--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.0702:51

精神科医ゆうきゆうの『マンガで分かる心療内科』が人気!学研のムック『もう一度見たい!科学と学習』が好評!

精神科医ゆうきゆうの『マンガで分かる心療内科』が人気!

精神医学や臨床心理学、心理療法などと聞くと、専門的でかなり難しい学問のように感じられますが、メンタルヘルスの問題をギャグ漫画のタッチで分かりやすく説明してくれている作品にゆうきゆうの『マンガで分かる心療内科』があります。最近は、サラリーマンや学生にうつ病やパニック障害、社交不安障害などの精神疾患の悩みが増えており、『精神疾患の症状・治療・対応・発症メカニズムについて知りたい』という需要があって、ゆうきゆう氏の『マンガで分かる心療内科』がかなり好調に売れているようです。

<マンガで分かる心療内科>現役精神科医がギャグタッチで心の病解説 ウェブ公開も売り切れ続出

『マンガで分かる心療内科」(少年画報社680円)』は、『ヤングキング』で連載されているマンガ作品をコミック化したものですが、ウェブで漫画を公開したままにしているにも関わらず、5月に発売された第1巻はすぐに完売してしまったとか。増刷しても短期間で売り切れてしまう状態が続いているわけですが、精神疾患(心・脳の病気)という深刻で暗くなりやすい問題を、明るいギャグ漫画の雰囲気で分かりやすく正確に説明しているところが人気の理由であるようです。

『マンガで分かる心療内科』を書いているゆうきゆう氏は、東京の池袋と上野で『ゆうメンタルクリニック』を開業している精神科医なので、笑いとユーモア、楽観をモチーフにしながらも、『精神疾患の説明・解釈の部分』は比較的しっかりした内容になるように工夫されています。

ストーリーは、臨床心理士の療がボケて笑いを誘い、そこにナースのあすながツッコミを入れていくという構成になっていて、心の病気やその治療、日常の悩みなどについて参考になる話も多く収載されているようです。ゆうきゆう氏のウェブサイトには、1日平均2万のアクセスがあるということで、ウェブと書籍(漫画)のメディアミックスによって人気が高まっている状況もあるのかなと思いますが。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2010.06.0701:04

韓国G20の共同声明、『世界経済は予想されていたよりも速いペースで回復』!アメリカの雇用統計で政府の臨時雇用が大幅増、民間雇用は伸びず!

韓国G20の共同声明、『世界経済は予想されていたよりも速いペースで回復』!

ギリシアの財政破綻やポルトガル・ハンガリーなどの財政危機の報告によって、EUのヨーロッパ市場とユーロが不安定になっていますが、世界経済は概ね予想よりも早いペースで回復基調に乗っているとG20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)は伝えています。EU経済やEUの株式市場の悪化を受けて、日本やアメリカの株式市場も低迷傾向を続けていますが、世界全体ではサブプライム・ショック以降、順調に景気が回復しているとの見通しです。

マクロな経済指標での景気回復が、ミクロな国民ひとりひとりの可処分所得の増加につながっていないのが問題ですが、G20の声明では欧州連合(EU)、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)による『断固たる措置』を歓迎するとしており、特に財政悪化が続いている国々に対して『強力な財政健全化策』を取るように求めています。

経済成長のポテンシャルが高い中国・インド・ブラジルなどには、更なる経済成長の拡大を求めると共に、ガイトナー米財務長官はG20にあてた書簡で、中国、ドイツ、日本を名指しして内需拡大を求める厳しい意見を出しています。日本経済の内需回復が遅れていて、財政状況も危機的な水域に近づいていることを、世界経済は強く懸念しているようですが、日本の労働環境や雇用情勢、所得水準の推移を考えるとかなり厳しい注文のように感じられます。

峰崎直樹財務副大臣は同会合後の会見で、日本が財政再建と経済成長という政策の両立に取り組む決意を伝えており、6月26~27日にカナダ・トロントで開催予定のG20首脳会議では、菅直人新首相が『中期財政フレーム・財政再建策のロードマップ』について報告することが確認されています。韓国・釜山のG20で注目されていた『銀行税導入計画・銀行資本規制』は、各国の間で意見の調整がつかずに合意に至ることができず、見送られる運びとなっています。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2010.06.0700:10

8日発足の菅内閣の閣僚・党役員人事、福島瑞穂氏の後任に蓮舫氏が内定か!

8日発足の菅内閣の閣僚・党役員人事、福島瑞穂氏の後任に蓮舫氏が内定か!

鳩山由紀夫前首相の電撃辞任を受けて、民主党代表になった菅直人副総理が、衆参両院で内閣総理大臣に指名されました。菅首相が指名後直ちに組閣するという見方もありましたが、民主党内部の人事の調整に時間を掛けて8日に組閣する運びとなっています。内閣のメンバーが大幅に刷新される可能性は低いと思われますが、『小幅な人事の見直し』によってどこまで民主党の良い方向への変化を有権者に印象づけられるかがポイントになりそうです。

鳩山前首相から菅首相への交代によって支持率が30%台まで持ち直してきている民主党ですが、野党や野党の支持者からは『表紙を替えただけ・政策の中身は変わらない・菅氏は外交の知識とセンスが乏しい』という手厳しい批判も起きており、菅内閣発足後にどれだけスタートダッシュで有権者の支持を掴めるかが参院選の結果にもつながってくると思われます。

既に内定している菅内閣の新人事は、仙石由人氏を内閣官房長官に、枝野幸男氏を党の幹事長に、野田佳彦氏を財務相に任命するということですが、『菅・仙石・枝野のトロイカ体制(三頭政治体制)』で反小沢派のクリーンなイメージを強化することが意図されているようです。

続きを読む

テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。