--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.2607:48

『涼宮ハルヒの憂鬱』のハルヒ役の声優、平野綾のメンタルヘルスの問題?!恋愛報道のあった沢尻エリカのCM・映画出演は減る?!

『涼宮ハルヒの憂鬱』のハルヒ役の声優、平野綾のメンタルヘルスの問題?!

YouTubeなどウェブの動画共有サイトが大ヒットのきっかけになったアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』ですが、『涼宮ハルヒの憂鬱』のブレイクによって強い脚光を浴びたのが声優の平野綾でした。オタクのアニメファンの間からは“あーや”の愛称で親しまれている平野綾ですが、現在では、可愛らしい容姿と声の魅力の二つの要素によって声優界のトップアイドルとも呼ばれる存在になっています。『今のアニメ界』における声優というのは、特徴的な声質だけで勝負できた『昔のアニメ界』とは少し状況が違っていて、『声優本人の容姿・外見・愛嬌』などの良さが声優としての人気や評価に関係してくることがあるということです。

特に、オタクに人気のあるアニメジャンルでは、『単純な声の魅力や良さ』だけではなくて、声優本人の『容姿の魅力や愛嬌の良さ』などの要素が声優としての評価につながってくることがあるわけで、その意味でも元々アイドルとして活躍していたこともある平野綾は有利だったとも言えます。ついでに、『平野綾のブログ』を検索してみましたが、確かに、声優としてはずば抜けた容姿を持っている女性タレントといえるでしょう。スペースクラフト・エンタテインメントに所属する平野綾は、『らき☆すた』『涼宮ハルヒの憂鬱』によって声優としての確固たる地位と人気を得ましたが、本人は元々は声優の道にはそれほど興味がなくて、歌手(アイドル)としてやっていきたいという考えが強かったという話もあります。

2002年にはテレビ番組『SDM発!』(フジテレビ系)のオーディションで選ばれて、伊藤彩華、平野綾、吉田有希の3人で『Springs』というユニットを結成して何枚かCDも出しているのですね。『オタクトップアイドル平野綾 凉宮ハルヒ“声優の憂鬱”』という記事では、オタクアイドル的な声優よりも歌手やタレントとしてやっていきたいという希望が強くて、メンタルヘルスの不調を来たして不安定な精神状態にあるというような話がでていますが、実際はどうなのでしょうか?

リンクした本人のブログで最近の日記を読んでみると、平野綾自身が体調や心理状態が悪いという印象は受けなかったのですが、近い将来には声優以外のジャンルでもっと活躍したいという野心はあるのかもしれません。去年、イベントを相次いでキャンセルした時期には、何らかの体調不良やメンタルヘルスの悪化があったのかもしれませんが、その理由について正確なことは分からないようですね。

あーやの所属事務所は、声優専属事務所ではなく、神田うのや栗山千明などが所属するスペースクラフト・エンタテインメント。あーやも、かつてはアイドルユニット「Springs」のメンバーとして活動していた。声優業は、どうやら彼女の本意ではなかったようなのだ。そんな不安定な心情を表すかのように、約 1カ月の休養を経て復帰したあーやは、衣装が合わなくなるほど激ヤセしていた。

「復帰直後のイベントでは、『歌えるのは今日が最後になるかも知れない』『復帰のライブなのに、なんだかお別れみたい』などと意味深な発言を連発し、ファンはみんな心配していました」(あーやファン)

第2期の『涼宮ハルヒの憂鬱』のハルヒ役は平野綾がするとは決まっていないという話もありますが、本人にやる気があり気持ちに不安定な部分などがないのであれば、声優とタレント(歌手)という二束のわらじは悪くないとも思いますが。しかし、仕事があること自体は良いことだと思うので、仮にメンタル面の問題や悩みがあるとしても、『涼宮ハルヒ』などの声優業以外の部分で生じた悩みなのではとも考えられます。

ディープな恋愛報道のあった沢尻エリカのCM・映画出演は減る?!

ハイパーメディアクリエーターの高城剛(43)とのキスやお泊まりが報じられた人気女優の沢尻エリカ(21)ですが、相次ぐ熱愛報道の繰り返しに女優としてのイメージに傷がつくのではと心配する声もあるそうです。恋多き女優として報道されることの多い沢尻エリカは、今までも松田翔太や山田孝之といった若手イケメン俳優との親密交際が伝えられたりもしました。しかし、今回の沢尻エリカの恋愛スクープでは、20歳以上も年齢差のある高城剛氏との直接的なキスシーンを撮影されていることや、自宅への出入りなどが確認されていることが、CMタレントや純愛ドラマを演じる女優としての商品価値(イメージ)を落とすのではないかとも言われています。

個人的には芸能人が自由恋愛をしようと、年上の男性や女性と関係を持とうと不倫などがない限りは問題無いと思いますが、芸能人やCMタレントは“イメージ商売”の要素が強くありますから、CM採用を決める企業の担当者などの心象が問題になるのかもしれません。『熱愛報道のシッペ返しを覚悟する必要があるのでは?』というような沢尻エリカに対する批判的記事もありますが、沢尻エリカは純粋な恋愛に憧れるような男性にはあまり人気がないと思うので、熱愛報道による印象被害というものも余りないような気がします。

気ままに自由恋愛を楽しむという意味では、沢尻エリカがもう少し年を取ってくれば、男女関係のスクープによるイメージの低下は更になくなってくるでしょう。ただ、沢尻エリカの21歳という年齢を考えると、保守的な主婦層や中高年層などの印象が悪くなるという面はあるかもしれませんね(中高年層では一途な恋愛・結婚を守ろうとする道徳観念というのは今でも強いですから)。自由奔放な女王様キャラというような感じでやっていくつもりなのかもしれませんが、映画やドラマでは結構純愛をする高校生の役などをしているので、私生活であまりドロドロな男女関係にのめりこみすぎると「監督から起用される演技(キャラクター)の幅」が狭くならないかなという感じはあります。

関連記事

テーマ : 女性タレント
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。