--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.2207:29

タレントの清水由貴子さんが父の眠る冨士霊園で自殺!母親の介護疲れや心労の蓄積か……。

タレントの清水由貴子さんが父の眠る冨士霊園で自殺!

タレントや芸能人の自殺というと、ファンにとっては大変ショックな出来事だと思いますし、知名度が高ければ高いほど社会全体に与える負の影響というのも大きくなってしまいますね。元・欽ちゃんファミリーの一員で、歌手や女優としても活躍の場を広げていた清水由貴子さん(49)が、父親の眠る静岡県の冨士霊園で硫化水素を用いて自殺したというニュースが流れました。

清水由貴子さんは、1976年2月18日のテレビ番組「スター誕生!」で、ピンクレディーを上回る高い評価を得て、大会最優秀賞を受賞して芸能界デビューを果たして、その後も萩本欽一さんの番組などで人気のマルチな才能を持つタレントでした。デビューの翌年1977年3月1日には「お元気ですか」という楽曲で歌手デビューもしており、「銀座の雨の物語」というデュエット曲でもヒットを飛ばしています。

芸能界で同期に当たる高田みづえさんや榊原郁恵さんと一緒に『フレッシュ三人娘』と呼ばれて、アイドル歌手としても幅広い人気を得ていたのですが、テレビに出演している時は非常に明るく気さくなキャラクターとして認知されており、そこには心理的な絶望や自殺のイメージなどは全く見えてこなかったのですが……。冨士霊園の現場には、車椅子に乗った母親も意識不明の重態で倒れており、母娘で無理心中を決行した可能性も指摘されています。

続きを読む

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

2009.04.1402:07

小池徹平が、新作映画でブラック会社に勤める「元ニート社員」を演じる!浜崎あゆみがさいたまスーパーアリーナで全国ツアーをスタートさせる!

小池徹平が、新作映画でブラック会社に勤める「元ニート社員」を演じる!

お笑いコンビ麒麟・田村裕の同名ベストセラーを映画化した『ホームレス中学生』では、ホームレスになった中学生の役を熱演した小池徹平ですが、最近は映画への出演機会が大幅に増えてきていますね。小池徹平は『ラブ☆コン』や『KIDS』といった映画でも、女性に人気のある童顔を生かしてカジュアルで愛嬌のある青年の役をしていましたが、今度の新作『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』では、ニートからブラック企業(劣悪な労働環境・違法な処遇を強いる企業)に就職した会社員の役を演じるということです。

「キサラギ」の佐藤祐市が監督を務める『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の元ネタは、インターネットの匿名掲示板“2ちゃんねる(2ch)”に書き込まれた元ニートのエピソードということで、『(ネットに書かれていることを信じる限りにおいて)実話』といった感じのストーリーに仕上がっているみたいです。『ブラック会社(ブラック企業)』というのは普段の生活ではあまり聴くことのないキーワードですが、ネットでは割合よく使われている言葉で『過酷な長時間労働(罵声や暴力)・違法な営業活動・大幅な給与のピンはねなど、労働基準法に違反している可能性が高い労働条件を強いてくる会社』といった意味で、精神的・金銭的負担が大きい『ブラック会社』にまともな精神状態で長く勤め続けられる人はほとんどいないと言われます。

小池徹平が主演する『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は、労働意欲を失っていた一人のニートの青年が厳しい現実社会に飛び出して働き始めるといった粗筋になっています。“ブラック会社”に就職してしまったために、精神的・経済的に追い詰められていく元ニートの青年を小池徹平が俳優としてどのくらいリアルに演じるのかが一つの見所になりますが、『厳しい環境から抜け出そうと必死に頑張る青年の姿』というのがテーマになってくるのでしょうね。

続きを読む

テーマ : 小池徹平
ジャンル : アイドル・芸能

2009.04.1401:26

『世界的な株安・投資意欲の低下』で投資信託の純資産総額が“18兆円”も落ち込む!伊藤忠商事が住宅用太陽光発電の日・米の大手2社を買収する!

