--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.1809:03

薄型ノートPC「VAIO type T」を含むVAIOの夏モデルが登場!カメラグランプリ2007でペンタックスのK10Dがグランプリに!

VAIOのデスクトップ・ノートの夏モデル登場!超薄型のハイスペック・ノート「VAIO type T」も登場!

パソコンやデジタルカメラ、iPod関連商品などが色々と新しく発売されているようなので、簡単に電化製品に関係する情報を紹介しておきますね。SONY(ソニー)のVAIO(バイオ)が国内販売10周年を迎えましたが、その記念モデルとして「VAIO type T」が投入されます。VAIOの夏モデルの販売は既に5月10日から始まっていて、「VAIO type N」「VAIO type C」「VAIO type L」「VAIO type G」が発売されていますが、全部でデスクトップPC/ノートPCの4シリーズ5モデルが市場に出荷されます。春モデルである「VAIO TP1」「VAIO type A」「VAIO type S」も継続して販売されるということです。

夏モデルで新たに投入された「VAIO type T」は、11.1型ワイドTFTカラー液晶のディスプレイを搭載した軽量薄型のノートPCで、本格的に家でウェブを楽しむというよりは毎日外にノートPCを持ち歩いてビジネスで活用する人などに向いたモデルです。11.1型ではちょっと画面が小さいなと思う人には、15.4型ワイド液晶ディスプレイを搭載したスタンダードなVAIOのノートPCである「VAIO type F」のほうがいいと思います。超薄型で小さいことを売りにしている「type T」を買う場合には、通常モデルのブラックのものよりもCPUにCore 2 Duoを搭載した「VAIOオーナーメードモデル・法人向けカスタマイズモデル」を選んだほうがいいでしょうね。オーナーメードモデルはワンセグに対応していないため価格面で若干安いですし、カラーがブラック以外にも、プレミアムカーボン/ボルドー/シャンパンゴールドから選ぶことが出来ます。また、type TはノートPCでは国内初という、フラッシュメモリと160GBのHDDの併載も可能になっているので、HDDの物理障害(衝撃による記録内容の消滅)に強く、パソコンの起動時間や動作速度も速くなっています。

VAIOのノートPCには、「type F」「Type N」がありますが、これらの違いはCPUの性能だけで価格もほとんど変わりませんから、出来ればCPUの処理速度が速い「Type F」を買ったほうがいいかもしれません。僕はウェブを家で利用するほうが多くなっていて外でノートを使う機会が減ったので、今はデスクトップPCを買い換えたいと思っていますが、VAIOの夏モデルのフラッグシップでは「type R master」というのが出ています。ただVAIOの難点としてはCPUの性能が相対的に高くなく、最新モデルでも2.00GHz以上のスペックが殆どないことですね。基本性能の高さにこだわったというtype R masterのメモリを2GBに増量している点はかなり好感が持てますし、最近のウェブサービスを快適に利用するためにはメモリは最低1GBは必要でしょうね。

ソニー、新シリーズ「type T」を追加! 「VAIO」夏モデル勢ぞろい

type R master

シリーズ初となる19型ワイド液晶ディスプレイを採用している。CPUにCore 2 Duo E6320(1.86GHz)、2GBのメモリを搭載するなど、基本性能を向上させている。OSにWindows Vista Home Premiumを搭載し、HDDは500GB。光学ドライブは2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブ、地上/BS/110度CSデジタルテレビチューナーを内蔵する。型番は「VGC-RM52DL9」で、予想実売価格は350,000円前後。ディスプレイを除いたモデル「VGC-RM52D」の予想実売価格は290,000円前後。ともに6月2日発売。

iPod nano用ボイスレコーダー「TUNEWEAR Stereo Sound Recorder for iPod nano」が発売!

iPod nanoに対応するボイスレコーダーがフォーカルポイントコンピュータから発売されたそうですが、iPod nanoを持っている人のプラグインとして、手軽に音声を録音できるボイスレコーダーは便利ですね。主な使用目的としては、アマチュアバンドなどの演奏音楽や歌声の録音が考えられているそうです。それ以外にも、大学生や高校生であれば講義内容を録音しておくと、後で授業を簡単に再現できるし、会社員であれば会議やプレゼンの内容を録音しておくと、後でお互いの発言内容を再検討することもできますね。好きな相手との会話を録音して一緒に聞いてみても面白いだろうし、何か危険な犯罪などに巻き込まれそうな人は、証拠を残す為に相手の電話や言葉を録音するのにも使えそうです(そういった使い方はできればしたくないですが)。

