FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.0510:03

Forbesが米国長者番付を発表、ビル・ゲイツが16年連続で1位を獲得!

Forbesが米国長者番付を発表、ビル・ゲイツが16年連続で1位を獲得!

米経済誌『Forbes』が9月30日に、米国の長者番付上位400人を発表しましたが、やはりこの不景気の中でもトップになったのはMicrosoft創業者のビル・ゲイツ氏でした。ビル・ゲイツはこれで16年連続の1位を獲得したことになりますが、推定資産額は前年より70億ドル(約6300億円)も減少して、500億ドル(約4兆5000億円)に留まっています。全盛期でもっとも資産額が大きいときには1000億ドルを超える勢いを示していましたから、世界的な金融危機やアメリカ金融資本主義の凋落の影響をかなり蒙っているように感じます。

2位は『オマハの賢人』として世界的な知名度を誇る株式投資家のウォーレン・バフェット氏で、その資産額は400億ドルということです。投資の天才とも呼ばれるウォーレン・バフェット氏ですが、金融危機や株式市場の低迷などの影響を受けて前年から100億ドルの資産を減らしています。3位になったのは、Oracle創業者のラリー・エリソンで270億ドルの資産ということですが、サーバーやソフトウェアの販売というのは意外に堅調なのでしょうか。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2009.10.0510:01

「Google検索」の英語版でフィルタリング(絞込み)機能が強化!

「Google検索」の英語版でフィルタリング(絞込み)機能が強化!

世界最大手の検索エンジンであるGoogleの検索機能が、『英語版』で強化されたということです。Googleの“サーチオプション(検索の追加機能)”が増えており、『past hour』『specific date range』『more shopping sites』『fewer shopping sites』『visited pages』『not yet visited』『books』『blogs』『news』の9つのオプションを選択可能になります。

past houu,specific date range……1時間以内に更新されたブログ・サイトの最新情報を検索できたり、『特定の日にち・時間帯』を指定して更新された情報を検索することができます。

続きを読む

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2009.10.0509:13

チェコのクラウス大統領が批准すればEU統合の『リスボン条約』が発効!EU大統領には英国ブレア前首相が有力か!

チェコのクラウス大統領が批准すればEU統合の『リスボン条約』が発効!EU大統領には英国ブレア前首相が有力か!

EU(ヨーロッパ共同体)が政治的な大統合に向けて動き始めており、EUを統合的な政治主体とする基本条約である『リスボン条約』が来年1月1日には発効する見通しになってきています。アイルランドがリスボン条約を批准する2日の国民投票が注目されていましたが、アイルランド国民はEU統合に向かう基本条約であるリスボン条約批准を可決しました。現段階で、リスボン条約をまだ批准していないのは、EU加盟国27カ国のうち、チェコとポーランドだけになっていますが、ポーランドは順当にリスボン条約を批准するものと見られています。

議長国スウェーデンは、10月末に開く首脳会議で初代EU大統領(欧州理事会常任議長)や外相などの主要人事を調整する意志を示していますが、その為にはチェコとポーランドがリスボン条約に調印して批准しなければなりません。チェコの議会である上下院は5月までにリスボン条約承認を終えているのですが、国家元首であるクラウス大統領が批准手続きに必要な署名をしておらず、条約批准に対して否定的な構えを見せているようです。

更に、チェコの上院議員グループが9月29日、『条約は国家主権を侵害しており違憲の疑いが強い』として、条約が合憲かどうかの判断を求める申し立てをチェコの憲法裁判所に提出しており、チェコの大統領と一部の議員は、EUという政治的統合体によって『国民国家のパラダイム(主権国家の権限)』が侵害されるのではないかという拒絶反応を見せています。アイルランドがリスボン条約の批准に国民投票で同意したので、後はポーランドがそのまま条約を批准すれば、EUが巨大な地域共同体として機能するか否かはチェコの判断にかかってきます。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2009.10.0508:32

鳩山首相の資金管理団体『友愛政経懇話会』の虚偽献金問題で、東京地検特捜部が捜査を始める!

鳩山首相の資金管理団体『友愛政経懇話会』の虚偽献金問題で、東京地検特捜部が捜査を始める!

2008年の資金管理団体の収支が報告されて、民主党で一番献金額が大きかったのは、亀井静香金融・郵政改革担当相で1億1695万円でした。岡田克也外相が9982万円の献金を受け、鳩山首相は8917万円だったのですが、鳩山由紀夫首相に送られた個人献金の中に多くの『虚偽記載(亡くなった人の故人献金など)』があったことが問題になっています。資金管理団体を経由して受け取った政治献金の内閣の平均収入は『3474万円』だったということです。

鳩山首相の資金管理団体『友愛政経懇話会』は09年3月に08年の収支報告書を提出していますが、この中で氏名記載がある『年間5万円超などの個人献金者数』は、初めに記載された延べ70人から15人に減らされています。故人の名前や献金した覚えがない人の名前が、献金者となっていた『虚偽記載』が判明したからですが、なぜ鳩山首相の秘書がこのような『実質的(金銭的)なメリット』のない虚偽記載をしたのかは明らかになっていません。簡単にこの鳩山首相の個人献金問題の内容を説明すると、『受け取った献金の金額に虚偽申告はないのに、献金した故人の名前だけを偽装している』ということであり、受け取った政治献金を過少申告したり隠蔽していたというわけではないんですね。

続きを読む

テーマ : 民主党・鳩山政権
ジャンル : 政治・経済

2009.10.0508:06

中川昭一元財務相が、56歳の若さで急死。事件性はないものの行政解剖でも死因は不明!

中川昭一元財務相が、56歳の若さで急死。事件性はないものの行政解剖でも死因は不明!

中川昭一氏が4日午前、東京都世田谷区の自宅2階の寝室ベッドで、うつぶせになって死亡しているのを妻に発見されたといいます。前回の衆院選では落選して気落ちしていたといいますが、主要ポストを歴任して次期総理と目されていた時期もあり、大物政治家の急逝を惜しむ声が政界・世論で沸き起こっています。父の中川一郎氏も57歳という若さで自殺していますが、昭一氏は自殺ではないとはいえ、56歳という年齢での死去は余りにも早いといわざるを得ません。保守派・経済通の政治家として、今後も自民党再生のために大きな仕事をすることが期待されていただけに、惜しまれる残念な死だと思います。

中川昭一氏の死因は行政解剖をしてもはっきりとは分からない状態ですが、遺書も見つかっておらず、『事件・自殺の可能性』は低いということです。『睡眠薬の服用・アルコールの摂取』と関連した心筋梗塞・脳疾患などによる病死が考えられますが、中川氏は医師に『最近、眠れない』という悩みを訴えていたといいます。睡眠障害の不眠症状に対して医師から睡眠薬が処方されていたといいますが、亡くなった二階の寝室のテーブルの上には大量の睡眠薬が置かれていたといいます。

続きを読む

テーマ : 中川昭一
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。