--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.0512:49

関ジャニ∞の新曲『関風(カンフー)ファイティング』の初回出荷数が45万枚で大ヒットの予感!キンキキッズの『Harmony Of December』が初登場1位で、ギネス記録更新!

ジャニーズ事務所が今一番売り込みに力を入れているのは、亀梨和也を筆頭に若者の絶大な人気を惹きつけているKAT‐TUNでしょうが、関西ジャニーズJr.から8人のメンバーが選抜された関ジャニ∞(かんじゃにエイト)も地道に人気を高めながら頑張っていますね。東京圏の若手ジャニーズのトップがKAT‐TUNだとすると、関西圏のジャニーズで最も高い知名度を誇るのが関ジャニ∞ですが、特に、錦戸亮はトレンディ・ドラマや恋愛ドラマへの出演経験も多く知名度も高いですね。

沢尻エリカと共演していた『1リットルの涙』や相武紗季と一緒に演じていた『アテンションプリーズ』をちょこちょこと見ていましたが、錦戸亮はかっこいいクールな学生の役柄や誠実でまじめな青年のエンジニアを演じていました。主演に近い立場でドラマでも活躍していける素材なので、今後は歌手としてだけでなく俳優やタレントとしても出演のチャンスが多くなるのではないかと思います。

錦戸くん以外にも、横山裕や内博貴、渋谷すばる、村上信五など個性的なメンバーが揃っている関ジャニ∞ですが、彼らが13日にリリースすることが決まっている5枚目のシングル『関風(カンフー)ファイティング』の初回出荷枚数が急激に増えて凄いことになっているようです。

関東の東京圏の歌手だと所属レコード会社は、エイベックスやソニー、ビクターといった大手が多いのですが、関ジャニは、昭和9年に創立された長い歴史のある老舗レコード会社・テイチクエンタテイメントからCDを発売しています。関ジャニは、所属レコード会社『テイチクエンタテインメント』の歌謡曲・演歌部門で、最多の記録となる45万枚を初回に出荷するそうです。

関ジャニ∞初回出荷45万枚!テイチク最多、人気は無限大!

関西出身の人気グループ、関ジャニ∞(エイト)が13日にリリースする5枚目のシングル「関風(カンフー)ファイティング」の初回出荷枚数が、所属レコード会社「テイチクエンタテインメント」の歌謡曲・演歌部門で昭和9年の創立以来最多の45万枚となることが3日、分かった。

同社所属だった故三波春夫さんの「東京五輪音頭」(昭和39年)と「世界の国からこんにちは」(同45年)の初回出荷約40万枚を超える快挙。

関ジャニ∞はこの日、全国ツアー2006の第2弾となる福岡公演をマリンメッセ福岡で開催。初披露の新曲「関風ファイティング」を含め全23曲を熱唱し、1万人のファンを魅了した。ツアーは2日に同会場でスタートし、29日まで全国6会場20公演で23万人を動員する予定。

テレビでの出演頻度がそれほど多くないので、関ジャニ∞のCDセールスの影響力は分かりにくいのですが、初回出荷数が45万枚ということは完売すれば、オリコンで3位以内くらいには確実に入りそうな勢いですね。関ジャニのコンサートの動員数というのも先輩のジャニーズに並ぶほどに多くて、20公演で23万人を集めるというのはアーティスト全体の中でもかなり動員数が多いと思います。

何故だか理由は分かりませんが、今年の関ジャニのコンサートは本拠地・大阪での公演がなかったということです。大阪のファンの前で歌えなかったことを踏まえて、村上信五(24)は「今年得たものを大阪の皆さんに見てらいたい」という来年の抱負を語っています。横山裕(25)も「(今後は)ソロ活動も行って、コンサートなど皆で集まった時に大きくなれれば」というメッセージを寄せていて、来年からはソロ活動の分野でも活躍の場を広げたい希望を明らかにしています。

少し意外に感じたのが、かなり昔から活動していると思っていたので、シングルCDをかなりたくさん発売しているのかと思ったら、まだ5枚しか出していないということでした。いずれにしても、初回出荷数を考えると、『関風ファイティング』は今までの楽曲以上に大きな売上げを上げてきそうですね。

KAT‐TUNの話に少し脱線しますが、赤西仁の突然の脱退(休止)宣言によって、KAT‐TUNは暫くメンバーがひとり欠けている状態になりますが、赤西仁が活動休止した後に他のジャニーズのメンバーを補充するというような発表はないようです。元々、デビューしたばかりの頃は、赤西くんは亀梨くんと同じくらいの支持と好感度を持っていたので、暫く留学や休養でのんびり過ごした後に復帰してくれるのが一番いいのでしょうが、今までのジャニーズのグループでデビューしてすぐに休止した事例は殆どないのでどうなっていくのか予測が付きにくいですね。

今、ジャニーズ全体でトップの地位に立っているSMAPにも、初期には森且行(もりかつゆき)というメンバーがいたのですが、オートレースのレーサーに転進してからは芸能界に戻ってくることはありませんでした。ただ、森くんの場合は明確に『芸能界を止めてプロレーサーに転職したい』という意見を言っていたので、海外留学で一時休業を宣言している赤西くんとは状況が違いますけどね。

関ジャニの話題をお伝えしましたが、同じジャニーズ事務所の人気デュオKinki Kids(キンキキッズ)が、11月29日に発売した新曲の「Harmony Of December」で初動売り上げ23.4万枚を記録して、11日付のオリコン・シングルチャートで初登場首位を獲得したそうです。この1位によって、キンキキッズは自身の持っている23作連続首位のギネスブック記録を破り、24作連続首位になりました……うーん、デビュー曲の『硝子の少年』以来、ずっと一回も落ちることなく連続1位の記録を保持していて、発売した曲の全てがオリコン1位になっているのですから、キンキキッズというのは恐ろしく息の長いデュオですよね。これから何処まで記録を伸ばしていけるのかに注目が集まります。

関連記事

テーマ : ジャニーズ
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。