--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.2918:37

「Google Book Search」と「Google Maps」が連携し、本にでてくる場所を地図で表示できるように!NTTドコモがモバイルの検索連動型広告の市場を狙う!

世界中のあらゆる書籍をスキャンしてウェブに公開し、アクセスと検索を可能にするというGoogleのウェブサービス「Google Book Search」に、新しいマッシュアップが登場したようです。新刊や比較的新しい書籍には、著作権があるのでなかなかスキャン作業を進行できないという問題もあるようですが、著作権が切れた著作に限ればものすごい速さでウェブ内部に取り込まれていっているようですね。僕は、ウェブでスキャンした写真のような画面の書籍を読むのはちょっと読みづらいなと思いますが、出来れば近い将来にスキャン画面をHTML化して欲しいですね。

スキャンした書籍をHTML化して、更に、通常のウェブ検索のキャッシュのように「検索しているキーワード」に色をつけてくれると見やすくていいなと思います。リアルの「紙の本」にはない「ウェブの本(電子書籍)」の魅力は、何と言っても「即時的な検索機能」と「本文と索引のリンク」だと思いますので、ぜひとも、Googleには「検索・本文・索引・参考文献へのリンク」をシームレスにつなぎ合わせた「Google Book Search」のサービスを創り上げていって欲しいと思います。

個人的な要望はともかくとして、新しく搭載される新機能は、「書籍内に登場する地名・場所」Google Map」にリンクするという機能で、これもなかなか画期的なアイデアで面白そうですね。今まで愛読している小説に登場する実際の土地を、リアルな地図ですぐに確認できるというのが「Places mentioned in this book」の魅力でしょうし、何と言っても旅行ガイドや紀行文との相性はばっちりでしょう。地方都市の食べ歩きのエッセイとか、その地域にしかない特産品や観光名所を扱った文献資料だとか、憧れの外国の都市や保養地で撮影された映画のパンフレットとか、色々なものと連携させることで使い勝手の幅が豊かに広がりそうです。

Google Book Searchに新機能,書籍内に登場する場所を地図に表示

米Googleは書籍検索サイト「Google Book Search」(ベータ版)に,地図情報サービス「Google Maps」と連携する「Places mentioned in this book」を追加する。ソフトウエア・エンジニアのDavid Petrou氏が,Google Book Searchに関する公式ブログへの投稿で米国時間1月25日に明らかにした。

Places mentioned in this bookは,書籍で触れている都市や場所を地図上で表示する。地図の下には,それぞれの場所が書籍内で登場する文章の一部と,記載されているページが表示される。

ドコモ、au、ソフトバンクの新端末には続々とフルブラウザが搭載されていますが、携帯用のフルブラウザ「Opera mini 3.0」の機能はかなり便利で優れたものになっているようですね。いまや、パソコンよりも携帯電話でウェブを楽しんでいる人口が多い時代ですから、これからはモバイルでもPCと極めて近いブラウザ体験ができるようになるのかもしれません。個人的には、Firefox2.0が気に入っているので、Firefoxの携帯フルブラウザなんかをGoogleの人的リソースを使って開発してくれると面白そうだなと思います。

Opera mini 3.0の機能についてですが、フルブラウザですから携帯用のモバイルサイトだけでなく、当然、PC向けのWebサイトの閲覧もできます。MP3ファイルの動画コンテンツがダウンロード可能で、ブラウザーの外観もスキンのダウンロードで変更することができるという個性的な魅力も備わっています。更に、携帯電話で撮影した写真をそのままブログにアップロードできる機能が追加されたということで、自分のBlogを楽しく携帯電話から更新してみたいという人は、Operaのフルブラウザが搭載された携帯電話をチョイスしてみるといいかもしれません。RSSフィードの閲覧も可能なので、PCで巡回ブログを決めて回っている人にもお薦めです。

あと、携帯関連のニュースでは、NTTドコモが子会社のD2Cを使って、GoogleやYahoo!のような「検索連動型広告」を配信するというニュースがありましたね。NTTドコモのユーザ数の大きさとモバイルユーザの増加率を考えると、意外に大きな広告収益を生み出すかもしれません。

ドコモの検索にも検索連動型広告が登場--子会社のD2Cが配信へ

ディーツーコミュニケーションズ事業開発本部 本部長の田中紀之氏は、検索連動型広告の提供スケジュールとして「2006年3月中旬より広告商品の販売を行い、5月中旬より検索結果のページにテスト掲載を開始、6月初旬には本掲載を開始する」と、段階を踏んでいく方針を説明した。

同社が提供する検索連動型広告は、まずはFOMAのみの提供となり、第2世代のmovaでは広告は表示されない。表示エリアは検索結果の一番上と一番下で、それぞれ1つずつ表示される。詳細についてはまだ確定していないが、テスト掲載の段階では、「アルバイト」「着うたフル」「キャッシング」など、キーワードのカテゴリー毎に設定された単価でのクリック単価制で、ローテーション表示される予定。単価は未定だが、例えばアルバイトならば1クリック 30円、キャッシングなら同800円といったように価格を設定するという。

正式な広告が検索結果に配信され始めるのはまだ先の話ですが、将来的には、検索キーワードの競争入札制やコンテンツマッチ広告も始める予定のようで、結局はGoogleAdwordsに近い広告代理店のビジネスモデルを創り上げてくるのでしょうね。ドコモユーザの1/3が週に1回以上検索エンジンを利用しているということなので、広告を見てくれるユーザの多さから考えると市場規模はかなり大きくなりそうです。当然、この調子でモバイルが普及していけば、パケホーダイに加入するヘビーユーザも漸進的に増えていくでしょうから、検索エンジンの検索回数も飛躍的に増える可能性があります。

関連記事

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。