--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.1004:02

市川海老蔵との破局をリアルな泣き顔で報告した佐藤江梨子!中川翔子や飯島愛などタレントのセルフプロモーション・メディアとなったブログ!

前回書いたアンジェラ・アキ結婚の記事では、アンジェラ・アキ本人が自分のブログで結婚の報告と離婚の過去の述懐をしたわけですが、最近では、アーティストや俳優、タレントが自分の書いているブログで重大発表としたり近況報告をする事例が増えていますね。ショコタンこと中川翔子のしょこたんブログは有名ですが、それ以外にも現役で活躍している色々なタレント(芸能人)が、自分のブログを開設して建前ではない生々しいリアルな生活と本音の感情を書いています。

先日は、芸能界引退説がささやかれた飯島愛さんのブログ(飯島愛のポルノ・ホスピタル)にアクセスが集中して、多くの励ましと支援のメッセージが書き込まれたというニュースが伝えられました。腎盂腎炎を原因とする膀胱の炎症などによって非常につらい生活を送っているとも言われる飯島愛さんですが、34歳という若さでの芸能界引退(するかもしれない)という話は非常にインパクトがあるものでした。

一部では波乱万丈の人生を経て芸能界でとりあえずの成功(報酬)を手に入れ、精神的に燃え尽きてしまったのではという話もあるようです。また芸能界を引退しても、現在の飯島愛の知名度と人気があれば、ブティックやエステを開設するなどビジネス面でのベネフィット(利点)もあるでしょうね。

最近話題になっている芸能ブログには、歌舞伎役者・市川海老蔵(29)さんとの破局が伝えられた佐藤江梨子(サトエリ・25)のブログがあります。佐藤江梨子のブログ『SATOERI TIMES』では、毎日、サトエリや周囲にいる俳優、スタッフの写真が掲載されていて、サトエリの仕事現場の雰囲気やプライベートの生活が伝わってくる仕掛けが施されています。

そのブログで市川海老蔵との破局を報告したサトエリは、失恋の悲しみや寂しさで目を赤く腫らして涙を流している写真をアップしたということでまた話題になりました。

三月九日。

そして、お騒がせしてすみません。今日発売のフライデーさんに、『今回、別れましたが、今はいいお友達です。』と、コメントしました。

文章そのまんまです。2月に入って、友達が亡くなり、両親が遠くへ引越し、彼と別れ、長野と東京の行き来の生活の中で、私は毎日毎日泣きました。毎日疲れるくらい、朝起きて、氷で冷やさないと、目がうまく開かないくらい、声がうまく出せなくなるくらい。泣きました。。

だから、凹みブログを書いてしまい、ご心配をお掛けしてすみません。

でも、もう元気です。

仕事とプライベートで、お会いする全ての方々に毎度毎度、優しさと温もりを感じて、生きてるって最高!って思って生活できる様になりました。

ブログがリアルな芸能人(タレント)の気持ちと生活を伝えるメディアになると同時に、ファンや閲覧者に自己アピールする「セルフプロモーション」のメディアになってきているという冷静な報道もありますが、痛々しいつらい気持ちが伝わってくる佐藤江梨子の写真を見ると、好きだった彼と別れた悲しさは本物だったのではと思います。というか、2月27日付けの信頼を裏切られた怒りや悲しさに満ちた日記の内容を読むと、「さらば、冷たい瞳」と書かれていることと合わせて、何となく市川海老蔵から突きつけられた余りにクールな別れの言葉が想像させられますね。

気軽に日本全国に向けて情報発信できるブログは、芸能界のセルフプロモーションのツールになってきていて、新人のタレントの知名度や好感度を上げるのにも適したサービスになっていますね。ブログの芸能メディア化についての話が、J-CASTの「サトエリ」だけでない マスコミより先にブログで告白という記事に書かれていますので興味のある方はどうぞ。

市川海老蔵というと、2003年のNHK大河ドラマ『武蔵』で共演した女優の米倉涼子(31)との交際が一時期話題になりましたが、その後に元歌手との間の5歳になる隠し子の存在が明らかになり大きな騒動となりました。米倉涼子といえば昨日最終回だった松本清張原作の『わるいやつら』で主演を張っていて、もはや大女優としての貫禄たっぷりの女性ですが、彼女は佐藤江梨子と比較すると精神的なタフネスがありそうというか、男性との恋の駆け引きに巧みそうな感じがありますよね。

市川海老蔵も女性との安定的な情愛関係を維持できない「癒しがたい孤独さ」みたいなものをまとっている雰囲気がありますが、彼も彼なりの表に出さない心の傷つきを負っているのかもしれません。まぁ、どちらに同情的になりやすいかと言われれば、佐藤さんのほうに同情的になりやすい気持ちはありますが。

関連記事

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。