--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.1103:21

"Google News"がコメント表示機能を導入!gooブログに“Wikipediaの検索窓”が設置可能なブログパーツ!

"Google News"がコメント表示機能を導入!

"Google News"は、朝日新聞や読売新聞、日経新聞、地方の新聞社などのニュースを一覧できるという意味で、非常に便利なニュースサイトとなっています。Google Newsは、「1日に起こったニュースや出来事」を効率良く収集しようとする場合にとても役立ちますし、「政治・経済・社会・国際・エンターテイメント(芸能)」などのニュースジャンルを区分しているので「自分の興味のあるニュースジャンル」だけをまとめ読みすることも出来ます。僕は個別のニュースを深く読み通す時間がないときに、政治経済ジャンルのニュースの見出しをざっと眺めて、本当に必要なニュースだけをクリックして読むようにしています。

一時期は、新聞社の許可なく「ニュースの見出し・概要」を集めて表示する“Google News”のサービスは著作権侵害であるという批判もありましたが、現在では、「GoogleがNewsのページに広告を掲載していないこと(営利目的でGoogle Newsを運営していないこと」「Google Newsが新聞社の広告媒体としてPV増加に役立つこと」によって著作権侵害についてクレームをつける新聞社は殆どいなくなっています。また、新聞社のほうから「掲載しないでほしい」というメールをGoogleに送れば、GoogleのほうでGoogle Newsに掲載しないような対処を速やかにとってくれるそうですから、Google Newsは事実上、非常に公益性と有用性のあるサービスになっていると言えるでしょう。同種のニュースサイトは、大手プロバイダにもありますが、Google Newsのほうがやや硬派な政治経済のニュースを集めるには適しています。

そのGoogle Newsの米国版に、近々、「ニュース関係者のコメント表示機能」が搭載されるそうで、「ニュース報道に実際に関係する個人や組織のコメント」をGoogle Newsに検閲無しで掲載するようになるということです。誰でもコメントをつけられるようにすると、現在のブログスフィアのように「情報価値のない批判・中傷・単純な同意」などが溢れてしまいますので、「ニュース報道の関係者のみがコメントできる機能」というのは面白い試みではないかと思います。Google の広報担当者は取材に向けて、「われわれはこの新機能が、ニュースに対する多様かつ有意義な視点を増やすのに役立つと期待している」と語っていますが、当事者からのコメントが加わることで、「より正確で公正・詳細なニュース」を読めるようになることは喜ばしいことですね。

ニフティが動画に音声コメントをつけられる“アフレコ動画β版”を開始

大手プロバイダ@niftyが運営する「はみだし@nifty」で、YouTubeの動画を共有してそれに音声コメントをつけられるという「アフレコ動画β版」が始まったようですね。最近の@niftyは、「YouTube」の成功に感化されているようで、動画共有サイトをさらに楽しく使いこなすウェブサービスを多く開発していますね。ユーザーは、PC に接続したマイクから音声のコメントを投稿できるのですが、音声コメントをつけた共有動画はブログパーツにして自分のブログのサイドバーなどに貼り付けることが出来るみたいです。@niftyにはニワンゴの「ニコニコ動画」と同じように、動画にコメントを次々と投稿できる「ニフニフ動画」もありますし、動画に対する評価や意見を統計的に把握できる「グフフ動画」などの画期的なサービスもありますから、今後は、動画サイトにおけるニフティの立場がより強くなっていくのかもしれません。

Wikipediaとブログの連携を強めるgoo!

gooはWikipediaとのコンテンツ共有をしていて、現在でもWikipediaと全く同じ内容を「goo Wikipedia検索」から読み進めることが出来ます。ウェブ上の百科事典であるWikipediaを使えば、たいていの疑問や一般的な質問は解き明かすことができるのですが、今度、gooは自分のブログにWikipedia検索の検索窓を設置できるブログパーツを提供することになりました。つまり、gooブログでブログを書いている人は、「Wikipediaの検索窓」「デイリーランキング付き検索窓」の2つのブログパーツを簡単に貼り付けることが出来るわけです。一般知識や政治経済、歴史・地理に関係するコンテンツを作成しているブロガーには非常に役立つサービスだと思いますし、「どんな検索キーワードでWikipediaが使われているのか?」をデイリーランキングですぐに知ることが出来るのは良いですね。

関連記事

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。