--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.1204:45

江口洋介が大型バイクの転倒事故で、肋骨骨折などの怪我!CM出演の木下優樹菜、FUJIWARAの藤本敏史との交際は語らず!

江口洋介が大型バイクの転倒事故で、肋骨骨折などの怪我!

俳優の江口洋介さん(41)が、10日夜に、都内の路上で大型バイクを運転していて転倒する事故を起こしてしまったということです。新聞報道によると肋骨の骨折など全治2ヶ月に及ぶ重傷を負ったということで、事故後体調と今後のドラマ出演のほうが心配されています。ガソリンスタンドで給油後に都道に出ようとして、その時に右側から来た自転車を避けようとして転倒してしまったということで、それほどスピードは出ていなかったようにも思えますが、バイク事故はどうしても大怪我につながりやすい面がありますね。

バイクの免許は51cc以上400cc未満の『中型限定免許』と400cc以上の『大型免許』に分かれていますが、大型免許のエンジンはあのバイクの車体で、『軽自動車以上の馬力とトルク』』を持っていますので運転には気をつけて欲しいと思います。

江口洋介は、7月から始まるフジテレビ系ドラマ『救命病棟24時』(7月7日スタート)で主演することが決まっていて、松嶋菜々子との共演も話題になっていますが、骨折で全治二ヶ月ということになると出演が微妙になってきますね。フジテレビは「回復状況を見ながら検討する」とコメントしており、江口洋介さん自身も「申し訳ない」という謝罪のコメントを出していますが、早く回復していつもの魅力的な演技を見せてもらいたいですね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

2009.06.1202:01

マツダがエコ減税が適用される「新型アクセラ」を発売!シャープが家庭用のLED照明を7月に発売!

マツダがエコ減税が適用される「新型アクセラ」を発売!

マツダがコンパクト・スポーツをコンセプトにした『アクセラ』をフルモデルチェンジして発売しました。新型アクセラの排気量は1.5~2.3リットルに設定されていますが、外観のデザインはシャープな切れ味の鋭い印象が強くて、いかにもキビキビとスポーティに走りそうな雰囲気をまとっています。価格帯とクールなデザインを考えると、どちらかというと若い世代にフィットした車だと思うのですが、どの年代の人が乗ってもそれなりに満足感を得られる車に仕上がっているように感じます。

新型アクセラが最大のセールスポイントにしているのが、停車時に自動でエンジンが止まる『アイドリングストップ機能』であり、この機能によって燃料消費を最小限に抑え、排ガスの量もかなり抑えることができるということです。

信号待ちしているアイドリング時に、勝手にエンジンが切れてしまうのは嫌だという人もいるかもしれませんが、環境性能やガソリン節約を考えると良い機能だと思いますし、恐らくアイドリングストップ機能はオンとオフの切り替えができるのだと思います。ニュース記事では、アイドリングストップした後に、もう一回エンジンを掛けなおさなければならないのかまでは分からなかったのですが、アクセルを踏むだけでエンジンが掛かるとしたら相当なハイテクですね。

続きを読む

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

2009.06.1201:57

日経平均株価が一時、1万円台を回復!GDPの上方修正で実質GDPは年率14.2%減少に!

日経平均株価が一時、1万円台を回復!

世界同時不況と金融危機の影響で、日本の株式市場も安値の低迷を続けていましたが、ここ2週間ほどは日経平均も9,000円台後半に盛り返しており、そろそろ景気が底を打つのではないかという見方も出てきています。為替相場が『円安・ドル高』に振れてきたことで、日本の輸出産業に対する明るい材料も出てきており、最大の懸念であるアメリカ経済の悪化も、GMやクライスラーが連邦破産法11条を申請したことで『経営再建の大まかな道筋』が見えてきました。

まだまだ市場も雇用も企業業績も楽観できる状況では当然無いのですが、昨年10月8日以来約8カ月ぶりに『1万円の大台』を一時的に回復したというのは良い傾向であり、円安の基調が固まってくれば日本の大企業の業績も多少は良くなってくるのではないかと思います。各種産業の銘柄が広く売れているようですが、弱気になっていた個人投資家の買い注文が増えてきたことや、外国人投資家が外国市場に投資していたマネーを再び日本市場に流してきていることが『株価上昇の一要因』になっているみたいですね。

本格的な景気回復まではまだ遠いと思いますが、投資マインドが順調に回復して『円安』や『エコカーやエコ家電など新商品の開発』など日本企業への追い風が吹けば、本来の日本経済の実力を考えれば1万円台前半で推移してもおかしくないと思います。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。