店に行ってみてはどうでしょうか?制度では、四輪車は1台当たり5250円、二輪車には1台1万5750円が助成されるのでかなりお安くETCを買うことができますが、実際の高速道路の値下げは『東京湾アクアライン』と『本州四国連絡高速道路』で20日から先行実施されます。土日・祝日の普通車料金を『上限1000円』に値下げするという地方高速道路の値下げは3月28日からスタートとなっています。

ETCへの助成金額は計100万台分で四輪車用95万台、二輪車用5万台の『計約60億円』の規模になります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2009.03.1923:03

ローマ法王ベネディクト16世が、アフリカ歴訪の機上でコンドーム使用(避妊)を否定する発言!

ローマ法王ベネディクト16世が、アフリカ歴訪の機上でコンドーム使用(避妊)を否定する発言!

ローマ・カトリックのキリスト教の教義では、人間は神が創造された『被造物』であるとする立場から、胎児の生命を意図的に奪う『人工妊娠中絶』に強く反対しています。その為、キリスト教信徒の多いアメリカの政治では、『人工妊娠中絶の是非』が大きな政治的論議を巻き起こすこともありますが、現在の民主党のオバマ大統領は人工妊娠中絶を『女性の権利(妊娠出産の自己決定権)』として認める立場を取っています。どちらかというと、保守主義に偏っている共和党のほうがキリスト教右派との結びつきが強く、中絶に対しても否定的なスタンスを取っています。また、キリスト教教義は性道徳の観点から『避妊(コンドーム・ピル)』に対しても批判的であり、妊娠するつもりがないのであれば性行為はすべきではないという禁欲的な考え方をする部分があります。

キリスト教の性道徳では『性は汚らわしいもの・道徳的な堕落を意味するもの』という風に考える傾向がありますから、バチカンの聖職者だけでなく敬虔なキリシタンも『不特定多数との性行為』や『快楽を得るための性行為(生殖を目的としない性行為・家族と無関係な性)』には相当に否定的です。道徳的・教義的に保守的なことでも有名なローマ法王ベネディクト16世がアフリカ歴訪の途上で、エイズウイルス(HIV)感染の予防につながる『コンドーム使用』に反対の立場を明確にしたというニュースがありましたが、ベネディクト16世はコンドームを使うような快楽目的の性行為は道徳的に間違っているというキリスト教の伝統的な価値観(倫理観)を持っているといえます。

性が自由化されている先進国の人達から見ると、『避妊しないセックス』のほうが感染症のリスクが高く『望まない妊娠』をする危険があると考えがちですが、キリスト教の性道徳では妊娠を望まないのであればセックスをすべきではないというように考えることになるわけです。こういった性問題の道徳的嫌悪感というのは、敬虔な聖職者やキリシタン以外にはなかなか共感されにくいものですが、『人口増加・食料不足・エイズ感染(性病拡大)』が問題になっているアフリカでコンドーム否定の発言をしたのはさすがにまずい部分があると思います。

続きを読む

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

2009.03.1921:50

100種類以上のアドインに対応した「IE8」の正式版が公開へ!

100種類以上のアドインに対応した「IE8」の正式版が公開へ!

Microsoft(マイクロソフト)は「Windows Vista」に続く次期OS「Windows 7」の開発も進めていますが、それよりも先に最新ブラウザの<>「IE8(Internet Explorer8)」が公開されましたね。2009年1月27日に製品候補版(RC)が提供されてから、2カ月弱で正式版のIE8がリリースされる運びとなり、アメリカでは既にダウンロードが始まっています。日本でも明日20日の午前中頃には、IE8を専用サイトで無料ダウンロードできるようになるみたいです。

MicrosoftのIE(Internet Explorer)はパソコンを買うときに「デフォルト(初期設定)のブラウザ」になっていることから、圧倒的なシェアを維持していますがIE7から「タブブラウザ」へと進化したのでかなりユーザビリティが向上しています。現在ではIE以外にも、アドオンで自由に機能を追加できる「Firefox3」や「Google Chrome2.0」などのブラウザがあり、IE以外のブラウザのシェアも伸びてきていますが、今度のIE8は「アドイン」という機能追加の仕組みが付け加えられるようです。AppleユーザーでMacBookを使っている人であれば、ブラウザは「Safari」を利用することが多いと思いますが、「Safari」はタブブラウザの表示スピードとグラフィック表示の機能が優れている印象があります。

続きを読む

テーマ : ブラウザ
ジャンル : コンピュータ

2009.03.1921:15

藤原紀香と陣内智則が結婚生活2年で離婚へ!コナミのiPhone/iPod touch版「METAL GEAR SOLID Touch(メタルギアソリッド タッチ)」が完成!

藤原紀香と陣内智則が結婚生活2年で離婚へ!

大物女優とお笑い芸人の「格差婚」として話題になった藤原紀香(37)陣内智則(35)の夫妻でしたが、既に別居状態になっていて離婚する予定になっていることが伝えられています。総額5億円とも言われる「派手婚」の結婚式でメディアを賑わわせましたが、事務所の発表では近日中に離婚届を役所に提出するということです。結婚当初のうちは、二人で食事やゴルフに出かけたりと円満な夫婦生活がアピールされていましたが、結婚生活が続くうちに二人の関係に溝が開いてすれ違いが多くなっていたということです。

離婚の原因は真偽は定かではありませんが、陣内智則のDVや女性問題などが報じられていて、現段階では「陣内氏の女性問題」が藤原紀香が離婚を決断する決め手になったとも言われています。2年近く続いた結婚生活が終わりを迎えることになりそうですが、陣内智則のほうはまだ明確に離婚するとは断言しておらず、「何かあった時のために、離婚届にはサインした」と話しています。「お互いがいい方向にいくように、(紀香と)距離を置いている」という発言で、別居中の状態は認めていますが、藤原紀香側の事務所の発表などからも離婚する可能性は高いといえそうです。二人の恋愛感情が盛り上がっている時と冷めてしまった時の落差を感じさせられますが、結婚生活に必要な「安定感・信頼性」を維持していくというのは難しいものですね。

続きを読む

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。