--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.2323:55

ソフトバンクがSMAPメンバーのメッセージ入り『待ちうた』を独占配信!絢香が体調不良でライブを急遽、中止!

ソフトバンクがSMAPメンバーのメッセージ入り『待ちうた』を独占配信!

ソフトバンクモバイルは、携帯電話をかけてくれた相手に聴かせることができる『待ちうた』のサービスを開始しますが、8月21日よりSMAPの新曲の『そっときゅっと』『スーパースター★』の待ちうたを先行配信するということです。通常の『着うた・着メロ』は電話がかかってきたときに自分自身が聴くメロディですが、『待ちうた』は電話をかけてきた相手にその音楽を聞いてもらうことができるサービスなので、自分の友人知人が好きなアーティストの楽曲を待ちうたに設定するなどの使い方ができます。

今回配信するSMAPの待ちうたは、8月26日に発売されるSMAPの新曲「そっときゅっと」「スーパースター★」で、CDよりも早く待ちうたをダウンロードして使うことができます。『そっときゅっと』は、草なぎ剛主演で黒木メイサなどが出演している『任侠ヘルパー』の主題歌として採用されている曲なので、テレビドラマを見ている人であれば聴いたことがあると思います。『そっときゅっと』の楽曲では、SMAPメンバーのメッセージが入っている特別なバージョンの待ちうたも配信される予定になっています。

SMAPメンバーのメッセージ入りの待ちうたは、全部で4つのバージョンが用意されているということですが、8月21日~9月17日の配信期間の間、週ごとに異なるバージョンが配信されるということです。この待ちうたは、『Johnny's web』『dwango.jp(コール)』『レコチョクコール』の各ソフトバンクモバイル公式コンテンツから購入可能となっています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

2009.08.2322:14

アフガン大統領選で候補のカルザイ、アブドラ両氏が「勝利」を主張!地元紙ではカルザイが再選確実か!

アフガン大統領選で候補のカルザイ、アブドラ両氏が「勝利」を主張!地元紙ではカルザイが再選確実か!

治安情勢の悪化と政治の混乱が続くアフガニスタンで、20日に大統領選挙が行われましたが、『アフガンの民主化・普通選挙の実施』に反対するタリバーンやイスラム原理主義の過激派が、投票箱を焼いたり有権者を脅したりする選挙妨害もありました。中央集権的な政府がしっかりと確立しておらず、反政府勢力の武力による抵抗が残っている国で、選挙を実施するというのは本当に命がけで危険なことですが、混迷とテロが続くアフガニスタンで一刻も早く『暴力・威圧・部族間の対立感情』を用いない政治・選挙・議論の習慣が根づくことを切に願いたいと思います。

有力候補である前大統領のハミル・カルザイ氏と対立候補のアブドラ氏(元外務大臣)との一騎打ちの様相を呈していますが、両候補の陣営ともに『自分たちが過半数の投票を獲得した』という勝利宣言を行っていました。アフガン大統領選は有効投票の過半数得票が当選に必要な条件となっていて、当選者がいない場合は得票数上位2人による決選投票を実施するのですが、両陣営ともに『1回の投票で過半数を獲得できた』という絶対の自信を持っているようです。

カルザイ氏の政権に対しては、『治安悪化・雇用減少・行政や司法の腐敗・親族の優遇』など様々な国民の不満が生まれており、アフガンの民主化を促進したい米国から支援を受けているとはいえ、カルザイ政権の基盤は極めて脆弱で、旧支配勢力であるタリバーンを擁護する国民も多く残っています。南部地域のカンダハルにはアフガン政府でさえも介入できないタリバーンの大規模な拠点が構築されており、国際テロ組織アルカイーダとタリバーンの連携も憂慮されています。

アメリカのオバマ大統領は、アフガン戦争を対テロ戦争として極めて重要な位置づけを与えていますが、アメリカ国民の51%はアフガン戦争をアメリカにとって不必要な戦争と判断しており、今後アフガン戦争が更に長期化してアメリカ兵の死傷者が増えれば、オバマ政権のアフガン外交に対する風当たりは強まってくるでしょう。旧支配勢力でイスラム原理主義のタリバーンをアフガンから放逐することは現実的に不可能な状況となっており、アフガン国民のかなりの部分が民主主義化の必要性を実感していない可能性があることから、アメリカのアフガン政策は今後も相当の難航を余儀なくされるのではないかと思います。

続きを読む

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

2009.08.2321:42

書籍・資料をすべてデジタル保存し始めた「国会図書館」のデータをどのように利用すべきか?書籍データベースのビジネスモデルと著作権者の報酬!

