--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.2721:25

『花より男子2』『華麗なる一族』『ハケンの品格』が高視聴率を維持!au(KDDI)のLismo、着うたフルが“1億ダウンロード”の大台を突破!

以前、宇多田ヒカルの「Flavor Of Life -Ballad Version-」が先行販売の着うたで150万ダウンロード!という記事を書きましたが、宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」 が主題歌となっている井上真央松本潤主演の『花より男子2』のドラマが大人気となっているようです。ストーリーについては前回の記事で触れたのですが、神尾葉子の少女漫画を原作として学園内の恋愛・友情をテーマにしたドラマだけに、女子中学生や女子高校生を中心に絶大な支持を得ているようですね。

今現在、放送されている『学校へ行こう!』の番組でも『花より男子2』のクイズコーナーが設けられていましたが、F4(Flower 4―“花の四人組”)を演じている4人の俳優と井上真央が出演していました。F4というのは英徳学園高校を実質的に支配している上流階級の子弟、道明寺司・花沢類・西門総二郎・美作あきらの4人のことですが、それぞれ、松本潤・小栗旬・松田翔太・阿部力が演じていて雰囲気にあっています。特に、クルクルのパーマをかけてやんちゃな道明寺司の役をしている松本潤(嵐)と髪を金髪に染めてクールな花沢類の役をしている小栗旬の演技はなかなか堂に入っているなと感じます。

07年2月19日~2月25日放送分の冬ドラマでは、『花より男子2(TBS)』が22.7%でトップに立ち、それに続いて木村拓哉(キムタク)主演で相武紗季や山田優がでてる『華麗なる一族(TBS)』が21.1%、篠原涼子主演の『ハケンの品格(日本テレビ)』が20.2%の高い視聴率を上げているようです。この3つのドラマが冬ドラの3強ということですが、こう見てみるとTBSというのはドラマやエンターテイメントの分野では番組制作能力が高いのかもしれませんね。

冬ドラマ視聴率 「花より男子2」が初首位

2007年冬クールに放送しているドラマの週間視聴率ランキングで、最新の07年2月19日~2月25日放送分は、TBS系列「花より男子2」が22.7%と初めてトップ(ビデオリサーチ社の調べ・関東地区)に立った。今クールは高視聴率ドラマが多く、TBS系列「華麗なる一族」が視聴率レースを引っ張ってきたが、当該期間では21.1%と僅差でトップの座を明け渡した。日本テレビ系列「ハケンの品格」もジワジワと追い上げを見せて20.2%になり、「三つ巴」の形だ。最終回を迎える3月まで熱い戦いとなりそうだ。

今、放送されている冬ドラマは全般的に人気が高いドラマが多いそうですが、米倉涼子と上川隆也が主演している松本清張原作の『わるいやつら』も人間のエゴと情欲が渦巻くどろどろしたストーリー展開が見てると結構面白いです。米倉涼子は、『黒革の手帳』と『けものみち』に続いて三作目の松本清張作品の主演になりますが、スレンダーな美人だけれども感情のこもった迫真の演技を毎回見せてくれます。上川隆也も俳優としての演技の幅が広くて、視聴者をストーリーに引き込んでいく役者としてのポテンシャルの深さを感じさせる人ですね。

僕が初めて上川隆也を見たのは、キンキキッズの堂本剛が主演をしたかなり古いドラマ『青の時代』で弁護士役をしていたときだったのですが、このドラマには小栗旬や小橋健児も出ていたような記憶がありますね。小橋健児は最近はドラマで余り見かけなくなりましたが、時代劇の大河ドラマなどにもちょこちょこと出ていましたね……。

時間がないので、全てのドラマを毎回チェックはできないのですが、高度経済成長期の銀行の吸収合併やキムタクの鉄鋼業の事業展開、上流階級の親子間の骨肉の争いを描写した『華麗なる一族』は、山崎豊子原作のストーリー構成がしっかりしていて面白いですね。江口洋介や唐沢寿明が演じた『白い巨塔』の原作も山崎豊子ですが、何十年も前の小説なのに現代に再現しても古さを感じないというのは凄いと思います。

