--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.1710:47

アジアの歌姫を目指す倉木麻衣が台湾でライブ!「Hey! Say! 7(セブン)」、全員が平成生まれの新ジャニーズユニットが誕生!

■アジアの歌姫を目指す倉木麻衣が台湾でライブ!

17歳で『Love, Day After Tomorrow』でデビューしたばかりの頃は、宇多田ヒカルに並ぶ歌姫というような注目もされた倉木麻衣(24)ですが、最近は活動の拠点をアジアへと移そうと計画しているようです。僕自身は350万枚の大ヒットとなったファーストアルバム『delicious way』や続く『Perfect Crime』までは買って聞いたような気がするのですが、それ以降の倉木麻衣の楽曲は余り知らないものが多くなっています。しかし、倉木麻衣の人気自体は今も健在であり、一時期の圧倒的なブームは去りましたが、今でもCDシングルを出せば必ずオリコン10位以内に入る人気を保っていますね。アルバムのほうも発売するペースは余り早くないのですが、一年に一枚くらいのペースで着実にアーティスト倉木麻衣の歴史を積み重ねています。声量がやや小さいのでしっとりとささやくように歌うのが倉木麻衣の特徴ですが、好き嫌いは別れるものの、心にゆっくりと染みて来るような声質と歌い方が倉木の魅力でしょう。

倉木麻衣が立命館大学に進学したというニュースをついこの間聞いたような気もするのですが、いつの間にか長い時間が流れて彼女は立命館大学を卒業し、現在は海外進出も含めて音楽活動に専念しているようです。現在は所属レーベルを、かつてのGIZA studioからNORTHERN MUSICへ移籍しており、Mai-Kという名義を使って作詞作曲をすることも多いようです。アジア進出の起点としてまずは台湾で単独ライブを実行するようで、『delicious way』がヒットした縁起の良い国・台湾で倉木麻衣の海外進出がスタートするようです。中国や台湾では日本のアイドルやジャニーズの人気が高く、相対的に日本の芸能人やアーティストが受け容れられやすい土地柄ですから、倉木麻衣にも頑張って欲しいと思います。

■「Hey! Say! 7(セブン)」、全員が平成生まれの新ジャニーズユニットが誕生!

最近のジャニーズといえば亀梨和也赤西仁のいる『KAT-TUN』山下智久錦戸亮がいる『NEWS』が高い人気を得ていますが、またもや新しいユニットがジャニーズで結成されたようです。そのユニット名は『Hey! Say! 7(ヘイ・セイ・セブン)』で、全てのメンバーが平成生まれという若々しい活気に満ちたグループになるようです。このユニットは9月までの期間限定なので本格的デビューではないようですが、KAT-TUNに続く次世代の新しいジャニーズを育てる目的で結成されるのでジャニーズファンの人は要チェックですね。

『Hey! Say! 7(ヘイ・セイ・セブン)』はまだレッスン生のジャニーズJr.から選ばれた5人組のユニットで、ジャニー喜多川社長も「高いレベルの才能を持っている」という高い期待を寄せているそうです。構成メンバーは、高木雄也(たかき ゆうや、1990年3月26日)、有岡大貴(ありおか だいき、1991年4月15日)、中島裕翔(なかじま ゆうと、1993年8月10日)、山田涼介(やまだ りょうすけ、1993年5月9日)、知念侑李(ちねん ゆうり、1993年11月30日)の五人ということです。

既にKAT-TUNの東京ドーム公演の開演前にステージで持ち歌の「Hey! Say!」を歌っているそうですからライブへの適応も早いでしょうね。この「Hey! Say!」のCDシングルは8月1日に発売される予定になっています。まだ練習生なのに既にTBS系アニメ「ラブ★コン」(土曜午後5時30分)の主題歌のオファーも来ているということで、彼らの将来性にはジャニーズ事務所の強い期待がかかっているみたいです。

関連記事

テーマ : ジャニーズJr.
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。