--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.0721:40

『千里眼のマジシャン 松岡圭祐 小学館』を読んでの感想!

『千里眼』シリーズは、臨床心理士(カウンセラー)の岬美由紀嵯峨敏也を主役とする異色のエンターテイメント小説だが、カウンセラーが行政の腐敗を実力行使で正したり、新興カルト宗教の陰謀を暴いたりマシンガンを片手に国際的なテロ組織と戦ったりするハリウッド的なストーリー展開を著者の松岡圭祐は得意としている。作品に出てくるカウンセリングの技術や応用心理学の実践はかなり誇張されていて臨床心理学者がほとんど超能力者(プロの戦闘要員)になってしまっているが、それはともかく、面白く読める小説としての完成度はなかなか高く分厚いが比較的短時間で読み終えられる。

登場人物が共通しているので作品の発表順に読むのが王道なのだろうが、私はどれが最初の作品か分からないままに一年に一冊とかのペースで読んだので、かなり適当な順番で読むことになった。一冊で話が完結する読み切りの形式になっているので、シリーズものといってもどれから読んでも内容が分からないということはない。『千里眼のマジシャン』は、『マジシャン』に登場した天才奇術師の少女・里見沙希と岬美由紀が同時に登場するが、里見沙希がマジシャンとして事件の解決に貢献するような活躍の場面はない。里見沙希は、『マジシャン』で親子同然の交流が描かれた舛城徹元警部補との予期せぬ再開を果たすことになるが、沙希が尊敬していた舛城徹は暴力団とグルになってイカサマ賭博で稼いだ汚職刑事の汚名をかぶせられ警察を辞職していた。

人の心を全て読み切るということで『千里眼』と渾名される岬美由紀は、元航空自衛隊の幹部候補生であり女性で始めて戦闘機のパイロットになった人物である。表情や動作から考えていることを読み取る読心術をマスターしたカウンセリングの能力も去ることながら、航空自衛隊時代に修得した素手で戦う格闘術やあらゆる種類の兵器(銃火器)の使用にも精通している。岬美由紀は言うなれば、『沈黙』シリーズのスティーブン・セガールとか『ランボー』シリーズのシルベスタ・スタローンとかに匹敵する白兵戦及び銃撃戦の戦闘能力を持っている超人的人物である。

同僚の嵯峨敏也というのは催眠療法を得意とするカウンセラーだが、大抵、岬の助手的な位置づけを割り当てられている。作『千里眼のマジシャン』では直接的に事件解決に貢献しないが、岬が現場から電話で送ってきた暗号を心理学史と照らし合わせて解読する働きをする。増大し続ける国と東京都の財政赤字や雇用不足の不景気を解消する秘策として政府と都は、港区台場のカジノ構想を実現することになる。その推進役である戸田俊行・行政改革担当・規制改革担当大臣と平丘武嗣・経済産業大臣は、3人の警察最高幹部と共に、お台場のカジノパークであるジパング・エンパイアの仮営業に参加するが、そこで待ち受けていたのは予想を越えたテロリズムであった。

小説の冒頭では、2002年10月にロシアのモスクワで起きたチェチェンの武装勢力による劇場占拠テロが書かれているが、お台場のカジノ・ジパング・エンパイアの劇場で起きた政府高官や警察官僚、外国要人を人質に取るテロもモスクワの劇場占拠テロを原型としたものである。何故、政府高官や警察の最高幹部、外国の大使などしか知らない仮オープンのカジノにテロリストが侵入できたのか、真の黒幕とその動機は何なのかというのがメインのストーリーです。この小説の面白さはそういったストーリーとは別に、色々なギャンブルやゲームの法則を心理学や統計学を用いてうまく説明しているところだと思います。

最初に永幡一徳という会社をリストラされて妻子に逃げられた男が登場するのですが、その男がホームレスのような色黒の小男に出会ってギャンブルの必勝法を聞きます。すると、それまでギャンブルや宝くじで儲けたことがなかった永幡が、宝くじやロト6で何億円という大金を当て、競馬や競輪、競艇といった公営ギャンブルで連戦連勝し、パチンコで連続で勝ち続けます。なぜ、それまで不運と敗北に喘いでいた永幡にそんな奇跡的な運が巡ってきたのか?永幡の驚異的な幸運(ツキ)も後に起こるテロ事件の複線となっているわけですが、永幡は結局悲惨な末路を迎えてしまいます。日のカジノ化構想とカジノに眠る現金400億円、最新鋭の原子力潜水艦を巡って、カウンセラー岬美由紀と元警部補の舛城徹がタッグを汲み、政治権力の再構築を狙う卑劣なテロリストと激しい戦いを繰り広げることになります。

関連記事

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。