--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.1222:57

NTTドコモの703iシリーズ(P703iμ・N703iμ・SH703iなど)が発売開始!NTT・KDDI・ソフトバンクが連結決算を発表!

NTTグループ・KDDI(au)・ソフトバンクの2006年4~12月期の連結決算が8日に発表されましたね。auのキャリアを展開するKDDIはブランドイメージを強化して大幅に携帯電話ユーザを伸ばし、ゴールドプランとホワイトプランを展開した新規参入のソフトバンクも携帯電話事業が好調で大幅な増収増益を達成しました。NTTドコモだけはMNP(番号ポータビリティ制)でユーザ数が減少したことと、FOMAの販売奨励金がかさんだことで営業利益が減益となりました。NTTもKDDIも、携帯電話ではない固定通信事業は赤字を出しているようで、NTTは音声電話の収入減をデータ通信やシステム構築事業などで補い、KDDIは固定通信の赤字を携帯電話(au)の黒字で補填しています。

NTT西日本では今、人気女優の長澤まさみを光ファイバー(フレッツ光)のキャンペーンに起用して毎日膨大な数のCMを流していて、(そのCM効果か否か分かりませんが)NTTのフレッツ光のユーザは着実に増加しているようです。NTTの光ファイバーを使った通信サービス事業は、契約数が前年同期比で194万件増加して計536万件となっていますが、宣伝広告費やサポートセンターの設備投資などに莫大な費用がかかって未だに黒字化していません。携帯電話の市場競争が激しくなる中で、NTTドコモ・au・ソフトバンクモバイルが続々と新端末を市場に投入してきていますね。

NTTドコモの端末は、冬モデル(90X)に持てる技術を全て投入してくるようで、冬モデルでは薄型の全機種にワンセグとHSDPAが追加される予定ですので、機種変をあせっていないのであれば冬に買い替えたほうがいいかもしれません。最新機種は高いから嫌だという人も、冬まで待てば903iと703iがだいぶ値崩れしてくると思います。とりあえず、2月9日から販売開始された703iシリーズについて簡単に説明しておきます。

デザイン重視で703iをセレクトするなら、「折りたたみ3Gケータイ世界最薄」を謳っているステンレスボディのP703iμ(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の薄型FOMA端末)がお薦めです。ロンドンのデザイン集団TOMATOが手がけた端末ですが、厚さはN703iμと同じ11.4ミリでかなりスリムに仕上がっています。70X系は、SD-Auidioに対応していても着うたフルが搭載されていない端末が多いので、音楽を中心に使いたい人は注意が必要です。N703iμは、メッシュ風のデザインなのでちょっと癖がありますね。軽快でスポーティな印象があって赤色LEDを使ったイルミネーションは面白いのですが、デザインは好き嫌いが分かれると思います。

NEC製端末でベーシックなデザインでカラフルな端末が欲しいという人は、N703iDを選んだほうがいいかもしれません。鮮やかな色彩のイエローやネイビー、ピンクといったカラーから好きな色を選べるし、サブディスプレイにさまざまな情報を表示できるので結構便利です。個性的なやわらかいデザインが好きで、新しいデコメール機能を使いたい場合にはP703iも悪くないですが、ドコモ最薄9.9ミリ・最軽量83ミリグラムの三菱製端末D703iもストレートタイプでなかなか面白いデザインですね。ただ。D703iは音声通話とメール機能を中心に設計された感じの端末なので、インカメラがついておらずテレビ電話を使用することができませんので注意してください。

僕はどのキャリアでもシャープ製端末が液晶が綺麗なので好きなのですが、703i系でもデザイン面や機能面を考えるとSH703iが一番お薦めかもしれません。ハーフメタリックデザインという個性的なデザインを採用しており、自分だけの携帯という実感を強めてくれますし、端末の背面の画面の上下を「情報表示エリア」と「グリップエリア」に分割していて色々な情報を分かりやすく表示してくれます。あと、iチャネル、デコメ絵文字、メガゲーム、着うたフル、SD-Audio、フルブラウザなど豊富な機能をカバーしているのもSH703iの魅力ですね。

キムタク(木村拓哉)がシャワーを浴びながらCMしている富士通製端末のF703iも、防水機能があるだけではなくて、フローティング・イルミと呼ばれる着信時の動作が綺麗でなかなかいいと思います。F703iは、カラーセラピストが監修した7種のモード、周囲の音に反応する5種のモード、1/fゆらぎ効果を演出する3種のモードを用意していて、通話やメールの着信時の動作に非常に凝っているのがポイントですね。ワンセグのドコモの携帯が欲しいという人には、SONY製のBRAVIA端末であるSO903iTVがお薦めです。同じSONY製のSO703iは、アロマシートがついていて携帯に香りを付けられるというかなり変わった趣向の端末なので、気になる人はお店でチェックしてみてください。auとソフトバンクの端末についても、暇を見つけていろいろ解説してみたいと思います。

関連記事

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。