--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.1807:09

東方神起と少女時代が被災者に応援メッセージ。所属事務所は7300万円寄付!韓流スターやKARAも震災の復興支援で寄付!

東方神起と少女時代が被災者に応援メッセージ。所属事務所が7300万円寄付!

7500万円を寄付したペ・ヨンジュンをはじめとして韓流スターには、今回の東北地方太平洋沖大地震の被害を見て、大きな金額を寄付して下さる方が多くいますが、東方神起らが所属するSMエンタテインメントも被災者支援のため、日本赤十字社に10億ウォン(約7300万円)を寄付することが明らかにされています。韓流の芸能人で今回の震災に際して善意の寄付をしてくださった方として、チェ・ジウ、イ・ビョンホン、KARA、チャン・グンソク、キム・ヒョンジュンなどの名前も挙がっていますが、日本の一般の方々の寄付も含めて金額の大小に関わらず、こういった寄付が、震災に遭って不安な生活を強いられている人たちの力に少しでもなってくれればと願います。

人気の高い韓国俳優のイ・ビョンホンも、個人で7億ウォン(約5000万円)を大韓赤十字社を通して寄付しており、被災者の方を励ますようなメッセージをブログで語っていますが、国家レベルでは韓国に限らず世界中の多くの国々が日本に対して、人的・経済的な援助を申し出てくれていてとてもありがたいことだと感じます。イ・ビョンホンは日本版公式サイトで、『私が個人的にできること、俳優仲間や知人と一緒に出来ることを分け、日本を援助しようと思います。このような時は、ひとつに団結することで、はるかに大きな力が出ます。どんな状況でも一筋の希望を失わないでください』というコメントを発表しています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 韓国アイドル
ジャンル : アイドル・芸能

2011.03.1807:06

ロンブー淳らが『救援街頭カンパ』で支援物資を集める!シンディ・ローパーが『震災へのエール』を込めて東京公演を決行!

ロンブー淳らが『救援街頭カンパ』で支援物資を集める!

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳(37)が16日に、東京・渋谷区の代々木公園前で『品川庄司』の庄司智春(35)、マギー審司(37)らと共に東日本大震災の被災者に送るための救援物資を集める“街頭カンパ活動”を行ったということです。NHNジャパンの協力を受けたGACKTは、東日本大震災被災者への義援金を募集する本格的な基金『SHOWYOURHEART』を立ち上げて、約1万件計1億1000万円の寄付金を集めたりしていますが、芸能人・著名人の中には献身的な復興支援・寄付活動をしている方が少なからずいますね。

普段からボランティアや慈善活動を行っている日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手も、日本赤十字社を通じて義援金5000万円を寄付していますが、ダルビッシュは仙台市の東北高校の出身ということで心情的な思いいれや心配も強いのではないかと思います。ロンブーの田村淳が中心となって行った『救援街頭カンパ活動』では、被災地で不足しているとされる電池、携帯カイロ、懐中電灯をツイッターも駆使して募集したということですが、ダンボール箱70箱分の物資が集まったということです。

続きを読む

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

2011.03.1806:28

テレビCMが“ACの公共広告”ばかりになっている理由!ACは『東北地方太平洋沖大地震』を支援するメッセージ広告も製作中!

テレビCMが“ACの公共広告”ばかりになっている理由!ACは『東北地方太平洋沖大地震』を支援するメッセージ広告も製作中!

最近、テレビ番組を見ていると、テレビCMのほとんどが『子どもの虐待防止・あいさつ励行での友達づくり・子宮頸がんの予防キャンペーン・国境を越える医師団』などACの商業的意図のない公共広告になっている。

これは東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生した14日からの現象であり、企業の多くが自社のテレビCMの出稿を自粛していることが影響している。東日本大震災で大勢の人が無くなったり怪我をしたり、避難所での不便な生活を余儀なくされている状況の中では、明るく楽しく『消費欲求・娯楽行為』を煽るような企業CMは流しにくいし、不謹慎さ・利己主義が強調されてかえって企業イメージ(ブランドイメージ)が悪くなってしまう恐れも出てくる。

大震災を受けて、企業クライアントの約7割がCM放映を自粛しており、そのために『空いている広告枠』を埋めるため、営利目的ではないACのCMを流さざるを得ない状況になっているということである。しかしACが作成して放送している広告映像やテーマの中にも、震災後の現在の状況には相応しくないような内容があるようで、視聴者から問い合わせやクレームの電話も寄せられているという。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2011.03.1804:55

東日本大震災に対する不適切なツイート。米保険会社アフラックのアヒル声CMの声優ギルバート・ゴットフリードが解雇される!アメリカの保守派言論人の地震関連の失言が続く!

東日本大震災に対する不適切なツイート。米保険会社アフラックのアヒル声CMの声優ギルバート・ゴットフリードが解雇される!アメリカの保守派言論人地震関連の失言が続く!

