--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.1512:29

ゴールドマン・サックスの営業利益が65%増の34億3500万ドルで過去最高に!

ゴールドマン・サックスの営業利益が65%増の34億3500万ドルで過去最高に!

昨年にリーマン・ブラザーズが経営破綻してから、投資銀行・証券会社の業績が急速に悪化して、金融危機が深刻化していました。しかし、ゴールドマン・サックスが四半期ベースで2期連続の大幅黒字を出して、アメリカの金融業界に少しだけ明るい材料が出てきています。ゴールドマン・サックス以外のシティバンク・グループやバンク・オブ・アメリカなどはまだ経営状況がかなり悪いままなので、アメリカの金融システムの再建にはほど遠い状態ですが、米国最大の証券会社であるゴールドマン・サックスが持ち直してきていますね。

ゴールドマン・サックスが14日に発表した2009年第2四半期(4~6月)の決算は、営業利益が34億3500万ドル(約3200億円)にものぼり、急速に業績回復の動きが見られます。前年の同四半期に比べると65%も営業利益が増加しており、ゴールドマン・サックスの復調ぶりを伺わせるわけですが、世界市場の投資熱が冷え込む中でこれだけ利益を上げているというのは驚かされます。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2009.07.0808:17

ソニーが6万円代の「VAIO タイプW」でネットブック市場に参入!楽天がネットで政治献金できる「LOVE JAPAN」をスタート!

ソニーが6万円代の「VAIO タイプW」でネットブック市場に参入!

『コンパクトなボディ・安価な価格設定・絞り込んだ機能』が特徴のネットブックですが、今まで、ブランド価値を重視するソニーはこのネットブック市場に参入していませんでした。元々、ASUSやAcerを筆頭とする台湾メーカーのネットブックがこの市場の人気に火をつけたわけですが、最近はNECや富士通といった大手日本メーカーもネットブックを販売するようになっています。国内メーカーのネットブックは、台湾製やアメリカ製のものよりもやや割高な感じなのですが、少し価格が高いだけあって質感や機能、デザイン性は海外のものより優れているといった印象があります。

ソニーは7月7日に、パソコン「VAIO(バイオ)」のシリーズで、店頭価格を6万円前後に設定するネットブック(小型ノートパソコン)を8月8日に発売すると発表していますが、「VAIO タイプW」がそのネットブックになります。『VAIO Wシリーズ』の記憶容量は160ギガバイトでかなり大きめに設定されており、ディスプレイの解像度も高めなので、インターネットのユーザビリティはかなり高いと思われます。他のネットブックよりもディスプレイのサイズが大きめなので、モバイルで持ち歩く用途には少し向いていない感じもしますが、通常のノートパソコンと同じ感覚で便利に使えそうなシリーズですね。

ソニーのノートパソコンでは、一番ディスプレイが小さい「VAIO タイプP」が既に09年1月に発売されていますが、これはハイスペックな仕様であり価格も10万円近くします。ネットブックにしては価格が高過ぎるということで、それほどヒットにはなっていないようですが、今回のVAIO タイプWのほうは6万円台という価格設定がかなり魅力で、今までソニーのVAIOを『価格が高い』ということで敬遠していたユーザーが買う可能性も高いと思います。マイクロソフトの次期OSであるWindows 7は10月から販売が決まっていますので、この時期にはネットブックの需要も更に高まるかもしれません。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2009.07.0807:04

大手携帯キャリアが『接続料』を引き下げるも、ユーザーの『通話料』は安くならないみたい!

大手携帯キャリアが『接続料』を引き下げるも、ユーザーの『通話料』は安くならないよう!

携帯キャリア(携帯電話会社)が『他社の回線』を利用した時には『接続料』という料金を支払っていますが、この接続料の引き下げが情報通信審議会(総務相の諮問機関)で決まったみたいです。携帯キャリアが『他社の携帯電話からの発信』を『自社の回線』に接続する時には、3分あたりで40円も徴収しているのですが、これはNTT東西の固定電話だと6円くらいしかかかっていません。

なぜ携帯電話だけがこんなに接続料が高いのかというと、携帯電話会社の接続料の算定では『販売奨励金・広告宣伝費』といった接続コストとは関係のない『営業費』が加えられているからです。総務省はこういった営業費を接続料から大幅に除外すべという意見を示し、2010年度には接続料の引き下げをNTTドコモやKDDI(au)といった大手通信キャリアに求めていくということです。各社の接続料に占める営業費の割合は1~3割にもなるとされているので、営業費を除外すればかなり接続料は安くなってきます。

続きを読む

テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース
ジャンル : 携帯電話・PHS

2009.07.0806:32

ウイグル族の抗議デモは、警官との衝突で156人死亡。深刻化する中国の少数民族問題を牽制するためのインターネット規制!

ウイグル族の抗議デモによる警官との衝突で156人死亡、深刻化する中国の少数民族問題!

