--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.2122:01

中国のGDPが10.3%増で、日本を抜き『世界第二位』に!中国の政治的・経済的・軍事的な膨張とそれに見合う国際的責任!

中国のGDPが10.3%増で、日本を抜き世界第二位に!中国の政治的・経済的・軍事的な膨張とそれに見合う国際的責任!

日本は1968年に西ドイツのGDPを抜いてから、『世界第二位の経済大国』の地位にあり続けていましたが、2010年のGDPでは中国が3年ぶりの10.3%の二桁成長を成し遂げて、日本のGDPを抜くことになりそうです。中国統計局の発表によると、2010年の中国の名目GDPは39兆7983億元(約5兆8812億ドル)であり、、日本の2010年のGDP予測は5兆4023億ドルとなっていますので、中国は日本よりも5000億ドルもGDPが大きくなったことになります。

世界第二位のGDPとなった中国の急速な経済成長と合わせる形で、『政治的・軍事的な拡張主義』も進んでおり、昨年は日本との間で海洋権益の絡む『尖閣諸島沖・中国漁船衝突事件』なども起こっていますから、今後は中国がその経済力と見合った『東アジア・国際社会での政治的責任』や『先進国としての人権擁護』を果たしていけるのかも問題になってきます。中国には世界や東アジアでの安定秩序を維持するための積極的な貢献を期待したいところですが、現状では、軍拡・資源戦略(外国の不動産買収)・独裁政権の支援(北朝鮮・アフリカ諸国)などによる覇権主義が中国膨張の懸念要因となっています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

2011.01.2122:00

ソニーが2013年から新規採用の3割を外国人に!ソニーがインターネット対応のテレビを発売!

ソニーが2013年から新規採用の3割を外国人に!ソニーインターネット対応のテレビを発売!

多国籍企業の労働市場や人材のグローバル化が急速に進んでいますが、『世界市場での言語環境・サービス展開・戦略的開発』を進めるためには、優秀な外国人の人材の確保が重要になってきます。日本の大手企業ではパナソニックが外国人の採用に熱心なことでよく取り上げられていますが、ソニーも今後の世界進出や企業成長に必要な『外国人の人材』の獲得に力を入れていくことを宣言しています。

ソニーは2013年度から日本の新卒採用に占める外国人比率を全体の30%にまで高める意向を示し、特に中国・インド・韓国などアジア出身の学生採用数を大幅に増やしたいとしています。2013年度以降の新規採用では、2011年度の外国人比率の2倍にしていく予定ということで、日本発のブランド化された企業であるソニーが、ますます多国籍化・グローバル化を進展させていくことは確実です。日本の大学生の就職難と内定率の低下が雇用問題になっていきますが、これから日本の大企業は『日本人の学生の志望者』だけではなくて『外国人の学生の志望者』も多く採用していくので、更に日本人の若年層の雇用環境は厳しさを増していくと思われます。

続きを読む

テーマ : 経済ニュース
ジャンル : ニュース

2011.01.2121:59

KAT-TUN側が、新曲のアレンジでボーカロイド曲の影響を受けていた事を認める!盗作疑惑に一定の決着か!

KAT-TUN側が、ボーカロイド曲の影響を受けていた事を認める!盗作疑惑に一定の決着か!

オリコン1位となったKAT-TUNの新曲『NEVER x OVER ~「-」 IS YOUR PART~』に対して、ボーカロイド曲の盗作ではないかという疑惑が持ち上がっていたが、盗作の元とされていた曲は巡音ルカのオリジナル曲『DYE』という楽曲でした。二つの曲を聴き比べてみると、確かに全く同じ曲とはいい難いものの、基本的なイントロのメロディラインとサビの雰囲気は似ており、『DYE』の作曲者もショックを受けて、何の断りもなくアレンジされたこと(それに対する正当な報酬もないこと)に不満を持っていたようです。

当然、『DYE』を作曲した著作者には、その複製・利用をコントロールできる『著作権』があるわけで、その音楽を利用したり編集したりするためには著作者の同意を得てから使うか、利用するための対価を支払う必要があります。この盗作疑惑に対しては、ジャニーズ事務所の側から楽曲のアレンジに際してボーカロイド曲『DYE』を参考にしたことは事実であるとの報告があったということで、当事者間では納得のいく交渉が成立したようなのですが、作曲者はTwitterで以下のようなコメントを出しています。

『DYE』の件につきましては、先方に『NEVER×OVER』の制作にあたり、アレンジにAVTechNO!の楽曲『DYE』の影響があった事実を認めて頂き、然るべき処遇をして頂くという事で解決いたしました。応援して頂いてる皆様にはご心配をおかけしました。また、KAT-TUNの ファンの皆様にも私の発言によりご心配をおかけした事をお詫び申し上げます。 この件に関しまして、KAT-TUNの皆様に非はございません。個人的にも、今後のご活躍を応援しております。

作曲者のTwitterのツイートを読んでも分かるように、『然るべき事前の通告・交渉・説明』がしっかりと行われてさえいれば、大半の作曲者は作品(楽曲・テキスト・小説など)の利用を頭から拒絶することは少ないと思いますので、『これくらい少しアレンジしても大丈夫だろう』という安易な発想に陥らずに、参考にしたり利用したりする時には著作者に一報を入れて条件交渉をすることが大切だと思います。

続きを読む

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

2011.01.2121:57

K-POPアイドルの『KARA』が事務所とのトラブルで“3対2”に分裂の危機?

