--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.1103:18

沢尻エリカや堀北真希らエランドール賞の新人賞受賞!インターネットとマスメディアの情報の違い!

『1リットルの涙』では錦戸亮と共演して、小脳の難病と懸命に戦う美少女役を見事に演じた沢尻エリカさんですが、「2006エランドール賞」(社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会)で新人賞を受賞したそうです。

エランドール賞というのは、一年を通して優秀だったドラマや映画、素晴らしい演技を見せた俳優に送られる賞です。

沢尻エリカさんは『1リットルの涙』で見せた深い感動と勇気を与えてくれる演技が評価されての受賞。それ以外に新人賞を受賞したのは、『野ブタ。をプロデュース』の堀北真希さん、『大奥~華の乱』の内山理名さん、俳優やタレントとしてブレークしている速水もこみちさんでした。

沢尻エリカさんは、名前が知れ渡る前からグラビアアイドルとしてデビューし、昼ドラなんかにも出演していたのですが、『1リットルの涙』の主演ですっかりメジャーになりましたね。

愛らしい容姿と抜群のスタイルが魅力的な彼女ですが、身長は160センチしかないというのを聞いて意外だなと思いました。

女優としても飛躍的な成長を見せてきた沢尻エリカさんですが、エランドールの授賞式では、大人の男性を釘付けにするような美しくセクシーなファッションで登場してくれたようですね。

エランドールの授賞式には、ひざ上20センチの白のワンピースに黒の網タイツ姿というファッションで登場したそうですが、19歳の年齢を感じさせない妖艶な大人びた雰囲気を漂わせていたそうです。

沢尻エリカ 19歳の妖艶

雑誌モデルや02年にはビジュアルクイーンにも選ばれており、身長160センチながらスタイルは抜群。壇上にひざ上20センチの白のワンピースに黒の網タイツ姿で登場すると、19歳の年齢を感じさせない妖艶(ようえん)さにカメラマンから無数のフラッシュを浴びた。

将来有望な俳優に贈られる栄誉ある賞に「単純にうれしい。(今後)自分が仕事をしていく上で今、もらえることがこれからにつながっていくと思います」と素直に喜んだ。また、14日のバレンタインデーにも触れ、「何か計画は?」と質問が飛ぶと「なんとなくあります。本命?秘密です」とニヤリ。「毎年手作りチョコは作っていますから」と意味深に語り、報道陣をけむに巻いていた。

沢尻エリカさんから話は変わりますが、IT関連やインターネットのニュースを見ながらブログを書いていると、本当に世の中の技術経営とイノベーションの速さとその影響力を感じないではいられない。日常生活の中でIT技術に全く触れないという人やインターネットを殆ど見ないという人もまだまだいるとは思うけど、僕はやっぱりネット内部にある価値ある情報やビジネスチャンスを見逃してしまうのは勿体無いと思う。

テレビでも確かに社会や経済、政治情勢に関するニュースは一通り手に入るけど、インターネットにある情報と違って、それらは一方的に流されるだけの『モノラルで受動的な情報』なんだよね。マスメディアから送られてくる情報を、僕らは受動的に受け取るしかないし、テレビの場合はつけていても真剣に見ているかどうかは分からない部分がある。だから、インターネットのページビューやユニークアクセスとテレビの視聴率を同一平面上で比較する事には意味がないと思う。

考えてみて欲しい。インターネットであなたが見ているウェブサイトやブログのページにある情報は、テレビから流される情報とはその入手方法が全く異なるものだ。

インターネットでは、検索エンジンでクエリを打ち込んで検索結果からサイトを見るか、何処かのサイトのリンクを踏んで他のサイトを見るか、お気に入りやRSSリーダに登録したサイトを見るかといった『自分の意志で選択して情報を得る経路』しか用意されていないんだ。

それが、『一方的に自分の意志や選択と無関係に送られてくるテレビ・ラジオのマスメディア』との最大の違いであり、インターネットにおける『クリックが持つ意味』というのは非常に大きいものなんだ。あなたや僕が、インターネットのリンクをクリックするとき、それは『私はその情報を見たいという主体的選択をした結果である』ということを意味しているんだからね。

さて、IT関連のニュースとして、Googleの話題を2つばかり紹介しようと思います。僕は、インターネット内部で起こる事件やニュースの大部分の事柄について興味を持っているけど、やはり最近のIT分野で目が離せないのは圧倒的な技術力と市場での集金力を持ったGoogleの動向です。

同時に、今までOSとデスクトップの覇権を確保してきたビル・ゲイツのマイクロソフトが、ウェブサービスの充実と検索技術の進歩でITの覇権を奪おうとするGoogleをどのように迎え撃つのかにも興味があります。

次の記事で、Googleの新しいデスクトップ検索で生じてきたプライバシー保護の問題についてちょっと書いてみようかなと思います。

関連記事

テーマ : 女優
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。