FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.1402:07

小池徹平が、新作映画でブラック会社に勤める「元ニート社員」を演じる!浜崎あゆみがさいたまスーパーアリーナで全国ツアーをスタートさせる!

小池徹平が、新作映画でブラック会社に勤める「元ニート社員」を演じる!

お笑いコンビ麒麟・田村裕の同名ベストセラーを映画化した『ホームレス中学生』では、ホームレスになった中学生の役を熱演した小池徹平ですが、最近は映画への出演機会が大幅に増えてきていますね。小池徹平は『ラブ☆コン』や『KIDS』といった映画でも、女性に人気のある童顔を生かしてカジュアルで愛嬌のある青年の役をしていましたが、今度の新作『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』では、ニートからブラック企業(劣悪な労働環境・違法な処遇を強いる企業)に就職した会社員の役を演じるということです。

「キサラギ」の佐藤祐市が監督を務める『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の元ネタは、インターネットの匿名掲示板“2ちゃんねる(2ch)”に書き込まれた元ニートのエピソードということで、『(ネットに書かれていることを信じる限りにおいて)実話』といった感じのストーリーに仕上がっているみたいです。『ブラック会社(ブラック企業)』というのは普段の生活ではあまり聴くことのないキーワードですが、ネットでは割合よく使われている言葉で『過酷な長時間労働(罵声や暴力)・違法な営業活動・大幅な給与のピンはねなど、労働基準法に違反している可能性が高い労働条件を強いてくる会社』といった意味で、精神的・金銭的負担が大きい『ブラック会社』にまともな精神状態で長く勤め続けられる人はほとんどいないと言われます。

小池徹平が主演する『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は、労働意欲を失っていた一人のニートの青年が厳しい現実社会に飛び出して働き始めるといった粗筋になっています。“ブラック会社”に就職してしまったために、精神的・経済的に追い詰められていく元ニートの青年を小池徹平が俳優としてどのくらいリアルに演じるのかが一つの見所になりますが、『厳しい環境から抜け出そうと必死に頑張る青年の姿』というのがテーマになってくるのでしょうね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 小池徹平
ジャンル : アイドル・芸能

2009.04.1401:26

『世界的な株安・投資意欲の低下』で投資信託の純資産総額が“18兆円”も落ち込む!伊藤忠商事が住宅用太陽光発電の日・米の大手2社を買収する!

『世界的な株安・投資意欲の低下』で投資信託の純資産総額が“18兆円”も落ち込む!

2~3年前までは、『貯蓄から投資へ』のスローガンの下に、預貯金や国債などの『安全資産』が株式や投資信託(投信)などの『リスク資産』へ置き換えられていて、投資信託の総資産も増大していました。しかし、サブプライムローン問題やリーマン・ショックによる『金融危機』が発生して、世界同時不況の中で急速に『株安・円高』が進み、日本の投資信託の評価額(基準価額)は大きく落ち込んでしまいました。その結果、『リスク資産(株・投信)への投資』に慎重な個人投資家や投資機関(ファンド)が増えて、投資市場はかなりの冷え込みを見せており、株価も投信の評価価額も安値が続いている状態です。

投資信託協会が13日に発表した『08年度末の投信概況』では、国内投信の純資産総額は前年度末より18兆3076億円(26.2%)も少ない51兆4786億円になっており、過去2年連続で投信の資産は減少を続けています。先進国も新興国も含めた『世界同時株安』の状況でファンド(投資信託)の運用成績が急激に悪化したことで投信の資産総額が目減りしたということもありますが、『株価・投信はしばらく落ち込みを続けるだろう』という投資マインドの低下によって新たなマネーが投資市場に流れ込まなくなった悪影響も大きいですね。

年度別の記録が残っている1985年度以降では、投信の資産総額は最大の落ち込みを見せていますが、最近は円安にやや触れていて世界の株式市場も反発していることから、やや株価と投信は持ち直してきています。世界不況の大底が見えてこないので、なかなか投資マネーが増えてきていませんが、今年3月末の純資産総額は前月末より1兆3388億円増となっており、ここ2ヶ月は株価・投信ともに回復基調を見せています。まだまだ景気回復の始まりは見えませんが、株式市場も投資信託も今は『実際よりもかなり低い評価』になっている状態だと思いますので、余裕資金がある方は投資時期の判断をすべき時期に入ってきているのかもしれません。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。