--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.0603:09

小学生のカリスマ橋本甜歌が初DVD「ひこうきぐも」を発売!芸能界の若年化!

最近の芸能界の低年齢化は、SPEEDやモーニング娘。の登場以降、著しいものがありますが、橋本甜歌(はしもとてんか)ちゃんという12歳の小学生タレントが大ブレイクしているようですね。

小さな子どもが芸能人として大活躍するのは、子どもにとっては早い段階で自分の夢が叶えられるし、親にとっても高額所得が約束されるので『夢の実現』という意味では素敵なことですね。

その一方で、教育や性道徳に関係する経済活動の問題として考えると、性対象の低年齢化の促進や子どもの本業である勉学の軽視につながるのではないかという心配もあります。

とはいえ、今の時代、『真面目にこつこつ勉強すれば必ず幸せになれる』という勤勉な教育道徳を論じるのが難しい時代といった印象があって、歌やファッションばかりにうつつを抜かさずに勉強しなさいというのが正しいかどうかも疑問な部分があります。

経済活動の場では、勉強能力にプラスアルファがないとなかなか良い仕事ができませんし、自分の特技や長所を生かして経済的利潤を得られるならそれに越したことはないわけです。

小倉優子とか実年齢と見た目や言動のギャップが激しい人もいて、皆の注目や羨望を集めたい子ども達にとって芸能界は理想の職場なのかもしれませんね。

学歴主義も弊害が大きいけれど、一切の教養や知識を放棄しちゃうというのも極端ですので、芸能界に憧れる子どもも両方のバランスを取りながら頑張って欲しいなと思います。

しかし、ゆとり教育の失敗の歴史をはさんで、今は、勉強が得意な子と早い段階で勉強への興味を失ってお洒落とか恋愛の方向にいっちゃう子とに二極分化している状況にあるそうですね。

昔は、お洒落なファッションの方向ではなくて、ヤンキーや暴走族といった反社会的な方向に逸れていってたので、今の色気のある脱線のほうが良いといえば良いのかもしれませんが。

親の子どもに対する教育観や教育投資への力の入れようなんかも関係してくるのでしょうし、芸能人とかスポーツ選手とかになれる特殊な才能がある子なら勉強なんて何もしなくても大丈夫という考えも分からないではないですが。

まぁ、一応、高額所得を得られる特殊な職業から脱線したときのために、お勉強方面でもある程度頑張っておけば、人生の保険があるようなもので心強いとは思いますけどね。

学校の教師とか公務員とか、学生時代にはそれほど魅力的ではなくても、大人になると結構安定してていいなと思える職業もあるから難しいですね。

子ども達のアイドルとして見られる分には問題ないのですが、やはり、モー娘。が好きな人に30代以上の年齢層の男性がいるように『子ども達向けだけのアイドル』というのは成り立ちにくいし、アイドルの写真集やDVDなどのマーケティングを考えると基本的にある程度恋愛感情や性を意識しだした層を狙い打ってきますから……(苦笑)

しかし、『芸術性とエロスの境界線の確定』がフィギュア・スケートでも難しいように、色々な芸術領域の美しさは異性への欲望みたいなものと無関係ではないから難しいですね。

それはそれとして、普通の芸能トークに戻りましょう(^^;)

僕も、橋本甜歌という女性(名前だけでは小学生の女の子というのは分からないので女性)がどんな人か全く知らなくて、雑誌のグラビアランキングの上位にこの名前があって『難解な名前のアイドルがまた出てきたもんだな』くらいにしか思ってなかったのですが小学生だったとは驚きです。

『甜』という文字は、花粉症とかアレルギー性鼻炎とかの免疫疾患に効果があると言われる甜茶(てんちゃ)の甜という字なのでしってましたけどね。

この甜茶、紅茶っぽい風味で微かな甘みがあって、結構美味しいんですけど僕は花粉症の苦しみとは無縁の人間なので、本当に効果があるのかどうかは分かりません。アレルギーはあるんですけど、そっち方面の効果は顕著ではなかったですね。

橋本甜歌ちゃんは、NHKの教育番組「天才てれびくんMAX」で、子供たちから圧倒的な人気と支持を集めたようで、テレビだけでなく子ども向けの雑誌やファッション誌などで大活躍のようです。

“小学生のカリスマ”の2・14は?橋本甜歌が初DVD発売

NHK教育「天才てれびくんMAX」で子供たちから大人気の小学生タレント、橋本甜歌=てんか=(12)が4日、東京・秋葉原のヤマギワソフト館で初DVD「ひこうきぐも」(ポニーキャニオン、3990円)の発売記念イベントを行った。

石原さとみ(19)を輩出したホリプロ・インプルメント・アカデミーの生徒で、栃木県からレッスンやテレビ出演のたびに上京する頑張り屋。14日のバレンタインデーについて「本命チョコを(好きな男の子の)下駄箱に入れたいな。今から心臓がバクバクしています」と“乙女心”を見せていた。

初DVDの「ひこうきぐも」では、セクシーショットも見せたということで、秋葉原のショップで萌え~な発売記念イベントを行ったとか…。いやあ、まだまだ、お兄さんやおじさんのカリスマになるのは早いので、やっぱり小学生や中学生のカリスマとして甜歌ちゃんには頑張ってもらいたいですね。

関連記事

テーマ : U-15アイドル
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。