--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.0109:36

初回のドラマ視聴率は『JIN‐仁‐』が23.7%で圧倒的なトップに!『BOSS』『遺留捜査』『幸せになろうよ!』が続く!

初回のドラマ視聴率は『JIN‐仁‐』が23.7%で圧倒的なトップに!『BOSS』『遺留捜査』『幸せになろうよ!』が続く!

2011年4月期の新ドラマが次々にスタートしていますが、4月27日までの初回平均視聴率では、大沢たかお・綾瀬はるか主演のSF医療時代劇の『JIN-仁-』(TBS系毎週日曜午後9時)が23.7%(ビデオリサーチ調べ)で圧倒的なトップになっています。『JIN‐仁‐』は現代の脳外科医・南方仁(大沢たかお)が幕末にタイムスリップして、武家の娘の橘咲(綾瀬はるか)や元花魁の野風(中谷美紀)、現代に残してきた恋人(中谷美紀が二役)との恋愛の葛藤を経験したり、現代の医学知識を駆使して病人・怪我人を救うといったストーリーですが、過去の英雄や偉人と遭遇してやり取りをするという構成が歴史好きには堪らないものがあります。

『JIN‐仁‐』は村上もとかの原作をいろいろとアレンジしたりもしているようですが、歴史SFで登場人物の心情や個性が掘り下げられているので、どんな年代の人が見てもそれなりに楽しめる歴史医療SFドラマに仕上がっていますね。前作の続編ドラマとしては、『JIN‐仁‐』だけではなくて天海祐希主演の刑事ドラマ『BOSS』もありますが、こちらも初回視聴率は16.3%で4位となってなかなか人気があります。刑事相互の人間関係や過去のエピソードが複雑に入り組んだりしているので、前作から真剣に見ていないと楽しみにくい面もありますが、お笑い的な要素にも力を入れたドラマになっています。2回目の視聴率では、この『BOSS』が『JIN‐仁‐』に続く2位に浮上しています。

初回視聴率2位は、上川隆也主演の刑事ドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系毎週水曜午後9時)で17.0%ですが、これは水谷豊主演の人気刑事ドラマ『相棒』の枠なので、『相棒』を見ていた視聴者層を引き続き維持しているのかもしれません。3位は、SMAPの香取慎吾・黒木メイサ主演の月9ドラマ『幸せになろうよ』(フジテレビ系毎週月曜午後9時)で16.4%となっていますが、これはここ最近ブームにもなっている婚活・晩婚化などをテーマにしたドラマですね。

5位になっているのは、相武紗季・速水もこみち主演のコミカルなラブコメディー『リバウンド』(日本テレビ系水曜午後10時)で14.3%ですが、これは相武紗季が肥満体になる特殊メイクを施していることで話題を呼んでいるドラマで、ダイエット失敗によるリバウンドを乗り越えて意中の男性に好かれようとする女性の努力をテーマにしているみたいです。吉瀬美智子が生徒に体当たりで指導する熱血教師役を務める『ハガネの女Season2』(テレビ朝日系毎週水曜9時)は初回視聴率は9.3%でそこまで伸びなかったみたいですが、佐々木蔵之介主演の刑事ドラマシリーズ第4弾『ハンチョウ~神南署安積班』(TBS系毎週月曜午後8時)は13%でまずまずの人気となっています。

話題作になっているドラマには、子育て中の母親たちの複雑な人間関係と心理的葛藤を描いた杏主演の『名前をなくした女神』(フジテレビ系毎週火曜午後9時)というのもありますが、陰湿な主婦同士のバトルや子どもを通したプライドのぶつかり合いがテーマになっているとか。阿部サダヲ・人気子役の芦田愛菜主演の『マルモのおきて』というホームドラマも、視聴率11.4%で人気になっているようですが、『JIN‐仁‐』が歴史SFという異色の作品になってますが、今クールのテレビドラマは刑事ドラマが多い印象がありますね。

関連記事

テーマ : 新ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。