--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.2310:03

auがアールデコ風のデザインを採用したコンセプト携帯『DRAPE(W47Tの姉妹機)』を発売開始!

携帯電話のMNP(番号ポータビリティ制)が始まってから、NTTドコモとau、ソフトバンクで新作の端末が相次いで発売されていますが、今のところ、MNPで一番多くの顧客獲得に成功したのは、KDDIのauのようですね。パケット定額制を利用した場合には、auの月額料金はドコモよりも若干高いのですが、洗練された若者向けのデザインと端末の機種の豊富さ、Lismoの音楽機能などでauのほうが高い人気を集めているようです。

NTTドコモの最新機種903iシリーズであれば、月1,980円で音楽をダウンロードし放題のナップスターに対応しているので、もう少し端末が安くなれば、音楽機能を優先するユーザがドコモに流れてくるかもしれませんが、現状の音楽携帯では、やはり、auのW44KW45Tなんかが売上げを伸ばしているようです。

ソフトバンクもワンセグに対応した最新の薄型機種(911SHや910SH)は、機能も豊富で外見のスタイルもなかなかいいのですが、強引な営業・買収戦略で事業を拡大してくるブランドイメージが余り良くないようです。あと、ソフトバンクの新しいテレビCMはかなり好感度が低いようで、『携帯による仲間はずれ』をイメージさせる点が批判されていますね。皆がソフトバンクの携帯を持っているのに、キミちゃん一人だけが違うキャリアの携帯を持っていて、何となく皆に迷惑を掛けているような気まずい思いをするというシチュエーションはちょっと変えたほうがいいかもしれません。

ちょっとした短時間の連絡のために電話する場合なら、他社の携帯でも無料通話分で十分にカバーできますから、ソフトバンクの音声通話の定額制をアピールすることにもなりませんし、もっと『仲の良い恋人とか親友とかと何時間話しても大丈夫』みたいなポイントを強調すべきでしょう。普通に考えて定額無料制が魅力になるのは、余程電話をハードに使いこなす営業をしている企業か、余程仲が良くていつでも会話をしたいというカップルくらいしかいませんからね。大人になると友達との間で、毎日何時間も電話をするというのは考え難いですし、結婚すると帰ってくれば幾らでも話す時間はあるので電話で何時間も話す必要がありませんので、ゴールドプランの需要がある年齢層は、どちらかという大学生・高校生・新社会人(未婚者)のような若い層かもしれません。結婚していて毎日3時間とか電話かけていたら、それはそれで、一体あんたは何処に毎日かけ続けているんだという喧嘩の原因にもなりそうな気がします(w)

後、無料で話せる時間帯に制約があるというのは、ソフトバンクのゴールドプランの魅力を大きく落としますから、プラス1,000円とかで24時間話し放題とかのプランを作ると良いのではないでしょうか。ヘビーに電話を使うユーザであれば、月額5,000円くらいまでの定額制ならば、24時間話し放題というプランを選ぶ可能性があると思います。

今日はauの端末の話をしようと思ってたんですが、auの第3世代携帯電話(3G)の「CDMA 1X WIN」に新ラインナップとして「DRAPE(ドレイプ)」が登場しました。DRAPEは、通常のauのシリーズものの端末とは異なった雰囲気を持つコンセプト携帯ですが、プロデュースしているのはコンセプターの坂井直樹氏です。

ドレイプというのは、『衣類や掛け布の優美なひだ』のことを意味しています。優雅な幾何学的なラインと高級感のある滑らかな質感(つやつやとした輝き)を活かしたアールデコ調のデザインの端末ですが、324万画素のCMOSカメラと、2.6インチのメイン液晶を搭載していますので、見た目のデザインだけでなく、基本的な画面の使いやすさやデジカメ機能も確保されています。以下の記事にあるように、EZwebで利用できるインターネット機能や着うたフルの機能などもしっかりと充実しているようです。

auの第3世代携帯電話の新ラインナップとなる「DRAPE」の発売日が決定

標準で、EZ「着うたフル」、EZ「着うた」、EZ待ちうた、EZ・FM、EZチャンネルプラス、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、安心ナビ、EZニュースフラッシュ、EZブック、EZアプリ、デコレーションメール、Hello Messenger、PCサイトビューア、グローバルエキスパートなどの機能に対応する。

外形寸法は51(W)×24(D)×108(H)mm(折りたたみ時)で、重量は約130g。カラーバリエーションとして「ビクトリアンジェット」「ブロンズ」「シェルカメオ」の3色のモデルが用意される。

DRAPEは、東北、関東、中部、北陸、四国、沖縄の各エリアで22日に、北海道、関西、九州のエリアでは23日より発売開始されているので、ちょっといつもとは違ったauの携帯に機種変をしてみたいなという人は手にとって見てみるといいと思います。NTTドコモにも、DRAPEのようなコンセプト携帯はあったと思いますが、ドコモのSIMPURE(シンピュア)シリーズは名前が示すとおり、シンプルな通話とメールの機能に絞っているので、海外で電話を使えるローミング機能がついているものの機能はあまり豊富ではありません。

DRAPEは、東芝製携帯のW47Tの兄弟機なので、ふだん東芝の端末を使っていて操作方法やメニュー表示に慣れている人は使いやすいと思います。ただし、W47Tに搭載されている携帯で小額決済ができるFeliCa(ドコモのおサイフケータイに相当)の機能は、ドレイプ(DRAPE)にはついていませんので注意が必要です。

関連記事

テーマ : au
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。