--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.2609:13

太田在がホリエモンとの交際をブログで否定!ライブドア事件、伊地知晋一証人の回答で法廷に失笑!

ホリエモン、太田在との交際否定報道の直後に、裁判所で「タイムリーな女性問題」の質問で笑い!

証券取引法違反の容疑で始まったライブドア事件ですが、最近は、堀江貴文被告(33)への注目度が落ちて傍聴席も抽選なしで座れるようになったようですね。10月25日に第18回公判が開かれましたが、検察側証人として出廷した伊地知晋一氏への検察側の質問『堀江被告の尊敬できない部分は何処ですか?』で、裁判所には珍しい爆笑というか失笑が起きたということです。伊地知晋一氏は、現在はライブドアを退社していますが、元副社長でホリエモンが最も経営資源を集中させようとしていたメディア事業部門の担当執行役員でした。

ライブドア副社長として働いていた時代には、伊地知晋一氏は、堀江貴文被告と個人的な友人関係を親しく持っていて、社長室長として隣の机で仕事をしていたので、まさに側近中の側近の一人といえるでしょう。

先ほどの『堀江被告の尊敬できない部分は何処ですか?』という質問に対して、伊地知氏は『女性関係かな』と即答し、裁判所が笑いに包まれ堀江被告本人も苦笑いを浮かべたということですが……ホリエモンはライブドアの全盛期にも華やかな異性関係で自由恋愛を謳歌していましたが、逮捕後も結構、自由な時間とお金を使って女性関係を楽しんでいるようですね。

尊敬できないところは ホリエモンの女性関係…かつての側近がLD公判で供述

伊地知氏は検察側の尋問で、堀江被告の尊敬できない点を聞かれると「女性関係かな」と即答。法廷内は爆笑に包まれ、ホリエモンも苦笑いを浮かべるほかなかった。さらに「今、どういう気持ちでいるのか。判決がどうであれ、これだけの事件に対し反省がなければ、尊敬はできない」と最後通告を突きつけた。

しかし、少し前に報道されていたモデル出身のタレント太田在さん(23)との交際は誤りであったようで、太田在さんご自身がブログの記事で明確に否定していますね。

ホリエモンとは深い付き合いや恋愛関係などでは全くなく、単なる知り合いで何度か一緒になる場面があっただけということのようです。とにかく一緒に食事や散歩などをしている場面を撮られると芸能記事では熱愛報道になってしまいますから、タレントやアイドルの女性は食事やドライブもなかなか気軽に行けず大変だなと思います。

ライブドア事件の裁判はのらりくらりと進展していますが、一般紙の記事では、ライブドアの元社長の堀江貴文被告と元最高財務責任者の宮内亮司被告との間に、感情的な確執に近いものがあったのではないかと伝えられていますね。そういった報道内容から感じられたのは、堀江被告と宮内被告とは、気の置けない親友といえるほどの友人関係ではなく、内心では敵対心や抵抗感のようなものをお互いに持っていたんだなという事でした。どちらかというと、何でも話せて信頼できる友人というよりは、ビジネスの利益を追求する為に都合の良い戦略的パートナーといった感じだったのでしょう。

堀江貴文氏からすれば、宮内亮司氏は企業財務や会計実務に強くて、証券市場の取引の裏技にも精通している頼りになるパートナーだったとは思いますが、何処か自分のことを尊敬せずに軽視しているという不快感のようなものを抱えていたように思います。宮内氏は、本人の目の前やマスコミなどが見守る公的場面では、堀江被告のことを「社長」や「堀江さん」と読んでいたものの、堀江氏がいない場所や社員同士が話す場面では「堀江」と呼び捨てにしたり、「堀江は客寄せパンダの広告塔」と揶揄することも少なくなかったということですが……。

相手を呼び捨てにすることが返って、相手への親近感や信頼感を表現している場合もあるので、「名前の呼び方」だけでは相手のことをどう評価しているかは分かりませんが、お互いに仕事面では役に立つけど、プライベートでは気が合わないなと感じる場面は多かった印象は受けますね。二人は逮捕後すぐに正反対の証言を検察にして、裁判での対立を決定的にしましたが、逮捕以前から何処か折り合いの悪い部分や相手を受け容れ切れていない部分があったのかもしれません。

社内でも漠然とではあるが、堀江派と宮内派の派閥に分かれている雰囲気があったという証言も出ているようなので、今後、仮に二人が実刑を受けなかったとしても、ビジネスパートナーに戻る可能性はなさそうです。うーん、ライブドア事件を見ると、『平家物語』の平氏没落に漂うような諸行無常の理を感じずにいられませんが、堀江貴文氏の座右の銘も諸行無常というのは皮肉ですね。

関連記事

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。