--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.1009:15

auに待望のAQUOSケータイ「W51SH」が登場!ドコモの「SH903iTV」と「SO903iTV」の人気を支える液晶ブランド志向!

世界最高水準の液晶技術を売りにしてきたシャープは、亀山工場の液晶ブランドを大型の液晶テレビやワンセグの携帯電話に応用することで経営を完全に立て直しました。液晶テレビAQUOSや各キャリアの携帯電話が好調な売上げを見せる中で、シャープは莫大な利益を上げることに成功し、低迷するIT/ハイテク株の中で株価の高値更新が確実と見られています。

NTTドコモではシャープ製端末(AQUOS携帯)の「SH903i」やサイクロイド方式でワンセグ対応の「SH903iTV」が高い人気を集めており、ソフトバンクの携帯端末の人気を高めたのも初めてサイクロイド方式(画面を横にしてテレビを視聴できる方式)を採用したシャープのワンセグ携帯「905SH」「911SH」でした。カラーチャートでおなじみのPANTONEとコラボレーションして製作した全20色のカラーがある「812SH」というシャープの携帯も注目を集めていて、キャメロン・ディアスがカラフルな衣装をまとって登場するCMもインパクトがありますね。

今まで3つの携帯キャリアの中で、auだけがシャープのAQUOS携帯のラインナップを持っていなかったのですが、3月10日から順次各地域で「W51SH」というAQUOSのワンセグ携帯を発売することになっています。

NTTドコモのSH903iTVとソフトバンクの911SH、auのW51SHのどれが良いかと聴かれたら、現在契約しているキャリアのものを買うのがいいとは思いますが、デザイン面の洗練と機能面の充実を考えると少し型が古くなるソフトバンクよりもドコモかauのほうが魅力的ですね。ソフトバンクは、今、カラーバリエーションが豊富な812SHの販促に注力しているので、サイクロイドのワンセグじゃなくてもいいという人は812SHで自分の好きな色の携帯を選ぶのもいいと思います。

AQUOS携帯のワンセグを選ぶ場合には、どのキャリアも3.0インチの大きな液晶と外部メモリ(microSD)を採用しているので、どれを買っても地上波デジタル放送を見る場合の違いはありませんが、メタリックで上質な質感のデザインが良いのであればドコモのSH903iTV、閉じた場合の洗練されたデザインならauのW51SHがいいかなと思います。

ドコモのSH903iTVの長所としては、JRを利用する人に便利なモバイルSuicaに対応していることと、着うたフルに対応していることですが、auのW51SもモバイルSuica対応なので、未確認ですがW51SHも対応になっているかもしれません。W51SHの機能の詳細と端末の写真は、以下のリンクを参照してみてください。

ついにauでも「AQUOSケータイ」が登場--「W51SH」を3月10日より発売

W51SHは、高画質3.0インチワイド液晶を搭載し、液晶画面が90度回転するサイクロイドスタイルを採用したワンセグ対応の携帯電話だ。今回の販売開始を受け、au携帯電話で、ワンセグ、デジタルラジオなどのマルチメディアサービスのほか、LISMOのビデオクリップなども「AQUOS」の液晶技術で楽しむことが可能となった。カラーバリエーションは、オーシャンブルー、スターリーシルバー、オーロラピンクの3 種類が予定されている。

僕は携帯のカラーは、ブラックかブルーかといった感じで暗色系の色が好きなのですが、W51SHのオーシャンブルーもなかなかクールな趣きでいいですね。W51SHの販売開始時期は、沖縄が3月10日、四国が3月13日、九州および関西が3月14日、北海道、東北、北陸、関東および中部地方が3月15日、中国地方は3月16日の予定となっていて、地域によって発売日が異なるのですぐに買いたいと思っている人は気を付けてくださいね。

ドコモのワンセグ携帯には、シャープのAQUOS携帯「SH903iTV」だけでなく、SONYのBRAVIA携帯「SO903iTV」もあり、こちらもかなり評価が高く人気を集めています。サイクロイド方式ではないSO903iTVのほうがSH903iTVよりもデザイン面ではシンプルであり、カラーでは赤があることが目立ちますね。機能面では大きな違いはないので、どちらを選ぶのかはブランドイメージの違いによって変わってくるのではないかと思います。端末選択についてのアンケート結果でも、全てのキャリアにおいて「メーカーのブランドイメージ」が大きな影響を与えているようですが、やはり液晶テレビと連動した携帯の液晶画面に信頼を置くユーザが多いようです。

“BRAVIAケータイ”登場──ソニエリのワンセグケータイ「SO903iTV」

回転2軸スタイルのボディに、240×432ピクセルの3インチ液晶を装備。独自の六角形のフォルムと軸をずらす機構を取り入れたことで、ディスプレイ部を横向きに回転させても安定した状態で置ける仕様になっている。

ワンセグ機能の搭載にあたっては、BRAVIAの技術を採用した「モバイルBRAVIAエンジン」を装備。透明感や先鋭感などの色再現性が向上するとともに、Bass Enhancementによる迫力の低音を実現した。

予約録画に対応し、内蔵メモリに最大30分以上録画できるほか、microSDへの録画も可能。再生機能は1.3倍の早見/早聞き機能や、録画しながら再生できる「追いかけ再生」「タイムシフト」などの機能を装備している。

2月の契約者数の動向におけるNTTドコモ・au・ソフトバンクの競争では、全てのキャリアが10万件以上の純増であり、携帯電話の契約数は累計で9576万2300となりました。日本の携帯電話市場もまだ若干の成長の余地が残っているようなので、今後は、デジタル放送が見れるワンセグや高速通信のモバイル機能(HSDPA)、月々の価格プランの安さ、端末のデザインなどがキャリアを選ぶポイントになってきそうですね。

月額を徹底的に安くして月額980円という安さで携帯を持てるようにしたソフトバンクのホワイトプラン(Wホワイトプラン)の狙いを当たったようで、確実に契約者数を伸ばし続け200万件を突破したそうです。ただ、ソフトバンク同士でないと通話料が21円/30秒で高いのが玉にキズではありますね。

ドコモのSH903iTVの機能や魅力の詳しい説明が知りたい人は、以下のリンクをどうぞ!

ワンセグをスマートに、より美しく――AQUOSケータイ「FOMA SH903iTV」

SH903iTVの使い勝手の良さは、テレビ画面とメール作成画面などを同時に表示できる「マルチディスプレイ」の機能にあり、「TV」ボタンと「MULTI」ボタンを使いこなすことでワンセグ視聴紂にもそれ以外のさまざまな機能にすぐに切り替えられるということですね。ワンセグを視聴中にその場で録画したくなったときには、[iモード]キーを長押しすれば視聴中の番組を録画できるので便利ですし、録画中に[カメラ]キーを押してメニューを呼び出し、[6]キーを押すと録画終了時間が選ぶことができます。

関連記事

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。