書籍・資料をすべてデジタル保存し始めた「国会図書館」のデータをどのように利用すべきか?

インターネットでは、Googleブック検索やAmazonのなか見!検索によって『書籍の内容(コンテンツ)』を大まかに検索して、『書籍の内容の一部』をその場で閲覧できるようになってきています。日本でも6月に著作権法が改正されて、国会図書館が所蔵している書籍・資料のデジタル化が可能となり、日本の書籍データを半永久的にデジタル化して保存するという国家的プロジェクトが進行しています。

国立国会図書館といえば、日本中のあらゆる出版物・書籍が収蔵されている日本最大の図書館ですが、国会図書館にある書籍のデータをすべてデジタル化したとしても、そのデータを国民が実際に使えなければ意味がありません。しかし、すべての人に「無料」でいつでも国会図書館の書籍データベースにアクセスできるようにしてしまうと、本・出版物の売上が大幅に落ち込んでしまう恐れが出てきます。

デジタル化した書籍のメリットは、『半永久的にデータを保存できる・ウェブにアップロードすればいつでもどこでもアクセスできる』ということですが、すべての書籍のコンテンツの全体を公開してしまうと本(書籍)の売上が落ちて著者や出版社の不利益が大きくなります。そこで、国会図書館のデータベースにアクセスして書籍を閲覧する場合に、一定の『閲覧料金』を徴収するというモデルがどうしても要請されてくることになるでしょう。

続きを読む

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2009.08.2320:36

各新聞の世論調査では、「民主党」が300議席超、「自民党」が100議席台の予想!若者・子どもの未来も考慮した政党政治を盛り上げていこう!

各新聞の世論調査では、「民主党」が300議席超、「自民党」が100議席台の予想!

朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・日経新聞が8月30日に投開票が行われる衆院総選挙の世論調査の結果を発表しています。各社の合同調査のデータが元になっていますが、毎日新聞の報道では、民主党は北海道、岩手、新潟、福井、山梨、長野、愛知、滋賀、奈良、和歌山、長崎の11道県ですべての小選挙区を制する調査結果が出ているとし、小選挙区で271人、比例単独で59人の公認候補者330人全員が当選する可能性があると伝えています。

本当にここまで民主党の候補者全員が当選するのかは未知数ですが、保守系の読売も含めてどの新聞も(合同調査のデータは同じなので予測結果も同じようなものになりますが)、自民党が単独で200議席を取ることはまず不可能との見方を示しており、自民党が相当に劣勢であるのは確かでしょう。自民党は小選挙区は60議席台も確保できず、比例代表も50議席を割り込むのではないかと見られており、100議席も取れない恐れが高まっています。今回の選挙は『二大政党制』の始まりと言われていますが、この世論調査のまま選挙結果が出るとすれば、現在の自民党の立場にそのまま民主党が就くことになり、民主党の提出する法案は間違いなく可決される状態になると思われます。

読売新聞社も他社と合同の世論調査の結果から、民主党は小選挙区・比例ともに自民党に大きく勝利して、300議席超で単独過半数を確保する勢いと報じていますが、『政権交代』にまつわる期待と不安が交錯する衆院総選挙となりそうです。民主党が単独で衆院480議席の3分の2(320議席)以上を占めれば、提出法案が参院で否決されたとしても単独で再議決ができるので、他の野党と連立する必要性も無くなってきます。

続きを読む

テーマ : 衆議院選挙
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。