初めに宇多田ヒカルの着うたフルが150万ロードされたという話をしましたが、携帯電話の音楽配信を先行して行ったau(KDDI)が、1億曲の音楽のダウンロードを突破したようです。サービス開始から2年3カ月での大台到達ということですが、NTTドコモやソフトバンクも「着うたフル」を聴ける音楽携帯の開発・販売に力を入れていますから、これからますますデジタル音楽プレイヤーとして携帯を利用する人が増えると思われます。

「着うたフル」の勢い止まらず auだけで1億曲突破

携帯電話向け音楽配信サービス「着うたフル」の利用数が、KDDI(au)分だけで1億曲を突破した。サービス開始から2年3カ月で大台到達。携帯電話が音楽プレーヤーとしての地位を確立し、売り上げはCDシングルをしのぐまでに成長、音楽業界も重要な楽曲提供手段として注目している。KDDIに先行を許したNTTドコモやソフトバンクモバイルも対応端末を充実させており、市場のすそ野は急速に広がっている。

日本レコード協会によると、パソコン・携帯電話向け音楽配信の売上高は昨年10~12月実績で初めてCDシングルを上回った。売上高の9割は着うたフルと、その前身にあたる「着うた」が占めるという。その一方で、CDシングルも売り上げを維持。音楽業界にとっては新たなドル箱市場が創設された格好だ。音楽配信会社「レーベルゲート」の村田知樹企画開発部プロデューサーは「中高生は、携帯電話のスピーカーで友達と一緒に音楽を聴くといった楽しみ方をしている」と指摘する。

「着うたフル」の勢い止まらず auだけで1億曲突破

日本レコード協会によると、パソコンや携帯電話向けの音楽配信の売上高が、昨年10~12月の実績で初めてCDシングルの売上高を越えたということで、音楽業界やアーティストとしてもモバイルを含むネットでの音楽配信の市場を無視できなくなっています。着うたフルは1曲が300円で、シングルCDよりも安いのですが、割安感があるのでCDシングルよりも気軽に買いやすいというメリットがあり、CDが売れない時代にあってはネットでの音楽配信のほうに重点が移っていくのかもしれません。ネットでの音楽配信による売上高の9割は「着うたフル」と部分的に音楽をダウンロードする「着うた」だということで、日本ではiPodよりも携帯電話で音楽を聴く人が多いということが分かります。

音楽ケータイでは今までauが市場をリードしていたのですが、ドコモも903iシリーズから着うたフルを聴ける音楽ケータイに力を入れ始め、ソフトバンクもワンセグと音楽ケータイの両方に注力しているので、これからまだまだネットによる音楽配信の市場は大きくなる可能性があります。ワンセグといえば、ドコモが2月後半から相次いでワンセグ対応のSH903iTVやD903iTV,P903iTVを投入してきましたね。

また、NTTドコモはおサイフケータイ(iD)の利用可能店舗を拡大するため、2007年10月以降、順次全国のマクドナルド店舗にドコモのクレジットサービス「iD」や電子クーポンサービス「トルカ」を導入していくそうです。おサイフケータイをマクドナルドで利用できるようになると、今まで使う機会のなかったユーザが気軽におサイフケータイの機能を仕える場面が増えそうですね。

NTTドコモと日本マクドナルドホールディングズの業務提携とe‐マーケティングにおける新会社設立の詳細については以下のリンクを参照してください。新会社は、2007年7月に設立予定で、出資比率は日本マクドナルドホールディングスが70%、NTTドコモが30%であり、払込資本金は3億円となっていますが、『手軽な電子決済』の普及促進による大幅なコスト削減と消費者の利便性の向上が新会社設立の目的のようです。

マクドナルドに「iD」「トルカ」を導入──マクドナルドとドコモがe-マーケティングの新会社

関連記事

テーマ : 花より男子2
ジャンル : テレビ・ラジオ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flavor Of Life

テレビドラマ イメージソング

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。