『世界的な株安・投資意欲の低下』で投資信託の純資産総額が“18兆円”も落ち込む!

2~3年前までは、『貯蓄から投資へ』のスローガンの下に、預貯金や国債などの『安全資産』が株式や投資信託(投信)などの『リスク資産』へ置き換えられていて、投資信託の総資産も増大していました。しかし、サブプライムローン問題やリーマン・ショックによる『金融危機』が発生して、世界同時不況の中で急速に『株安・円高』が進み、日本の投資信託の評価額(基準価額)は大きく落ち込んでしまいました。その結果、『リスク資産(株・投信)への投資』に慎重な個人投資家や投資機関(ファンド)が増えて、投資市場はかなりの冷え込みを見せており、株価も投信の評価価額も安値が続いている状態です。

投資信託協会が13日に発表した『08年度末の投信概況』では、国内投信の純資産総額は前年度末より18兆3076億円(26.2%)も少ない51兆4786億円になっており、過去2年連続で投信の資産は減少を続けています。先進国も新興国も含めた『世界同時株安』の状況でファンド(投資信託)の運用成績が急激に悪化したことで投信の資産総額が目減りしたということもありますが、『株価・投信はしばらく落ち込みを続けるだろう』という投資マインドの低下によって新たなマネーが投資市場に流れ込まなくなった悪影響も大きいですね。

年度別の記録が残っている1985年度以降では、投信の資産総額は最大の落ち込みを見せていますが、最近は円安にやや触れていて世界の株式市場も反発していることから、やや株価と投信は持ち直してきています。世界不況の大底が見えてこないので、なかなか投資マネーが増えてきていませんが、今年3月末の純資産総額は前月末より1兆3388億円増となっており、ここ2ヶ月は株価・投信ともに回復基調を見せています。まだまだ景気回復の始まりは見えませんが、株式市場も投資信託も今は『実際よりもかなり低い評価』になっている状態だと思いますので、余裕資金がある方は投資時期の判断をすべき時期に入ってきているのかもしれません。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2009.04.1002:53

『雇用対策・育児支援・エコカー購入促進』など政府が15兆円規模の追加経済対策を実施する予定!財政赤字は過去最大のレベルになるが景気・雇用の回復効果はあるだろうか?

『雇用対策・育児支援・エコカー購入促進』など政府が15兆円規模の追加経済対策を実施予定!

オイルショックの石油危機の不況を上回り、1929年の「世界恐慌(大恐慌)」に匹敵する景気後退となっている現在の「世界同時不況」ですが、政府与党は「100年に1度の不況」といわれるこの難局を乗り切るために、2009年度補正予算案の財政支出を過去最大の『約15兆円規模』に定めるようです。2010年度までに『雇用・景気の回復(景気の大底からの脱出)』を目指すための補正予算ですが、政府は現在の景気後退局面の大不況を抜け出すために『国民の総力を挙げた協力と挑戦が不可欠』として、消費拡大や生活防衛のために最大限の財政出動を行う構えです。

過去最大規模の15.4兆円(事業規模56.8兆円)もの補正予算を組むと、財政再建の道のりはやや遠のきますが、現在の急激な『雇用・経済情勢の悪化(失業者の増大・再就職の困難・中小企業の倒産増加)』を考えると、多少の財政赤字の増大を覚悟して『有効な経済政策・雇用対策』を実行する必要性は高いと思います。

この大きな財政負担を伴う新経済対策によって、どこまで落ち込んだ景気と信用(金融機能)を建て直すことができるか、どれだけ『安定した雇用』につながる労働需要を増やせるかは未知数ですが、とりあえず政府が本気で経済・雇用の問題に取り組んでいるという姿勢を明確にする効果はあり、一定レベルで国内消費は伸びてくることに期待するしかないですね……。経済活動を活性化させるためには、政府が市場に介入すべきではないという新古典派(市場主義)の価値観もありますが、現在の不況の厳しい状況で政府が何も特別な対策をしないというオプションは、国民の反発が強まるので基本的には取ることができません。

続きを読む

テーマ : 追加経済対策~何でそうなるの~
ジャンル : 政治・経済

2009.04.1001:54

デビュー20周年のミスチル(Mr.Children)、「週刊現代」が「解散説」を報じるが事実は不明?!

