--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.2121:51

松たか子主演の邦画『告白』がアカデミー賞の1次審査を通過!『ALWAYS 三丁目の夕日』の第三弾は3D作品で公開!

松たか子主演の邦画『告白』がアカデミー賞の1次審査を通過!

湊かなえさんの同名ベストセラー小説を映画化した邦画の『告白』が、米映画芸術科学アカデミーが主催する『アカデミー賞外国語映画賞』の1次審査を通過して、ノミネート9作品のうちの一つになっているようです。中島哲也監督、松たか子主演の『告白』は、中学校教師による自分の教え子のいじめの告発という重いテーマを扱っており、かなりセンセーショナルな議論を巻き起こしたりもしましたが、『荒廃する学校現場・過保護な親・いじめの加害と被害・いじめられた(自殺させられた)親の報復感情』など多くの論点について考えさせられる映画だと思います。

日本の学校現場におけるいじめの問題、いじめの加害者と被害者への対応、学校教師と母親という二つの立場での葛藤、加害者の親の過保護・責任回避などの『日本的と思われるテーマ』が、国際的な映画の舞台でどのように評価されるのかは気になります。『いじめ・学校教師の報復』といったテーマは深刻味を帯びていますが、映画そのものの完成度は高いし、学校問題のエンターテイメントとしても楽しめる内容になっているので、外国人の観客が見ても結構、いじめ問題の内容には興味を持ってもらえるのではないかとは思いますが。

アカデミー賞の外国語映画賞には、各国の代表作品から選ばれた66作品の応募がありました。ゴールデングローブ賞外国語映画賞を取ったデンマーク映画『イン・ア・ベター・ワールド」やメキシコ映画『ビューティフル』などが最終選考にまで残っていますが、アジアの映画で残っているのは『告白』だけということです。2009年には、滝田洋二郎監督、本木雅弘主演の『おくりびと』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞しているので、『告白』にもぜひがんばってもらいたいと思います。

続きを読む

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。