--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.2814:56

相武紗季主演のスペシャルドラマ『Happy!』の続編が今冬に公開!小倉優子が濱口優との恋愛報道で人気低下のピンチ!

今年冬に、相武紗季が主演するスペシャルドラマ『Happy!』の続編が公開!

速水もこみちと共演しているテレビドラマ『レガッタ』では、なかなか視聴率が稼げず苦戦している相武紗季ですが、ミスタードーナツやオートバックス、グリコ、パイロットなど各種のテレビCMで高い好感度を得ていて、今後もドラマやCMの仕事は多く入ってきそうですね。今年の初めには、劇場版アニメの「まじめにふまじめかいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん」でヒロイン役の声優を相武紗季が演じ、「超劇場版ケロロ軍曹」の声優を新垣結衣が演じて話題になったりもしました。

キムタク(木村拓哉)が宮崎駿アニメの『ハウルの動く城』で声優を演じたことは記憶に新しいですが、結構、著名な芸能人(声優も広義では芸能人ですが)の多くがアニメ映画の声優をこなしているので、相武紗季も女優・声優・CMと幅広い分野で仕事をこなしていく中で成長していきそうですね。この間放送されていた『アテンションプリーズ』では、今最も人気が高いと言われている上戸彩に負けず劣らずの存在感で相武紗季が共演していましたが、次は、上戸彩の『アタックナンバー1』のスポコン(スポーツ根性もの)ドラマと張り合うような『Happy!2』(仮題)に相武紗季が主演するようです。

相武紗季:ドラマ「Happy!」今冬に続編

相武紗季(21)主演で4月にTBSで放送されたスペシャルドラマの続編「Happy!2(仮)」が今冬放送される。「Happy!」は浦沢直樹さんのテニス漫画が原作で、4月の放送は平均視聴率14・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を獲得。今回は相武演じる主人公の幸(みゆき)が「USオープン」大会を目指すストーリー。

相武は「幸の成長を楽しみにしてください」。ライバル・蝶子役の小林麻央(24)は「撮影に向けてまたテニスの練習に励みます!」と語っている。共演は笑福亭鶴瓶(54)宮迫博之(36)ら。また、TBSラジオで10月から「相武紗季のハッピータイム!」がスタートする。

この浦沢直樹さんの人気漫画が原作となっている『Happy!』のドラマは、既に4月に放送されていてその時の主役も相武紗季だったのですが、平均視聴率が14.1%もあったというのは驚きですね。こういったスポーツもののドラマは、それほど視聴率が伸びないことが多く、上戸彩の『アタックナンバー1』でもそれほど視聴率は高くなかった気がしますが、これも相武紗季の人気に比例するものなのかな。

テニスの漫画は余り読んだことがないですが、実際の大英オープンとかウィンブルドンとかのテニスの試合は見ていると意外に面白くてはまりますね。僕が以前見たときは、ロシアのマリア・シャラポワがマルチナ・ヒンギスに負ける試合でしたが、あれはもう一年くらい前だったような……。『Happy』の続編は冬頃に放送されるそうなので気になる人は、チェックしておいてくださいね。

ゆうこりんこと小倉優子が熱愛報道でピンチ!

先日、お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(34)との熱愛デートの現場を、女性誌にフォーカスされてしまった小倉優子(22)ですが、今までコリン星出身の不思議な美少女キャラで通してきたゆうこりんだけに今回の熱愛報道のダメージは大きいと見られています。お相手の男性がお笑い芸人の濱口優というのは、人気のジャニーズやイケメンの俳優よりかはいいのかもしれませんが、小倉優子の写真集やDVDを買ってくれるディープなファン層に与えたダメージは大きいでしょうね。

会見打ち切りの小倉優子がピンチ

お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(34)との熱愛を女性誌にスッパ抜かれた小倉優子(22)がピンチだ。ロリ系キャラが売りの小倉にとって熱愛発覚だけでもイメージがガラガラだが、記者会見でこのことを聞かれて途中で打ち切ってしまった対応のまずさが今後、響きそうだ。深刻なのはファン離れ。その多くは秋葉系オタク層で、今回の騒動で一気に彼らの熱が冷めてしまう可能性も大。

やはり、小倉優子を含む若いグラビアアイドルの魅力の一つというのが『現実離れした想像力で楽しませてくれるキャラ』『男性への興味を表に出さない処女的なイメージ』にあるので、現実に彼氏がいたり好きな男性がいるというのがあからさまになるとファンは離れやすいような気はします。

まぁ、小倉優子の場合には、普段から男性に対して積極的なアプローチを掛けるようなタイプではないようで、濱口優のほうがファンだったゆうこりんに対して徹底的に押していったということのようですが……。年齢差が12歳というのは羨ましいような気がしないでもないですが、濱口優も野生的な『とったど~』の自給自足キャラを売りにしながら、影ではなかなか巧みに小倉優子にアプローチを掛けていたのかもしれませんね。

記者会見の場面で、濱口優との関係についての質問をされた小倉優子サイドは、会見を強引に打ち切って質問には一切ノーコメントを通したわけですが、若しかすると、小倉優子の商品価値の損失を最大限回避するために『良いお友達』という方向でうまく話がまとまっていくのかもしれません。うーん、ゆうこりんもあんな不思議キャラを作ってはいますが、テレビのないところでは、恋愛感情や遊びの欲求を持つ普通の女の子なのでしょうし、恋愛関係や異性との交遊に興味がない振りをし続けるのも大変といえば大変だろうなと思います。

簡単に恋愛を楽しめないというのが、若手アイドルの宿命でもあるのですが、その代わりに大きな収入や人気が得られるわけですから難しい問題ですね。歌とか演技とか司会とかの面で特別の存在感や才能があれば、恋愛報道だけで人気が完全になくなるということもないのでしょうが……。

関連記事

テーマ : ☆女性アイドル☆
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。