デビュー20周年のミスチル(Mr.Children)、「週刊現代」が「解散説」を報じるが事実は不明?!

サザンオールスターズやチャゲ&アスカといった大物アーティストが相次いで活動休止をしている中、今年でデビュー20周年を迎えるミスチル(Mr.Children)も「解散・活動休止」するのではないかという疑惑を4月6日発売の週刊現代が伝えています。ミスチルは現在の日本の音楽界を代表するトップアーティストとして、性別を問わず幅広い世代に高い人気があります。仮に、ミスチルが解散もしくは活動休止をするとなると、ファンがショックを受けるだけではなくて、CDセールスや音楽配信の売上などにも相当に大きな影響が出てくると思いますが、現在のところ、所属事務所の烏龍舎はそんな事実はないと強く否定しています。

週刊現代の記事の内容では、ボーカルの桜井和寿(39)が、所属事務所の烏龍舎とエイベックスが共同で設立する新事業体「ORS」に移籍して新バンドを結成することが決まっているとしています。「メンバーの不仲」が解散の原因ではなく、「事務所の都合」による桜井和寿の脱退と新バンド結成によって、ミスチルが結果として解散することになると伝えているわけですが、桜井和寿がミスチルを抜けて新しいバンドを作るとなると、メディアではかなり大きな話題になってくるでしょうね。今現在は、事務所の「解散否定のコメント」も含めてそういった動きは全く見えてきていませんが、ミスチルのプロデューサーである小林武史(49)が社長を務める烏龍舎とエイベックスとの関係・交渉内容などは明らかにされていません。

続きを読む

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

2009.04.1000:57

mixiが“合言葉”で友人を検索できる「myキーワード」機能を追加!任天堂が海外発売されたニンテンドーDSiの普及目標を「1人1台」に設定する!

mixiが“合言葉”で友人を検索できる「myキーワード」機能を追加!

SNS最大手のmixiが、15~18歳の高校生向けの新サービスとして「myキーワード」という機能を追加しました。今まで、15~18歳の高校生のmixiユーザーは安全性確保のために「コミュニティ」や「検索」の機能を利用することができず、「自分の友達・知人」を探すことが難しい状態でした。しかし、この新しい「myキーワード」の機能を使うことで、セキュリティを守りながら自分の友人知人を「友人知人が事前に設定したキーワード」で検索することが可能になります。

自分の「myキーワード」を設定すると、そのキーワードで検索した時には必ず自分のmixiページが表示されるようになるので、間違いなく自分を見つけてもらうことができるわけです。今まで、18歳未満のユーザーは「検索結果」に引っかからない仕様になっていたので、名前やニックネームを検索しても友人・知人を探すことができなくなっていました。そこで、mixi側が「myキーワード」という新機能で、18歳未満の高校生のユーザーが友人知人を検索できるようにしたということですね。

ユーザーは「教えた人だけが分かる合言葉」である「myキーワード」を設定するので、myキーワードを教えていない「知らない人・見つけられたくない知人」からは検索される心配がなく安全ということになります。名前やニックネームによる検索の場合は、「知らない人」や「ネット上では付き合いたくない知人」からも検索される恐れがあるので、「myキーワード」を設定して「キーワードを教えた知人」だけが検索できるという状態のほうが、「付き合いたい友人知人だけとつながれる」という意味でセキュリティが高いということになってきます。

続きを読む

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。