--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.2209:23

オリックス証券が、携帯電話でFX取引ができる「トレードギア・モバイル」を7月からスタート!24時間有人で掲示板の投稿を監視する「コミュニティプラス」サービスが登場!

オリックス証券が、携帯電話でFX取引ができる「トレードギア・モバイル」を7月からスタート!

今、個人向け投資がしやすい金融商品として人気があるのがFX(外国為替証拠金取引)ですが、FXというのは簡単に言えば、掛け金(担保となる証拠金)が何倍かになるリバレッジを効かせて為替相場で取引をする投資行為のことです。為替レートを元にして「円高の時」に「外貨」を買い、「円安の時」に「外貨」を売ることで「為替差益」を得ようとする投資が『FX(外国為替証拠金取引)』で、リスクに比較するとリターンの多い投資だと言われています。当然、為替レートは日々変動するので、『新興市場の株券』ほど暴落するリスクは低いものの、証拠金以上の損失を出すリスクがあることを理解してFXをしなければなりません。

FXは基本的にハイリスク・ハイリターンの投資であり、10万円程度の元手で簡単に数十万円の利益を出せることもあれば、逆に数十万円のお金があっという間に消えてしまい証拠金を追加しなければならない場合もあります。いずれにしても、『必ず儲かって絶対に損はしない』という投資は違法なインサイダー以外有り得ませんし、預貯金でさえ毎日のインフレリスクに晒されているわけですから、『金銭・投資に対する自己責任』について厳しい時代になってきました。投資に関連する雑誌などで色々と取り上げられているFX(外国為替証拠金取引)ですが、オリックス証券が携帯でFXの取引ができるサービスを開始するそうです。

オリックス証券は、携帯電話に対応した外国為替保証金取引(FX)の取引ツール『トレードギア・モバイル』を7月中旬から取り扱うと発表していて、iアプリ対応の携帯サービスになるみたいですね。『トレードギア・モバイル』そのものの利用料金は無料であり、リアルタイムのレートやニュース、9種類のチャートなどを搭載しています。対応機種は、NTTドコモFOMA901i以降(703i以降も対応予定)になるそうで、ドコモ以外のキャリアへの適応は今のところないようです。毎日頻繁に投資情報や投資状況の確認を行いたい個人投資家のニーズはかなり大きなものになるのではないかと思いますが、オリックス証券では今入会キャンペーンをやっていて、今、FXの新規口座を開設すると一ヶ月間のFX手数料が無料になるということです。

FXが人気の理由の第一は、少額の資金(数万~10万円程度)で1万ドルに近いポジションから取引を始められることであり、「為替差益+スワップポイント」でハイリターンが期待できることです。証拠金取引には一定以上のリスクがありますが、リスクコントロールが株式市場よりもしやすく、色々な外貨を組み合わせて取引が出来るので為替変動リスクにも対処がしやすいのです。もちろん、外貨を売る事も買う事も両方できるので、当面使わないお金であれば「円高の局面」では「外貨の買い」でポジションを安定して保つことも出来ます。

ただ、1万円の保証金を1万ドル(現時点で約120万円)のポジションにするようなリバリッジを効かせて取引するので、リターンが高い一方でリスクは大きいということをしっかり認識しなければなりません。為替相場が2円動いたとすると、1万ドルでは2万円の日本円が増減するわけですから……1万円の保証金がすぐに失われることは十分に考えられますし、保証金を10万円、20万円と増やしていけばリスクは関数的に大きくなります。100万円の保証金で、1億2000万円相当の日本円を運用できるのがFXの魅力でもあり恐ろしいところでもあるわけで、レートが1円増減するだけで100万円のお金が動くというリスクへの意識が大切ですね。リスクを考えると素人がやるのであれば、10万円以上のお金をまず手元に置いて、1万円から始めて色々と練習してから本格的に投資したほうが良いと思います。

24時間有人で掲示板の投稿を監視する「コミュニティプラス」サービスが登場!

最近、掲示板への違法コンテンツや名誉毀損の文章の投稿が問題となっており、個人情報保護法に違反する書き込みなどへの対処も厳しくなってきていますが、アクセス数の多い掲示板で問題になってくるのが『膨大な数の投稿内容のチェック・対処』です。そういった掲示板の管理コストに耐え切れなくなって閉鎖した掲示板やアップローダーは数多く、管理人が法的リスクや大きな管理コストを背負ってまで運営できないという事情もあるようです。そこで登場してきたビジネスが「掲示板の24時間投稿監視サービス」であり、『一定以上の広告収益がある巨大掲示板』や『信用重視の企業が運営している掲示板』であれば需要があるみたいですね。

エディア、ミクル、イー・ガーディアンおよびシンクウェアが4社協業で、『携帯向け掲示板のユーザーの投稿内容』を有人監視して違法コンテンツや名誉毀損(個人情報漏洩)の書き込みなどをチェックする機能を備えた「コミュニティプラス」というサービスを6月21日から提供するようです。公式サイト対応の携帯向け掲示板ASPサービス「コミュニティプラス」ですが、どれくらいの市場規模が生まれるのか、どういった掲示板管理者から依頼がくるのかに興味があります。初期費用は29万円からで、月額費用は32万円からということなので、個人運営の掲示板ではこの料金を支払うことは難しいでしょうね。基本的には、大きな利益を上げられる可能性がある「企業が制作した携帯向けの公式サイト」での利用が多くなると思われますが、違法な書き込みや公序良俗を乱す画像の貼付などの問題に、完璧に対処するためにはやはりこういった24時間体制の有人監視が必要なのかもしれません。

関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。