--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.1803:22

被災地(避難所)へ物資を運ぶための『ガソリン不足』で、“食糧と水・燃料・生活必需品・医薬品”が不足している問題!原発事故を受けて増える避難者の数!

被災地(避難所)へ物資を運ぶための『ガソリン不足』で、“食糧と水・燃料・生活必需品・医薬品”が不足している問題!原発事故を受けて増える避難者の数!

東北地方太平洋沖大震災の甚大で深刻な被害を受けて、日本各地から続々と『食糧・水・毛布・衣類』などの支援物資が被災地・避難所に向けて送られているが、現地まで運ぶ輸送路が寸断されていたりトラック輸送に必要なガソリンが不足していたりということで、円滑な運輸が行えない状態にあるようだ。宮城県・福島県・岩手県などの地域に救援物資が届いているのに、避難所の人たちの元にその物資を届けられないというもどかしい状況が続いている。

食糧や水、毛布などの救援物資は十分な量に近いほど集まっているのに、物流網が遮断されていたりトラックのガソリンが無かったりということで届けられないという『運輸の停滞状況』を政府や地方自治体、企業の協力によって一刻も早く改善しなければならない。東北地方の避難所では真冬並みの厳しい寒さが続いていて、灯油が足りなければ暖房をつけることができず、相当な寒さに耐えて時間を過ごさなければならない。避難所の被災者たちができるだけ『寒さ・飢え・物資欠乏の不安』を感じないで済むように、国は総力を挙げて『避難所・被災地までの輸送物流網』を回復して欲しいと思う。

被災地周辺でガソリン不足に陥りトラックが自由に動かせない理由のひとつとして、『高速道路・東北道の通行規制』があり、石油を搭載した大型タンクローリーがなかなか通行できず許可を得るまでに時間がかかるということがあった。

経団連の米倉会長は『タンクローリーの編隊を組んで高速道路の給油所に運べば、輸送が円滑に行われる』という指摘を行ったが、野党の交通規制批判も起こり、警察庁は16日夕には東北道などの『緊急交通路』の許可手続きを簡素化する決定をしている。ガソリンを運ぶ大型タンクローリーは、警察署での検査をパスすることができ、インターチェンジでの検問だけで許可証を受け取れるようになっているので、今後は被災地へのガソリン供給が増えてくると思われる。

日本各地で震災被害によって物資供給が減るのではないかという不安から、必要以上に食糧・燃料・防災用品を買い込む『買い溜め』の問題が起こっているが、日本の物資・ガソリンは量的には十分な供給力を維持しているので、必要以上のものを独占的に買い溜めしないことが大切である。実際にはモノや燃料が不足していないにも関わらず、『無くなるかもしれないという不安』が集団心理で共有されてしまうと、みんなが大量の買い込みをして店頭から商品が売切れてしまう。店頭に商品がない状態を見た人たちが、『本当にモノが減っているのではないか』と判断してしまい、更に買い溜めに走るという悪循環が起こっているのだろう。

石油会社が備蓄しているガソリンの在庫は日本全体の需要量から計算して『87日分(3637万キロ・リットル)』にも及ぶものであり、ガソリン自体が短期間で不足して困るというような状況にはない。問題になっているのは、『ガソリンの量』は十分にあるが『必要な地域への輸送手段』に困難が生じているということであり、これはガソリンだけではなく食糧・毛布・医薬品などの救援物資でも同じ事情を抱えている。

福島第一原発における『使用済み核燃料プールの高温化・放射能漏れリスク』を恐れて、福島県から更に大勢の人たちが周辺の県・地域の避難所に押し掛ける危機的な事態も生まれており、避難者数は16日夜の時点で約43万人にもなっている。メルトダウンが懸念される原発から半径20~30キロ圏にある福島県川内村は、約5千人の住民全員が村外に避難することを決定して、16日に同県郡山市へ避難のための移動を行っている。更に栃木県にも16日夕までに1千人を超える人々が、原発事故の起こった福島から栃木県内の避難所まで移動してきたという。

関連記事

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。