--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.0203:24

マクドナルド(マック)が『マックカフェ』の新事業をスタート!牛丼の『吉野家』がラーメン事業に挑戦!

マクドナルド(マック)が『マックカフェ』の新事業をスタート!

今、マクドナルド(マック)で、ビックマックが200円のセールスをやっているので、昨日ビックマックを久しぶりを買ってみたのですが、ジャンクフードといわれるお手軽なハンバーガーもたまに食べると結構美味しいですね。ビックマックは二段重ねなので、男性でも昼食なら十分な量ですし、おなか一杯食べたいという人ならポテトのMを一緒に頼むとかなり満腹になります。100円のハンバーガー系統は少し食事としては物足りないですが、三角マンゴーパイというデザートメニューはなかなか美味しいなと感じました。フルーリーというドリンク系のメニューは頼んだことがないのですが、またマックに行く機会があればどんなものか試してみたいと思います。

しかし、安くて美味しくて出てくるのが速いということを売りにしていたマックですが、先日『地域別価格』の導入を発表して、日本全国の店舗の90%で実質的な値上げになったのはちょっと残念ですね。ただ日本経済そのものが緩やかにインフレ傾向のリスクを孕んでいるので、今後、ファストフードに限らずいろいろな商品がじりじりと上がってくる可能性はあると思います。実質的な値上げをしたマックは、『デマンドベースプライシング』に基づいて新価格の設定をしたと説明していますが、これは顧客満足度や店舗への投資(施設整備・教育研修)のコスト、その地域の売上などを考慮して決められる価格決定法だそうです。うーん、何となく強引な説明という気がしますが……とりあえず価格に見合う商品開発と接客サービスの維持に励んで貰いたいと思います。一食当たり500円程度で食べられるというリーズナブルさは維持していって欲しいですが。

マックは8月29日に、『マックカフェ』という新規事業を立ち上げたので、そのコスト回収といった意味合いも『デマンドベースサプライシング』にはあるのかもしれませんが、このマックカフェがどれくらいの人気や需要を集められるのかに注目ですね。商品単体の魅力や美味しさでの競争力では、やはりスターバックスやドトールに正面から対抗するのは難しいと思いますが、このマックカフェの強みはやはり価格競争力です。現段階では、東京都を中心に15店舗して出店していないのですが、フランス・ドイツ・イタリアの特徴的なパンを100円~の価格帯で売り出しており、それにコーヒーやカプチーノ、スープ、デザートなどを合わせる形態のカフェとなっています。この価格を見ると、学生や一般の主婦なんかには結構人気を集めそうな気もしますが、『メニューのバリエーション拡大』と『マックでしか食べられない美味しいメニュー』『(回転率をある程度確保しながら)落ち着ける店舗作り』がポイントとなるでしょう。

牛丼の『吉野家』がラーメン事業に挑戦!

マックがカフェ事業をスタートしたというニュースも面白いですが、牛丼専門店の『吉野家』(吉野家ディー・アンド・シー)が、約190店舗を展開する『ラーメン一番本部(大阪市)』の主要事業を買い取りました。牛丼とラーメンというと同じ外食産業でもかなり業種が違うように感じるのですが、経営破綻に陥っている『ラーメン一番』の事業全体を買収したのであれば経営とラーメン作りのノウハウはそのままついてくるので、意外とうまく運営できるのかもしれません。ラーメン一番は、『びっくりラーメン』というラーメン一杯180円(税別)の激安を売りにしていたのですが、吉野家が買収して経営再建を目指すのであればこの価格設定は多少引き上げてくるかもしれませんね。

僕の感覚では月収20~30万円前後の一般庶民が気軽に食べられる『昼食の価格帯』は、400~500円と見ているので、ラーメンと餃子やチャーハンとかのセットで500円であれば十分にお客を集めることが出来ると思いますが、200円台のラーメンがあればやはり価格面での競争力は強いでしょうね。一昔前まではラーメンは安い食べ物という印象がありましたが、都心部のラーメン屋では一杯700~1000円の価格帯のラーメンも増えており、安めのレストランなどと比べて必ずしも安いものではなくなってきています。ラーメン事業を始める牛丼の吉野家が、どんな経営改革策や新メニューを出してくるのか楽しみではありますが、いずれにしても吉野家の企業イメージからして『安くて美味しい』という基本ラインは守られるのではないかと思います。

関連記事

テーマ : 経済ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。