--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.1000:31

大切な預貯金を「不正な預金引き出し」から守る「預貯金者保護法」が施行!

ネット銀行にせよ、実際の店舗型の銀行にせよ、大切な預金を預けた場合に一番怖いのは、様々な悪質な手段による『不正引き出し』ですね。

しかし、10日から偽造・盗難キャッシュカードによる預金不正引き出しの原則全額補償を金融機関に義務付ける『預貯金者保護法』が施行されるので、自分によほどひどい過失がない限りは預金が保護されるようになります(^^)

本人に特別な落ち度がないのに、銀行のセキュリティの甘さによって預金が不正に引き出された場合や極めて高度な技術や悪質な手段によって、預金を盗み取られることをどうしても抑止できない場合には保障されて当然だと思いますので、この法律が施行されて良かったと思います。

ただ、以下のような場合には、補償額が減額されたり、ゼロになったりするのでご注意を!

カード被害を原則全額補償=預貯金者保護法、10日施行

カードの暗証番号に生年月日や電話番号などを使った上、免許証などと一緒に携帯して被害に遭うなど、預金者側に落ち度が複数認められると、補償額は例外的に25%減額される。カードに暗証番号を裏書きするなど重大な過失の場合、偽造被害を含め補償はゼロとなるので、注意が必要だ。

ちょっと不正な預金引き出しの詐欺のパターンについて書いてみますので、皆さん、大切な預金を失わないようにしっかりと警戒感を高めて、セキュリティを固めてくださいね。

最も古典的な不正引き出しの方法は、ATMなどで現金を下ろしている場面を後ろから盗み見てからカードをするという方法ですが、この被害に遭う人は基本的に高齢者か余ほどすりをしやすい感じの人に限られるでしょう。

あとは、空き巣に入って銀行カードやキャッシュカードを盗んで、誕生日や電話番号など適当な番号を打ち込んでみる窃盗犯もいるでしょうが、これもセキュリティ上の問題としてはそれほど危険率の高いものではないかもしれません。

如何にも裕福そうな豪邸や高級マンションに住んでいる人や資産家などの家は狙い撃ちされる可能性もありますので、空き巣リスクが一般に低いとは断言できませんが、一般の人が遭遇する確率はそれほど高くはないと推測されます。

後は、キャッシュカードの暗証番号などの情報を、お店の店員が不正に抜き取るフィッシングの詐欺などもあります。

しかし、今、若い人たちも含めて一番大きな預金喪失のリスクは、『ネットバンクにおける預金の不正引き出し』で、不正なコンピューター・プログラムをパソコンに忍び込ませて口座番号と暗証番号の情報を抜き出すというものです。

口座番号と暗証番号を盗まれた場合に、そのまま一回だけ不正引き出しされるだけならまだましですが、悪質なものは長期間、本人になりすましてドンドンと預金を他の口座(不正売買で取得した匿名口座)に振り込んでいきます。

俗にスパイウェアと呼ばれるプログラムをウェブサイトやダウンロードコンテンツに仕込んでいる悪質なハイテク犯罪者がいて、そういった犯罪グループの手法は非常に巧妙で事前に予防するにはセキュリティソフトのセキュリティレベルを高く設定してファイアウォールの守りを強めるなどの対応をとるしかありません。

スパイウェア被害の実際の例は、以下の記事に詳しいです。

「防ぎようがなかった……」、ネット銀不正引き出しの被害者語る

危険そうなウェブサイトに近づかない、メールの添付ファイルは決して開かない、迂闊に怪しげなコンテンツをダウンロードしない、毎日一回はウイルスチェックをしてみる、といった対応が大切ですね。

関連記事

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど。
実際の問題が非常に簡潔にわかりやすく書かれていて、とてもためになりました。
2/10施行となると、もう今日からですね。
これで被害者救済の道が出来た事は嬉しく思います。
あとはこの法案が悪質な利用のされ方をしない事を祈るばかりです。

すがるとさん、コメントどうもです。

ほんと気づけば日付が変わって今日は10日ですね。「預貯金者保護法」が施行される以前に、不正なスパイウェアなどの被害に遭った方は災難だと思います。

犯罪者は犯罪者で必死にサバイブしているのでしょうが、まっとうに働いて得た収入を不正に詐取されるのは腹立たしいのでやはり最大限の自己防衛をすると同時に、法的な保護も必要だと思います。

確かに、知能犯と呼ばれる技術的な手段や方法を駆使する犯罪集団は、法律の裏をかいてくるので、法が施行された後もしっかりした監視と警戒が必要でしょうね。
スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。