K-POPアイドルの『KARA』が事務所とのトラブルで“3対2”に分裂の危機?

少し前(昨年の4月)にも、日本で人気の高い韓流アイドル『東方神起』が、事務所との長期契約・報酬を巡るトラブルで分裂することになりましたが、今、K-POPシーンで少女時代と並んで人気を集めている『KARA』にも事務所とのトラブルが持ち上がっているようです。『KARA』というとモデルのようにスタイルの良い5人組の美少女ユニットで、“ラララ、ラララ~♪”というメロディに合わせてセクシーにヒップを振る『ミスター』のダンスで一躍有名になり、日本でも多くのファンを得ているのですが、『KARA』の5人のうち4人が事務所との契約を訴えでたという報道が19日に流れました。

スンヨン(22)、ニコル(19)、ハラ(20)、ジヨン(17)の4人が、韓国の所属事務所『DSPメディア』に専属契約の解除を申し入れた理由は、『地位を悪用し、やりたくない仕事を強要して人格を冒涜(とく)した・細かい内容を説明せずに契約を無断で交わし、精神的苦痛を味わった・事務所はKARAを金もうけの手段として利用し、メンバーの挫折感が大きいため、関係を維持するのは不可能』ということですが、仕事内容・報酬の配分率・人格の尊重などに対する相互の不信感が最大の原因だったようです。

続きを読む

テーマ : KARA
ジャンル : アイドル・芸能

2011.01.2121:56

Googleの新CEOに創業者のラリー・ペイジが就任、Googleの10~12月の売上・利益が過去最高に!facebookにどう対抗するか?

Googleの新CEOに創業者のラリー・ペイジが就任、Googleの10~12月の売上・利益が過去最高に!facebookにどう対抗するか?

世界最大手の検索会社であるGoogleは、1998年当時スタンフォード大学博士課程に在籍していたサーゲイ・ブリンとラリー・ペイジの二人によって起業された会社ですが、2001年まではこの二人がCEOを務めていました。その後、企業規模とビジネス分野が拡大するにつれて、大企業の経営経験があるエリック・シュミットが外部からCEOとして迎え入れられていたのですが、10年ぶりに創業者の一人であるラリー・ペイジが再びCEOに就任することが決まったようです。

37歳とまだ若いラリー・ペイジですが、これまでは製品開発部門の代表として経営に参画してきており、Google全体の経営を統括する力量と経験は十分にあることは確かですが、『検索連動・コンテンツ連動の広告ビジネス』以外にも収益源やビジネスモデルを広げていけるかが今後のGoogleが更に成長していけるかどうかの鍵になってくると思われます。Googleの経営実績と財務状況は極めて順調に推移してきていますが、『ウェブ上のあらゆる情報にアクセス可能にする』という企業理念の実現に対して、Googleの検索エンジンでもインデックスやアクセスができないfacebookを中心とするSNS(ソーシャルメディア)が急速に台頭しています。

続きを読む

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2011.01.2121:54

Twitter上で『東方神起対JYJ』のツイートの応酬とBoAのリツイートが起こる!安室奈美恵がAI,m-floとコラボしたアルバムが発売!

Twitter上で『東方神起対JYJ』のツイートの応酬とBoAのリツイートが起こる!

昨年4月に事務所との契約を巡るトラブルで、東方神起は、ユンホ(24)、チャンミン(22)の『東方神起』と、ジェジュン(24)、ユチョン(24)、ジュンス(24)の3人の新ユニット『JYJ』の二つのグループに分裂しましたが、JYJの言い分を元にしてTwitter上でやり取りがされたようです。2人になってしまった東方神起は、復活第1弾としてアルバム『Why?』を発表しましたが、その中でユンホとチャンミンが、所属事務所社長への感謝の気持ちをコメントしており、そのことが気に入らないジュンスがTwitterで不満をつぶやいたのが発端となりました。

東方神起の5人は結果としてグループが『2対3』で分裂することになりましたが、契約トラブルが勃発した当初は、5人全員が事務所への不満・反発を持っていたともされており、ジュンスは『事務所への感謝の言葉』が自分たち3人への当てつけのメッセージのように感じられたのかもしれません。ジュンスが書いたツイートの内容は『僕ら5人の敵なんだと同じように考えていたのに…皆の敵ではなかったみたいだね』というものでしたが、結局、事務所に残って東方神起を続ける決断を下したユンホとチャンミンにとっては、ある程度事務所側の意向に従わざるを得ない部分があるということではないでしょうか。

その後、双方のファンも加わって、Twitter上で『東方神起とJYJの関係・対立問題』に関するツイートが取り交わされたということですが、日本でも売れていた歌手のBoA(24)も、ジュンスがつぶやいた翌日に『恩知らずにもほどがある”という東方神起関係者のつぶやき』をリツイートしたということです。ということは、BoAはどちらかというと東方神起・事務所サイドに近い考え方を持っているということになるのでしょうかね。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。