--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.0523:46

インターネットでの異性との出会いは、“出会い系”よりも“mixi”で!SNSから始まる恋愛に「ありえる」が6割を超える!

一昔前までインターネットで『異性との出会い・恋愛の機会』を求める場合には、出会い系サイトやメル友募集BBSなどを使うのが一般的でしたが、出会い系サイトの利用やバーチャルから始まる恋愛関係に偏見を持っている人も少なくありませんでした。

出会い系サイトやBBSでの出会いに関してリスクが高いと思われやすいのは、『全く知らない他人と文字・写真・電話だけのやり取りで会うことになってしまう』ところだと思います。反対に、ネットを利用したバーチャルから始まる恋愛関係のメリットというか面白いところは、『日常生活の範囲内では絶対に知り合えない相手と出会うことが出来る』『居住地・職業・年齢などにこだわらず恋愛のチャンスが得られる』という部分にあるでしょうね。

更に、はじめは顔の見えない文字のコミュニケーションから始まるので、『容姿・スタイル・外見によって話す前の段階から拒絶されることが少ない』というメリットもありますが、写メールなどであまりに写りの良い『奇跡の写真』を送ってしまうと会ってからの印象が悪くなるというデメリットもあるので注意が必要かもしれません。現実世界での出会いとネット世界での出会いの最大の違いは、『ネットのほうがリアルよりも出会える相手の範囲が幅広い。相手の内面や趣味についてお互いに十分理解し合える可能性がある。相手のビジュアルの要素が得難いのでネットとリアルの印象がかなり食い違っていることもある』ということかもしれません。

ネットで感じる異性の魅力や人気は、『相手に合わせた楽しい話題の豊富さ。相手の話を聴く態度。知識や教養をうまくその場にふさわしい話題に変える応用力』などにあるので、リアルでモテモテなかっこいい男性やかわいい女性でも話が面白くないともてにくいというような逆転現象もあるでしょう。まぁ、最近はウェブカメラを使ったテレビ電話がメッセンジャーなどで無料で提供されているので、ネットで知り合っても動画を使って会話することも可能なのでビジュアルが無関係なわけではないとは思いますが。

それはそれとして、以前は不信感や偏見を持たれることの多かった『ネットでの出会い』が、mixiのようなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の登場で劇的な変化を遂げているようです。アイシェアが実施したSNSに関するアンケート調査によると、『自分がSNSに依存しているという自覚がある人』が42.5%にも上り、一日に10回以上もSNSにログインする人が12.2%もいるとのことで、SNSが日常生活の一部になってしまっているユーザが少なくないことを示しています。

何故、一日に10回以上もアクセスしてしまうのかの理由についてアイシェアでは、『今は音信不通になってしまっていた旧友との再会』『趣味があるマイミクとの交流(これは依存性や義務化に陥る危険性もありですが)』を挙げていますが、それ以外に『新たな異性との恋愛への期待』という感情をSNSに持っている人も少なくないとしています。

SNSから始まる恋愛「ありえる」が6割以上--アイシェア調査

mixiなどSNSへの依存性が高く頻繁に利用する人ほど、オフ会(オフライン・ミーティング)というリアルでの集団会合(飲食や娯楽などの集まり)に参加する割合が増えるということです。そして、『SNSから始まる恋愛がありえると思うか』というネット恋愛に関するダイレクトな質問に対して、66.1%(1日10回以上ログインするヘビーユーザでは82.5%)が『ありえる』と答えています。

何故、出会い系には抵抗感がある人が多いのに、mixi(SNS)から発展する恋愛ならばOKの人が多いのかという質問もあるかと思いますが、それは『友達の友達の位置にいるような異性のほうが、誰とも知り合いでない全く知らない異性よりも安全で信頼できる』という考えが働くからであり、『何度か集団のオフ会で交流して相手の人間性や価値観を確かめてから恋愛に発展させられる』からですね。

いきなりメールで知り合って二人きりでドライブのデートなどをするのは、女性にとってはよほどの覚悟がないと危険ですが、友達と一緒にオフ会に参加するのにそれほど大きな決断や覚悟は必要ないという理由もあります。

何より『友達の友達の知り合い』というような遠い関係の異性であっても、誰かがその人と友人関係を持っていることで危ない振る舞いをしないだろうという良い方向での予測が生まれます。友達の知り合いだから絶対に安全で常識のある人とは限らないわけですが、仮にしつこくつきまとうような行為をとってきても、友達の誰かが仲裁に入ってくれるだろうという安心感や信頼感が働きやすいですよね。

『全く知らない他人よりも何らかの人間関係でつながっている他人のほうが信頼できる』という人間の一般的傾向が、『mixiでの出会いや恋愛』に肯定的な人が多い一番の理由だと思います。

うーん、仕事関係でもソーシャルネットワーキングが増えていますが、恋愛や結婚というような関係でもソーシャルネットワーキング(知り合いの知り合いの知り合いの……という人間の輪の拡大)が大きな役割を果たすようになるのかもしれないな。

関連記事

テーマ : ネット恋愛
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。