--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.3016:40

草なぎ剛の出演部分カットで「SMAP×SMAP」の視聴率が13.7%にダウン!映画版『ROOKIES-卒業-』の前売り券の売上が『花より男子』を超える!

草なぎ剛の出演部分カットで「SMAP×SMAP」の視聴率が13.7%にダウン

SMAPがメインを務める人気バラエティ番組『SMAP×SMAP』の視聴率は平均して16%程度あるそうなのですが、公然わいせつ容疑で逮捕・釈放(不起訴)された草なぎ剛さん(34)の出演部分がカットされた影響もあり、27日のスマスマは13.7%まで視聴率が低下したということです。草なぎ剛が出演しなかったことだけが視聴率低下の原因ではなく、『いつもとは違う番組構成にせざるを得なかったこと』の影響が大きかったとは思います。27日のSMAP×SMAPは、過去の傑作集とメンバーのトーク場面を中心にして放送していたのですが、草なぎさんの騒動がやたらと大きく報道されただけに、今後のスマスマをどのような内容で放送していくのかという判断も難しくなりそうです。

SMAPというとどうしても、木村拓哉・中居正広・稲垣吾郎・香取慎吾・草なぎ剛の5人メンバーというイメージが強烈にあるので、草なぎ剛が全く出演せずに番組づくりをして、何の説明もなく今まで通りにスマスマを放送するというのにも無理を感じます。しかし、ファンが許すかどうかという問題はともかく(ファンでなくても本気で怒っていたのは、地デジ推進に意気込んでた鳩山邦夫・総務相くらいのものでしたが……)、あれだけマスメディアが集中的な事件報道をしてしまうと、1ヶ月程度の短期間での復帰というのは考えにくいですね。

復帰するまでの期間のスマスマを何とか面白い内容で再編成していければ良いとは思いますが、他のSMAPのメンバーもこの草なぎさんの問題には迂闊に言及しにくいだろうし、何となく番組を作りにくいという心理的負担はあるでしょうね。あの事件をきっかけにして、草なぎ剛のテレビ番組・CM・映画などがすべて自粛ムードになったのは行き過ぎなような気がしますが、改めてマスメディアの報道の影響力の強さ(報道の使命と報道被害という二つの側面がありますが)というものを考えさせられました。

草なぎ剛の問題による直接的な他人の被害や社会的不利益はなかったと思いますので、早期に復帰できれば良いなとは思いますが、この問題は『犯罪』というよりは『アルコールの嗜癖(お酒の飲み方)』として草なぎさんが教訓にすべき問題になったのではないかと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 芸能ネタ
ジャンル : アイドル・芸能

2009.04.3016:07

KAT-TUNの亀梨和也が映画「ごくせん THE MOVIE」に出演決定!庄司智春とスザンヌがウエディング・ソング「出会えてよかった」を発売!

KAT-TUNの亀梨和也が映画「ごくせん THE MOVIE」に出演決定!

女優・仲間由紀恵(29)が主演する人気学園ドラマの『ごくせん』が佐藤東弥監督で映画化されることが決まり、夏の7月11日から公開されます。映画版の『ごくせん THE MOVIE』には、第2シリーズで黒銀学院高の不良のリーダー格・小田切竜の役をしていたKAT-TUNの亀梨和也(23)が再び出演することが決まっています。前回は不良生徒の役をしていた亀梨和也ですが、今回の映画ではあれから何年間かの時が流れて、教育実習をする先生になって小田切竜(亀梨和也)が戻ってくるという設定です。

ヤンクミこと山口久美子先生の役を演じる仲間由紀恵と協力して生徒の問題を解決していく「先生同士のチームワーク」も見られるということなので、今まで『ごくせん』のドラマを見てきた人もそうでない人も楽しめるストーリーになりそうですね。教育実習生の役を演じる亀梨和也は、ヤンクミが担任を持っている赤銅学院3年D組で教育実習をすることになるのですが、先生になった亀梨和也の『過去の生徒時代とのギャップ』というのも一つの見所になりそうです。

