--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.0607:18

滝沢秀明が舞台「滝沢演舞城2007」で観客を感動させる!綾小路翔や倖田來未への“突っ込み”で注目を浴びた宇多田ヒカルのブログ!

■Yahoo!動画で、w-inds.の最新シングル「LOVE IS THE GREATEST THING」を配信

アーティストのPV(プロモーション・ビデオ)が少しずつ充実している「Yahoo!動画」ですが、今、アジア各国(台湾・韓国など)で活躍しているw-inds.の新曲「LOVE IS THE GREATEST THING」を8月4日まで配信しています。w-inds.のファンの人で、ウェブで新曲を映像つきで聴いてみたい人はチェックしてみてください。w-inds.の通算22枚目となるシングル「LOVE IS THE GREATEST THING」は、メンバーの橘慶太が声優に初挑戦した映画「シュレック3」の日本語吹き替え版のイメージソングとなっていて、ダンサブルな激しい楽曲になっています。

■滝沢秀明が舞台「滝沢演舞城2007」で観客を感動させる!

「タッキー&翼」のユニットで歌手としての活躍も目覚しい滝沢秀明(25)ですが、最近は舞台の演劇やマジック、ショーの分野でも練習を積み重ねながら頑張っているようです。昨年に続く2度目の公演となる舞台「滝沢演舞城2007」が東京・新橋演舞場で上演されていますが、滝沢秀明はジャニーズJr.のサポートを受けながら色々な役柄を魅力的な衣装で華麗にこなしているようです。

連日大勢のジャニーズファンが詰め掛けている「滝沢演舞城2007」ですが、マジックや歌のショータイムを中心に若い女性から年配の女性まで幅広い客層に感動を与えているようです。ジャニーズの芸能界における強さというのは、こういった「芸能活動のジャンルの多さ」と「客層の年代の幅広さ」にあるのかもしれません。

舞台は3部構成となっていて、第1幕では、女形などの17のキャラクターを早変わりで演じる“にほん昔ばな史”をコミカルかつ優雅に演じ分けています。客席の真上で大胆なフライングをしたり、高さ10メートルから飛び降りるバンジージャンプなど、アクロバットの要素も色々と取り入れているようですね。2幕では、昨年の大河ドラマ「義経」を反映した演劇を展開し、源義経、頼朝、父義朝を1人3役で見事にこなしているそうです。チケットは入手至難ですが、“タッキー流一人芝居”もファンであれば是非見てみたい演技でしょう。

■綾小路翔や倖田來未への“突っ込み”で注目を浴びた宇多田ヒカルのブログ

宇多田ヒカルの公式ブログである「Message from Utada Hikaru/Utada」には、芸能人らしい「建前の美辞麗句」ではなくて宇多田の「率直な本音やジョーク」が多く書き込まれているので読んでいて面白いのですが、最近は、仲の良い芸能人の友達への“彼女らしい煽り”がよく話題になっています。この頃の日記には、“クマのキャラクター”をもとにしたネタが多く掲載されています。少し前には、友人である綾小路翔の結婚式の披露宴で自分の持ち歌を歌わせてもらえず、『まあいいけどよ。けっ( ゚д゚)、ペッ』とツバを吐く絵文字を使って毒づいていたりと自由気ままに日記を書いています。

7月初めには、宇多田ヒカルが所属するレコード会社「EMIミュージック・ジャパン」のサイトに掲載しているプロフィールの写真と、倖田來未(24)のキリンビールの「キリンチューハイ氷結」のCMの衣装が似ているという日記を書いてJ-CASTの芸能ニュースで話題になっていました。「きたこれwww 若干かぶってるぞこれwww 黄色いワンピに顔のアングル、そして左腕の無意味なポージングまでっ!偶然ってすげーw」という文章が、若干、2ちゃんねるのノリに近いので注目された部分がありますが、宇多田ヒカルのリラックスした日常風景が伝わってきて面白いです。テレビ番組のドラマやバラエティ、CMとかそういった庶民的な娯楽を宇多田ヒカルもきちんと見ているというところに親近感が湧きますね。

飾りのない普段の言葉遣いやキャラでブログを書いているところが、いろいろなメディアが宇多田ヒカルのブログに突っ込みたくなる理由だと思いますが、宇多田さんにはこれからも地道にブログを書き続けて貰いたいなと思います。最近は、名前をそれ以上売る必要のない一流の芸能人が、ウェブでブログを書くケースが増えてきました。宇多田ヒカル以外にも、倖田來未とか安室奈美恵とか色々な個性を持ったアーティストがブログを書くと更に楽しくなりますし、最近テレビで姿を見る機会が減った浜崎あゆみとかもブログを書いてみると面白いかもしれませんね。

文章を書くのが好きでないとブログは続かない気もしますが、宇多田ヒカルのように、「シンプルな短文」や「コミカルな顔文字」を中心に簡単なブログを書いてみると長く続くかもしれません。知名度のある芸能人やアーティストであれば、内容や文章表現が評価されるというよりも、本人が「自分の言葉」で自分の考えたことや経験したことを書いているというのが人気につながるわけですしね。

関連記事

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。