第2世代iPod nano用ステレオボイスレコーダー「TUNEWEAR Stereo Sound Recorder for iPod nano」は、販売会社の直販サイトで価格6,980円で売られているということで、それほど安くはないですが興味のある方はチェックしてみてください。iPod nanoのDockコネクタに接続してワンタッチで簡単に音声録音が可能で、16bit/44.1KHzの内蔵ステレオマイクの音声品質は、CDとほぼ同等なクリアなものだということです。録音形式はWAVであり、録音データはiPod nanoのフラッシュドライブに保存されることになります。

韓国サムスン電機が、8GBのmicroSDを開発!

韓国のサムスン電機(Samsung Electronics)が、主に携帯電話の記録媒体として使われるMicroSDの大容量化に成功して、8GBのMicroSDが開発されたということです。microSDは携帯電話で挿せる非常に薄くて小さな記録媒体ですが、この開発により、MP3ファイルなら2000、デジタル写真なら4000枚、DVD品質のビデオなら5本格納できるようになったということで凄いですね。ただ持ち運びしやすい反面、気を抜いて管理するとすぐに落としたりなくしたりしやすいという欠点があります。

「カメラグランプリ2007」でペンタックスのK10Dがグランプリに!

デジタルカメラの画質のクオリティと光学ズームなど付加機能は年々進化していますが、「カメラグランプリ2007」という大会が開かれ、デジタル一眼レフの「ペンタックスK10D」がグランプリの栄冠に輝きました。グランプリを除いて話題となった製品に贈られる「カメラ記者クラブ特別賞」には「ソニーα100」が選出され、ソフトウェアではアドビシステムズの「Adobe Photoshop Lightroom」が選ばれました。

携帯のデジカメくらいで十分という人も多いのでしょうが、やはり、数百万画素から1000万画素といったハイスペックなデジタル一眼レフの写真の美しさは圧倒的であり、写真を見る者の心を深い感動に包みますね。美しい女性を写したデジカメ写真を比較してみると一目瞭然とも言われますが、微細な部分までしっかりと写していながら美しく滑らかな肌の質感を再現できますし、静物画のようなオブジェの写真や建築物・風景の写真なんかも芸術的な水準で撮影することが出来ます。僕自身は一眼レフまで高級なデジカメを持っていませんが、カメラが好きな知人の撮った写真やウェブ上のカメラマンの写真を見ると、高性能なデジカメの持つ『鑑賞者への訴求力』を思い知らされます。

そんな凄い性能のデジカメを買っても使いこなせないという人は、なぜ、今高価なデジカメが売れているのかの理由を理解していないことになります。高額な一眼レフのデジカメがどんどん売れている最大の理由は、何もわからない素人が適当に撮影してもプロ顔負けの写真が撮れるからです。手ぶれ補正機能や色彩の調整機能、絞りの自動調整などさまざまな機能が撮影者をフォローしてくれるし、撮影した後からでも幾らでも写真を修正できますから、どんな人でもマニュアルをしっかりと読めばデジタル一眼レフをある程度は思い通りに使いこなせるわけです。

カメラグランプリ2007発表、グランプリはペンタックス「K10D」

今回グランプリを受賞した「ペンタックスK10D」は、1,020万画素のデジタル一眼レフカメラ。受賞理由としては、カメラ本体内での手ブレ補正機能およびゴミの写り込みを抑える機能、さらに防塵・防滴に優れた堅牢なボディに独創的な撮影モードを多数搭載しながらリーズナブルな価格を実現したことが挙げられている。特に手ブレ補正機能では、Kマウント系レンズだけでなく、アダプターを介したM42時代の古いレンズでも手ブレ補正効果が得られることに加え、ハイパープログラムやハイパーマニュアル、感度優先、シャッター速度&絞り優先モードなど、これまでにない撮影モードが盛り込まれていることが評価された。

発売開始が待ち望まれているデジカメとして、キヤノンの「Power Shot S5 IS」があります。光学12倍ズーム搭載の「Power Shot S5 IS」は、「Power Shot S3 IS」の機能を強化した後継機種であり、映像エンジンが「DIGIC II」から「DIGIC III」へ進化しており、価格も5万5千円(店頭公開の予定価格)とリーズナブルに抑えられています。CCDは800万画素となっており、デジタル一眼レフとしても非常に高いスペックを持っています。

関連記事

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。