赤銅学院では、クラスのリーダー格・高杉怜太(玉森裕太)が1人で暴走族の元に乗り込んでいき喧嘩になったり、学院の卒業生である風間簾(三浦春馬)が麻薬取引の疑惑をかけられたりといった騒動が巻き起こってくるようですが、ヤンクミと小田切竜の先生コンビはクラスの問題にどう立ち向かっていくのでしょうか。

続きを読む

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

2009.04.2301:47

トヨタの「新型プリウス」が1,000ドル値下げして、米国で2.1万ドルに!ホンダのインサイトとトヨタのプリウスのエコカー市場を巡る価格競争!

トヨタの「新型プリウス」が1,000ドル値下げして、米国で2.1万ドルに!

ガソリンと電気(燃料電池)を動力源とする「ハイブリッドカー」が、環境保護に貢献するエコロジーカー(エコカー)として人気を集めています。トヨタのプリウスに代表されるエコカーは、元々、アメリカのセレブが集うハイソサエティでも注目されていて、『大型のアメリカ車・ドイツ製の高級車』よりも『日本製のエコカー(ハイブリッド)』のほうが環境に優しくて価値があるという新しい考え方が力を持ち始めていました。

しかし、エコカー普及のネックになっていたのが『ハイブリッドカーの価格』であり、セレブな富裕層からすれば300~400万円台の車は『激安の車』に過ぎませんでしたが、一般ユーザーにとってはまだまだ高すぎるというのが正直なところだったと思います。そして、トヨタではなくホンダが『インサイト』という200万円以下のハイブリッドカーを市場に投入して、『エコカーの価格破壊』を起こすことになったのです。このインサイトの登場によって、急速に市場でエコカーの売り上げが伸びることになり、一般庶民の中にもガソリン車ではなく未来志向で環境性能の高いハイブリッドカーを買いたいという人が一気に増えました。

世界的な自動車不況の中で唯一売り上げを伸ばしているのが、この環境性能に配慮したハイブリッドカー(エコカー)とインドのタタ社が販売している激安カーなのですが、先進国では性能・品質の劣るインドの激安カーの需要はほとんどないので、今後はエコカーが自動車市場を牽引していくことになると思います。エコカーの価格を庶民が買える価格帯まで引き下げれば「大きく売れること」は既に分かっていますので、これからは更に価格競争も激しくなり100万円台後半(160~190万円台)で買えるようなハイブリッドが増えてくると思います。もしかすると、100万円ちょっとで購入できるような軽自動車のハイブリッドも出てくるかもしれませんね。

続きを読む

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

2009.04.2301:13

日本経済の低迷で“キャリア官僚志望者(国家公務員1種試験の応募者)”が5年ぶりに増加!

日本経済の低迷で“キャリア官僚志望者(国家公務員1種試験の応募者)”が5年ぶりに増加!

明治時代以降の旧帝国大学(特に現東大の東京帝国大学)は国家の政治基盤・法制度を支える『官僚養成学校』として開設された経緯を持ちますが、かつて日本の学歴競争の頂点に位置づけられたのが、国家公務員1種試験の合格者である“東大法学部卒のキャリア官僚”でした。20年ほど前までは、東大の文系の成績上位者が就職先に選ぶのは『省庁のキャリア官僚・裁判官や検事など法曹関係・アカデミックポスト(大学教授)』『メガバンク・財閥系の総合商社・大手証券会社・シンクタンク・マスコミ』などであり、生涯の身分保障と一定以上の高所得が保障された組織でした。

しかし、国家経済の成長が鈍化して『官民格差』が開く中で、生涯保障型の既得権益(天下り)を非難する公務員バッシングや官僚悪玉論が大きくなり、公務員の人気が少し低迷していた時期がありました。東大卒の中でも、能力的にはかなり優秀な部類に位置づけられる国家公務員1種試験の合格者として、『現在の官僚の給与待遇・身分保障』が良いかどうかというのには色々な意見があります。

