--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.0600:55

ブランド力の低下と不況の影響で、スターバックスの売上が減少に転じる!

ブランド力の低下と不況の影響で、スターバックスの売上が減少に転じる!

今まで好調に売上を伸ばしてきたコーヒーチェーンのスターバックスですが、世界同時不況の影響などを受けて、昨年末から売上が減少してきているようです。世界最強のコーヒーチェーンとして成長神話を作り上げていたスターバックスですが、日本よりも早くアメリカのスタバで売上が大幅に悪化しており、アメリカでは既存店舗の閉鎖や大規模なリストラも行われていました。スターバックスのコーヒーは確かに他のコーヒーよりも美味しく感じるのですが、スタバの弱点はやはりその価格の高さであり、既存の顧客が『スタバのプレミア価値・贅沢志向』を認めなくなれば、売上が落ちるのは半ば必然であったような気もします。

日本のスタバの2009年3月は、対前年同月比2.2%減、2月2.3%減、1月6.9%減、08年12月5.0%減となっているようですが、本家アメリカのスタバのほうは更に厳しい経営状況に直面しており、 08年10-12月期決算の純利益は6430万ドルで、前年同期の2億810万ドルから3分の1以下に落ち込んでいます。スタバのおしゃれな店舗とゆったりした空間で美味しいコーヒーを楽しむというライフスタイルに陰りが見えてきたとも言えますし、金融危機と不況の影響で1杯が300円程度するスタバのコーヒーを気軽に飲める客層が減ってきたとも分析できます。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2009.05.0600:52

携帯電話のMNP(番号持ち運び制度)で、“新しいメルアド”への自動転送が可能に!

携帯電話のMNP(番号持ち運び制度)で、“新しいメルアド”への自動転送が可能に!

日本のケータイキャリアには、NTTドコモ、au、ソフトバンク、イーモバイルなどがあり、MNP(携帯電話ポータビリティ制)を利用して、電話番号を他のキャリアにそのまま移すことができます。しかし、『@以下のドメイン』が各キャリアによって違うので、メールアドレスを他のキャリアに移すことができず、そのことがMNPが利用しづらい理由のひとつになっていました。まぁ、今使っているケータイのキャリアやプランに特別な不満・不都合がない限り、わざわざMNPを利用して他のキャリアに移りたいとは思わないので、仮に『電話番号・メールアドレス』をそのまま移せても劇的にMNPが増えるということは無いと思いますが……。

携帯電話4社は、MNPの使い勝手の悪さを改善する目的で、『古いアドレス宛てにきた携帯メール』を『新しいメールアドレス』に転送するサービスの導入を協議しているみたいです。早ければ今年中にもこのサービスが実現するかもしれないということですが、確かにMNPを利用すると『新しいメールアドレス』を友人知人・取引先・会社などに教えるのが面倒なので、このメール転送サービスがあれば少しはMNPの利用者が増えるかもしれません。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2009.05.0600:12

大学進学率は20%でいいという三浦展氏……基礎学力・職業能力・向上心につながらない「下流大学」の不要論!

大学進学率は20%でいいという三浦展氏……基礎学力・職業能力・向上心につながらない「下流大学」の不要論!

新書『下流社会』などの著作で知られる消費社会研究家の三浦展(みうら・あつし)さんが、『下流大学が日本を滅ぼす!』(ベスト新書)という本を出版しています。以下の記事によると、この著書によって三浦展さんが主張したいのは、『基礎学力・専門知識・職業能力・向上心・自立心』を養えない下流大学は不用・有害であり、こういった大学の運営資金には税金を投入すべきではないということのようです。

大学進学率は20%でいい  「下流大学」に税金投入価値なし (連載「大学崩壊」第3回/消費社会研究家の三浦展さんに聞く)

三浦 明らかに多すぎます。勉強しなくても大学に入れる状況なので、学力のない学生を量産しています。親の学費負担などで社会の活力を奪っている面もあります。一定の学力のある学生だけ入学させるようにして、それで大学が半分つぶれてもいいと私は思います。そうでないと、大学行政は、不要な高速道路を大量に造って国民の借金を増やしてきた、あの悪名高い道路行政と同じではないでしょうか。

――「大学の下流化」とは、偏差値の低い大学が増えたという意味ですか。

三浦 いいえ、いわゆる三流大学が増えたということではありません。成績がいいか悪いかではなく、基本的な学力すらない、そして向上心や学ぶ意欲そのものが低い学生を生み出している大学行政、教育行政全体をそう呼んでいます。今では東大ですらそういう傾向があります。

大学のレジャー施設化や遊興期間化というのは何十年も前から批判されていたことですが、「高額な大学の学費」と「巨額な大学経営の公的負担」を考慮すると、今後は職業能力や専門知識、思考能力を向上させられない大学機関の存在意義が薄れていく可能性が高くなるのではないでしょうか。子どもの数が減少する少子化によって、大学の入学志願者が全員入学できるという『大学全入時代』に入ってきていますが、その一方で親の経済的問題によって私立高校を中退せざるを得ない生徒も増大してきているといいます。

『親の経済・教養格差』が『子の教育格差』につながってくるという問題も多く指摘されていて、この格差の連続性によって職業の世襲や社会階層の固定といった新たな問題が生まれてきますが、『大学全入時代』では『大学教育の名に値しない教育カリキュラム(中高生時代の学習内容の繰り返しレベルの講義)』が増えていることが懸念されます。こういった大学を『下流大学』としてラベリングすることの倫理的問題はありますが、高い学費を支払って大学を卒業しても、将来の仕事や職業に役立つ専門知識・技能をまったく得られなければ意味がないという意見も分かります。

しかし、今までの大学教育の内容を振り返れば、東大・京大・慶応・早稲田・医大などに代表される一部の一流大学の専門課程を除外すれば、大半の大学は『大卒資格・学士の学位』を形式的にもらって就職を有利に進めるためだけに卒業していたという現実があります。実質的に大学教育・専門課程教育のレベルに達していない三流大学であっても、大学を卒業していれば高卒の人よりも高い給与を貰える確率が上がるということがあったので、今まではどんな大学であっても高い学費を支払う親がいたのでしょう。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。