中国西部・新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで7月5日、7日に発生したウイグル族の暴動(抗議運動)ですが、中国の武装警官部隊に鎮圧されて少なくとも156人の一般市民が死亡したと伝えられています。負傷者も1080人を越えているということですが、これまでにデモ行動の煽動家(組織家)を含む1434人が身柄を拘束されています。このウイグル族の抗議デモのそもそもの発端は、元々、ウイグル自治区で鬱積していた『漢族とウイグル族の経済格差や差別待遇を巡る民族対立』にあるようです。

ウイグル族の不当な差別待遇による経済格差に対する不満もあり、企業・政府の重要ポストの多くを漢族が占めるという『漢族支配の構図』に対する抵抗運動としての側面もあるみたいですが、大勢の死傷者が出ているだけでなく漢族が『報復行動のための自警団』を組織しているという報道もあり緊張は高まっています。ウイグル族は『地下資源・企業活動・外国からの投資』の利権を漢族に奪われていて、経済成長の恩恵をほとんど受けられないというようなことも抗議デモの背景にはあるようです。

ウイグル族の間には、いつ激しいデモ行動や暴動が起こってもおかしくはないような不満と怒りがあったようですが、『集結・デモを呼びかけるインターネット活動』が今回のウイグル族の抵抗運動(暴動)の引き金になったようで、その計画者も中国の当局に逮捕されているということです。こういった『地方の自治区の反乱・抵抗』にインターネットが煽動(呼びかけ)のツールとして使われるかもしれないということが、中国がインターネット規制を進めている理由のひとつにもなっています。

続きを読む

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

2009.07.0122:25

新生銀行とあおぞら銀行が2010年10月に合併!

新生銀行とあおぞら銀行が2010年10月に合併!

世界的な金融危機と投資の損失によって大幅な赤字を出した『新生銀行』『あおぞら銀行』が、2010年10月に1対1の対等合併をすることを発表しました。合併後には新生あおぞら銀行のような名前になるのでしょうか?正式な合併後の名前は発表されていませんが、合併によるメリットとしては規模の拡大や経営効率化が言われています。新生銀行とあおぞら銀行の経営・財務状況を改善するためには、顧客や預貯金・投資の増加が必要になってきますが、『使いやすいネットバンク』『M&Aをかけた消費者金融の強み』を見込み顧客にアピールしていくことが重要になるでしょうね。

両行の合併後の総資産は約18兆円(09年3月期の合算)にもなり、国内銀行では中央三井トラスト・ホールディングスを抜いて6位へと上昇します。新生銀行の前身は旧日本長期信用銀行、あおぞら銀行の前身は旧日本債券信用銀行で、どちらもバブル崩壊後にいったん破綻して公的資金の投入を受けている長期信用銀行なのですが、今回の合併で大きな資本不足が起こった場合には再び公的資金の投入が行われる可能性もでているようです。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2009.07.0120:42

富裕層へのアンケートで、「高級志向のレクサス」よりも「エコ志向のプリウス」に人気が集まる!ソニーがPSPのゲームができる携帯電話を開発?

富裕層へのアンケートで、「高級志向のレクサス」よりも「エコ志向のプリウス」に人気が集まる!

金融資産1億円以上の富裕層しか参加できないウェブ上のプライベートクラブ『YUCASEE(ゆかし)』で行ったインターネット調査では、レクサスの最高級車である『LS600h』よりも今予約が殺到しているエコカーの『プリウス』のほうが高い人気を集めたようです。昔はお金持ちの人が好んで乗る人気の車といえば、外車ではベンツのS600やBMWの750i、ジャガーなど、日本車ではセルシオ(現在のレクサスのLS)やシーマ、高級スポーツなどでしたが、エコカー(ハイブリッドカー)のほうに高い評価が集中し始めたのはエコロジー・ブームの影響かもしれません。

富裕層も「レクサス」より「プリウス」「技術の先進性」を評価

エコカー減税の効果もあって、ジワリと上向きはじめた自動車販売。中でも、ハイブリッド車や電気自動車(EV車)への注目度が高まっている。

30歳代~40歳代を中心とする医師や弁護士、会社経営者を会員とする「YUCASEE」を運営するアブラハム・グループ・ホールディングスが、2009年7月1日に発表した「ハイブリッド車に対する富裕層の意識調査」によると、「プリウス」を支持する富裕層は64%。「レクサス LS600h」が43%で続き、ホンダの「インサイト」は22%だった。

自動車にどんな機能やステイタス性を求めるのかというのが、今と昔ではだいぶ変わってきていて、昔は「大型車・高級車・馬力とトルクのある車・ブランド性」というのがステイタスだったのですが、今は「コンパクト・環境保護(エコロジー)・低燃費・先端技術」というのものがステイタスになってきているのでしょうね。4リッターや5リッターのハイパワーな燃費の悪いエンジンを搭載した大きな「高級車」よりも、エンジンの排気量が小さくても燃費が良くてエコロジーに貢献できる「エコカー(ハイブリッド・電気自動車)」のほうが評価されるようになってきています。

続きを読む

テーマ : トヨタ(TOYOTA)
ジャンル : 車・バイク

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。