--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.1802:08

円高が急伸。一時76円台になり、戦後最高値を更新!震災被害で中期的には『大幅な円安』に動く可能性も!

円高が急伸。一時76円台になり、戦後最高値を更新!震災被害で中期的には『大幅な円安』に動く可能性も!

東日本大地震の影響を受けて為替相場の混乱が続き、投機の円買いが増えて『円』が急速に高くなっている。16日午後(日本時間17日早朝)のニューヨーク外国為替市場では、1ドル=80円を突破する円高となり、1995年4月の1ドル=79円75銭の最高値を15年11ヶ月ぶりに上回る事態となった。円高が進むことによって、日本は海外製品を安く輸入できるという利点が生まれるが、日本の自動車・電機・鉄鋼などの主要な輸出産業の貿易黒字は大幅に圧縮されることになる。

17日のシドニー市場では1ドル76円25銭をつけて、前日より5円近い急速な円高となったが、政府・日本銀行による『円売りドル買い』の為替介入を警戒する投資家が増えたことで、78円~79円の相場で推移している状態である。ユーロに対しても円高は進んでいて、1ユーロは110円台前後で動いているが、この円高の要因は『海外のファンド・投資家による一時的な投機』であり、日本の金融機関・保険会社などが保険料支払いやシステム復旧のコストのために、『海外のドル建て資産』を売って円買いするだろうという見方が出てきたからである。

投資マネーは株式よりも損失リスクの小さい国債に流れているが、米国の債券価格が大幅に上昇(金利は大幅低下)したために、ドルを売って円を買う動きが強まっている傾向が見られるが、『安全資産としての国債』に投資マネーが集中したことで、日本の国債の年利も1.175%にまで低下している。しかし、東日本大震災の余りに甚大な被害・損失の規模を考えると、この『円高ドル安』のトレンドは長く続かないだろうと予測される。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2011.03.1801:40

福島第一原発を冷却するため、陸自ヘリが水を投下!メルトダウンの不安と使用済み核燃料プールの高温化にどう対処できるのか!

福島第一原発を冷却するため、陸自ヘリが水を投下!メルトダウンの不安と使用済み核燃料プールの高温化にどう対処できるのか!

東日本巨大地震で福島第一原発が被害を受けて、第1~第4号機のそれぞれで解決困難な高温化のトラブルが起きて放射能漏れが発生している。第1号機と第2号機では炉心にある燃料棒の温度が下がらずに、『メルトダウン(炉心溶融)』のリスクが高くなっており、周辺に微量の放射能が漏出しているとされている。燃料棒が非常に高温になっているため、格納容器内の冷却用の水の水位が低くなり、燃料棒が水面上に露出して空焚き状態になることで、放射性物質が飛び散る危険な状態になっている。

第1号機と第2号機は炉心の燃料棒の温度を下げるため、真水と海水を大量に注入してきたが、それでも温度は低くならず水位が下がって放射能漏れが起こっているようだが、引き続き大量の海水の注入でメルトダウンを防ぐことに全力を注ぐことになる。経済産業省原子力安全・保安院は2号機の格納容器の破損とその破損の広がり、3号機の格納容器の破損を認めており、福島第一原発の周囲では放射線レベルが一時、10mSV/hというかなり高い水準にまで上がっていた。原発の作業員・技術者や冷却作業をしている自衛隊・警察官、周辺住民に中長期的な健康被害が出ることが心配されているが、現状では20キロ圏内よりも遠く離れていれば放射線の健康被害は防げるとしている。

現在、起こっている原発事故の大きな問題は『3号機・4号機の使用済み核燃料プールの温度上昇・沸騰状態』であるが、この燃料プールの温度上昇によって、放射性物質が漏出する危険性と冷却水が蒸発して枯渇する問題とが合わせて起こってきている。政府は使用済み核燃料プール及び1号機・2号機の炉心(燃料棒)の冷却を『最優先課題』として、自衛隊・警察(機動隊)を動員して大量の水の注入・投下を行っているが、思ったように炉心・燃料プールが冷えてくれずに温度が高い状態になっている。東京電力と政府は核分裂反応そのものは停止しているが、原子力発電に伴う高温の余熱・過熱を抑制することができない状態にあるという見解を述べているが、引き続きの放水・海水の注入によって少しでも早く原発の温度を低下させることが喫緊の課題である。

続きを読む

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。