20代~30代で実力のある人材であれば、年収数千万円に到達することもある外資系金融機関や一部上場の高収益企業と比較すれば、キャリア官僚のほうが生涯所得はかなり低いという見方もありました。身分保障という面では外資などは全く安定感がなく、業績が悪ければいつクビになるか分からないという不安もあるので、官僚のほうが優れている部分も多々ありますが……。公務員の共済年金による老後保障というのはかなり手厚いので、今のところ、民間企業よりも社会保障面での待遇はかなり優れていると思います。

続きを読む

テーマ : 公務員を考える
ジャンル : 政治・経済

2009.04.2213:45

渡辺謙や三浦友和など豪華俳優陣を起用して『沈まぬ太陽』が映画化!

渡辺謙や三浦友和など豪華俳優陣を起用して『沈まぬ太陽』が映画化!

作家・山崎豊子(84)が御巣鷹山の日航機墜落事故を題材にとって書いた長編小説『沈まぬ太陽』が、遂に3時間近い大作として映画化されるようです。『激動の昭和』にあった各業界の社会問題をリアルな筆致で描いた山崎豊子さんは、大作家と呼ぶに相応しい重厚長大な読み応えのある名作を多く手がけていますが、『作品の題材となる社会的テーマを選び取るセンス』にはずば抜けたものを感じます。

ここ数年は、山崎豊子原作の映像作品が多く制作されていますね。中央集権的な大学病院(医局)の権力争いと医療裁判をテーマにしたテレビドラマの『白い巨塔(唐沢寿明・江口洋介主演)』、昭和の高度経済成長期に鉄鋼業界や金融業界で権勢を奮った名門一族の命運を描いたテレビドラマの『華麗なる一族(木村拓哉主演)』などが公開されましたが、どちらもかなりストーリーと人間関係が練りこまれていてかなり面白い作品であり、更に社会的テーマについて考えさせられるドラマでした。

小説(原作)の発表から何十年もの歳月が流れているのに、山崎豊子さんの作品は『時代の古さ・ストーリーの陳腐さ・問題意識の喪失』を感じさせない『現代にも通じる物語の骨格・本質』を持っているんですよね。現代で執筆されて発売されている小説やミステリーにも面白いものは沢山あるのですが、山崎豊子や松本清張のような本格的な社会派サスペンスの比率は減ってきたような印象があります。

続きを読む

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

2009.04.2208:07

島谷ひとみが総額1,000万円の擬似結婚式!ドリカムの中村正人の妻マーキーが妊娠、50歳で初の父親になる!

島谷ひとみが総額1,000万円の擬似結婚式!

歌手の島谷ひとみ(28)が、最新曲「SMILES」の企画で総額1,000万円の豪華な結婚式を行ったということです。このCDに付随している企画というのは、CD購入特典で『島谷ひとみと模擬結婚式を行う権利』が当たるというもので、何と約5000通もの応募が寄せられていたということです。抽選の結果、この島谷との結婚式で“新郎”になる権利を手に入れたのは、会社員の小林正樹さん(27)という男性でした。

東京・青山迎賓館で結婚式は行われたのですが、新郎の小林正樹さんは全国高校サッカー選手権茨城大会で4強に進出した経歴を持ち、外見もスポーツマン風のさっぱりとしたイケメンだったということです。年齢的にも島谷ひとみさんが28歳、小林さんが27歳ということで、なかなかお似合いのカップルに見えていましたが、私生活では島谷さんの結婚の予定はまだ無いようです。

青山迎賓館の結婚式では、島谷ひとみは世界的ブランドであるスワロフスキーのコラボドレス(500万円相当)を身にまとって、バージンロードを歩いたそうですが、式全体も結婚予定のカップルを30組も招いて、かなり華やかで温かな雰囲気の中、執り行われたようです。ゴスペルの歌声とともに指輪を交換して、新郎がベールを脱がせて、誓いのキスの代わりに熱い握手を交わしたということですが、こういった変則的な企画もファンにとっては一生の思い出になるのかもしれませんね。

続きを読む

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。