--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.1916:42

ウィルコムがAdvanced W-ZERO3[es]を本日発売!世界最大のオークションサイト「eBay」が日本に再上陸!

ウィルコムがAdvanced W-ZERO3[es]を本日発売

携帯電話が主流の中で高機能なPHSのキャリアとして高い人気を集めているのがウィルコム(willcom)ですが、遂に新製品の「Advanced W-ZERO3[es]」が7月19日(今日)に発売になりましたね。ウィルコムのW-ZERO3[es]は単なる携帯電話というよりは、パソコンに極めて近いPDAのようなスマートフォンです。普通の携帯電話のボタンは指一本で押すので、なかなかPCレベルの素早いタイピングが出来ませんが、W-ZERO3[es]の場合は「スライド式のキーボード」がついているので、PCと同じ感覚で文字入力することが出来ます。

あと、通話機能では「固定料金でウィルコム同士なら話し放題」というお徳な部分がありますが、身近にウィルコムユーザがなかなかいないというのが少し問題ではあります。定額料金で話し放題といえば時間制限はありますが、ソフトバンクのホワイトプランも高い人気を集めていますね。ソフトバンクのほうは携帯電話なので同じソフトバンクの携帯を使っている友人知人を見つけやすい部分がありますが、W-ZERO3[es]はスマートフォンなのでPC的な用途で携帯を使っていない人は余り興味を持ってくれにくいのです。しかし、ブログとかSNSで頻繁に携帯でアップロードしているようなユーザだと、W-ZERO3[es]のほうが一般のドコモやauの携帯よりも使いやすいことは間違いありません。

恐らく月額の料金も5,000円程度におさめられるでしょうし、携帯電話でウェブをするのがメインという人はウィルコムを選んでみてもいいのではないかと思います。解像度の高いデジタルカメラ(131万画素)も付属しているので、デジカメで写真を撮ってブログを書いている人は、外出先ですぐにブログ更新ができるので便利ですね。

僕は結構長文でブログを書くので、携帯電話ではブログ更新はほとんどしないのですが、W-ZERO3であればモバイルで更新してみたい気もします。Googleマップとの連携やGPSアンテナによるナビゲーション機能もついているので、地図としてW-ZERO3[es]を使うこともできます。

GPSアンテナのナビ機能は、今いる自分の場所が何処なのかリアルタイムで把握できて、行きたい場所に迷わずに行けるような機能なので、方向音痴で困っている人とかは使える機能かもしれません。ワンセグチューナーを取り付ければ、デジタルテレビとして使うこともできるので、基本的に携帯電話と機能面での差はそれほどないといえますが、入力デバイスがキーボードなので、キーボードの文字入力に慣れている人は使いやすいと思います。周辺機器のほうもいろいろと充実しているということなので、自分なりのカスタマイズも楽しめる機種になっています。

世界最大のオークションサイト「eBay」が再び日本市場に挑戦

eBayといえば正規登録利用者数2億3000万人、出品点数10億点以上の物や情報が売買される世界一のオークションサイトです。しかし、2002年に英語版のまま「eBayジャパン」が日本市場に進出して、あまり人気が出ずに撤退したという過去を持っています。eBayのサイトが英語表記なので、日本人がなかなか馴染めないというのが課題だったわけですが、今度は「無料!eBay日本語ガイド.com」という日本語対応のサイトをきちんと準備して日本市場に再チャレンジしてきました。

世界一の人気オークションサイトであるeBayは、オークションに出品されている商品やアイテムが膨大な数にのぼるので、日本人がeBayのサイトのUI(デザインと使いやすさ)や雰囲気に慣れてくれれば、「Yahoo!オークション」に迫る人気サイトになるかもしれません。

関連記事

テーマ : WILLCOM
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。