米・生命保険大手のアフラック社は『アフラック!』とアヒルが社名を元気良く叫ぶCMを放送しているが、のアヒル声の声優を務めるコメディアンのギルバート・ゴットフリード(56)がTwitterで東日本大震災を揶揄する不適切な笑えないジョークをつぶやいた。ギルバート・ゴットフリードは元々、皮肉や風刺、揶揄の効いたブラックジョークを好むキャラクターだったようだが、さすがに東日本大震災が発生して1万5千人以上もの死傷者が出ている悲惨極まりない現状を考えれば、この地震を題材にしたユーモアやジョークは許されないと思う。

ギルバートは問題となって炎上したツイートの前にも、東日本大地震に関するジョークを12回にもわたって連発していたようで、その全てのジョークが被災者の感情や苦悩を逆撫でするような種類のものだったという。『ちょうどカノジョと別れたところだが、日本人が言うように、すぐに別の女性がボクの周りに“浮かび上がって”くるさ』や『日本はとても発展した国だ。ビーチに行かなくても、ビーチが自分からこちらにやってくる』といったツイートが厳しい批判の対象となり炎上したわけだが、日本の津波被害を恋愛・海水浴と絡めて笑いを取ろうとするのは、今の時期には不謹慎であり非常識でもある。

地震災害の大きさや被災者の感情、企業イメージの傷つきを重く見たアフラック社は、即座にゴットフリード氏の解雇を通告したというが、実名を出してTwitterをしている以上は、自分の立場と発言内容をもう少し振り返ってからツイートすべきだろう。アフラック社にとっては日本人の25%が同社の生命保険に加入しており、同社の事業配分の75%が日本人向けとなっていることもあり、『日本市場・日本の消費者の国民感情』は極めて重要なものとなっているが、それだけでなく人道的・倫理的にも問題の多い皮肉めいたユーモアのように感じる。

続きを読む

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

2011.03.1804:21

東京電力が『住民・鉄道の節電協力』を受けて17日の大規模停電を回避したが、18日にも大規模停電の恐れ!

東京電力が『住民・鉄道の節電協力』を受けて17日の大規模停電を回避したが、18日にも大規模停電の恐れ!

東京都心や関東地方・東北地方では、震災後の14日から輪番(交替)で停電を行っていく計画停電が行われていて、福島第一原発の事故と合わせて発電インフラの電力不足が大きな問題になっている。17日に海江田万里経済産業相が緊急会見し、同日の夕から東京電力管内で『予測不能な大規模停電発生の恐れがある』と発表したが、17日は電力の供給力の限界すれすれで消費量が推移したものの、何とか大規模停電を回避することが出来たようだ。

東京電力管内で電力が大幅に不足している原因は、言うまでも無く『東日本大震災による発電施設の損壊・故障・運転停止』などであるが、福島の原発事故も発電量の減少に大きな影響を与えている。今の所、何とか『計画停電+1日2回の停電実施・住民・企業の節電協力』によって電力供給の不足を乗り越えてきているが、気温が低下する天候で寒さが厳しくなると『暖房用の電力需要』が必然的に増加するので、電力が不足しやすくなってしまう。

続きを読む

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

2011.03.1803:22

被災地(避難所)へ物資を運ぶための『ガソリン不足』で、“食糧と水・燃料・生活必需品・医薬品”が不足している問題!原発事故を受けて増える避難者の数!

被災地(避難所)へ物資を運ぶための『ガソリン不足』で、“食糧と水・燃料・生活必需品・医薬品”が不足している問題!原発事故を受けて増える避難者の数!

東北地方太平洋沖大震災の甚大で深刻な被害を受けて、日本各地から続々と『食糧・水・毛布・衣類』などの支援物資が被災地・避難所に向けて送られているが、現地まで運ぶ輸送路が寸断されていたりトラック輸送に必要なガソリンが不足していたりということで、円滑な運輸が行えない状態にあるようだ。宮城県・福島県・岩手県などの地域に救援物資が届いているのに、避難所の人たちの元にその物資を届けられないというもどかしい状況が続いている。

食糧や水、毛布などの救援物資は十分な量に近いほど集まっているのに、物流網が遮断されていたりトラックのガソリンが無かったりということで届けられないという『運輸の停滞状況』を政府や地方自治体、企業の協力によって一刻も早く改善しなければならない。東北地方の避難所では真冬並みの厳しい寒さが続いていて、灯油が足りなければ暖房をつけることができず、相当な寒さに耐えて時間を過ごさなければならない。避難所の被災者たちができるだけ『寒さ・飢え・物資欠乏の不安』を感じないで済むように、国は総力を挙げて『避難所・被災地までの輸送物流網』を回復して欲しいと思う。

被災地周辺でガソリン不足に陥りトラックが自由に動かせない理由のひとつとして、『高速道路・東北道の通行規制』があり、石油を搭載した大型タンクローリーがなかなか通行できず許可を得るまでに時間がかかるということがあった。

続きを読む

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。