--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.0406:36

大卒・高卒ともに新卒者の初任給が、10年ぶりに1,000円増加、若手労働市場の需要強まる!

新卒者の初任給が、10年ぶりに1,000円増加、若手労働市場の需要強まる!

昨年からの持続的な景気拡大局面を受けて、企業の新卒採用者の初任給が10年ぶりに1,000円増加したということです。1,000円というと大したことがない気がしますが、今まで10年もの間ほとんど初任給の伸び率がありませんでしたから、少子高齢化社会における『若手人材の売り手市場』が活発化してきていることを感じさせます。正社員とフリーター・派遣の生涯所得の格差は二倍以上の開きがあるといわれますので、大学や高校を新たに卒業する人たちはきちんと自分の将来のビジョンや計画を見据えて、自分の希望するジャンルや条件の企業に就職できるように就職活動を頑張って欲しいと思います。

とはいえ、企業のほうも経営状態や財務状況に大きな差があるので、すべての企業が軒並み初任給をアップしたわけではなくて、やはり過半数にあたる56.3%の企業が初任給を据え置いていますし、業界によっては市場競争が激化していて給与のベースアップが難しい企業も多くあります。基本的に、初任給アップに気前のよい回答を打ち出してきたのは大きな営業利益を出している従業員500人以上の大企業のようですが、伸び率としては、大学院修了事務系で0・56%、大卒事務系で0・66%となっており、高卒者の事務職・現業職でも初任給は同じ程度アップしています。

業界別に見てみると、一番初任給を高く設定しているのは、世界的な原油高で話題になることの多い石油・石炭製品業で平均24万6000円となっており、最低の初任給は意外な感じがしますが、金融・保険業の18万7018円となっています。恐らく、同じ金融業界でも、大銀行と大手証券会社などの業績が好調な会社では初任給を上げてきていると思うのですが、保険料未払い問題などで消費者の不信感が強まっている保険会社などであまり良い回答が出なかったのではないかと思います。

学歴別の新卒者の平均初任給は以下のようになっていますが、大卒者と高卒者の初任給の差の約5~6万円はその後にも響いてくるので、大学で勉強したい意欲と学力があるのであればやはり一応大学は卒業しておいたほうが有利とはいえるでしょう。特に、大手企業である程度の役職にまで上りたいなどの野心がある人は、できるだけ全国的に知名度のある有名大学に入学する努力をしなければなりませんね。進学校の高校に在籍している人にとっては、大学入学までの受験勉強期間だけ頑張るのではなく、志望大学に入ってからも遊びや娯楽に流されすぎずに、『将来を見据えた職業生活のプラン(具体的な会社員や専門家としてのキャリアの進め方)』を意識して行動することが大切だと思います。

とはいえ、大学を卒業した後に、どのような職業キャリアを積み上げていくか、どんなジャンルのスキルや資格を取得していくのかによって、企業内での評価や給与水準も大きく変わってきますので、必ずしも学歴だけでその後の職業生活が決まるわけではありませんが。一流大学を卒業してもフリーターや無職の期間があると当然その後の良い就職は難しくなりますし、高卒でも経営に直接タッチする仕事は難しいでしょうが(それは大卒でも同じくらい難しいです)、工場系・事務系などではかなりの地位にまで昇進する人は多くいますね。

初任給10年ぶり1000円増加 今春の新卒者 経団連調査

■平成19年度の初任給水準

大学院修了事務系 22万3131円(0.56)

大学院修了技術系 22万4478円(0.60)

大学卒事務系   20万5074円(0.66)

大学卒技術系   20万6579円(0.58)

高専卒技術系   18万1853円(0.67)

短大卒事務系   17万2577円(0.61)

高校卒事務系   16万1273円(0.60)

高校卒現業系   16万2753円(0.61)

※カッコ内は前年比伸び率%

日本経団連は新卒者の待遇改善の理由について、『優秀な学生の確保のための魅力向上に加え、企業業績の回復に伴う社員給与の引き上げが進み、これまで据えおかれていた初任給にも調整が及んだ』という見解を示しています。

関連記事

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。