--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.2810:20

日産(ニッサン)の最上級スポーツカー"NISSAN GT-R"が10月24日に正式発表!

日産(ニッサン)の最上級スポーツカー"NISSAN GT-R"が10月24日に正式発表!

日産(ニッサン)の最速スポーツカーとしてすぐに誰でも思い浮かぶのはスカイラインですが、現行のスカイラインV36は、R34以前のスカイラインとは全くデザインやコンセプトが違う車になっていました。V35とV36型のスカイラインは良くも悪くも、走り屋の人たちが乗るようなハイパフォーマンスな2ドアクーペといった印象がなくなり、BMWやメルセデスベンツなどに似たスポーティだけどラグジュアリーなクーペといった車になりましたね。僕個人はV35以降の上品な雰囲気で高級感のあるスカイラインも嫌いではないのですが、やはり従来のパワフルな走りを愛したスカイラインファンは、V35からのスカイラインのデザインやエンジンがあまり好きではないという人が少なくないようです。

僕は学生時代に友人が乗っていたR32とR33のスカイラインには乗ったことがあるのですが、スカイラインの最上級グレードであるスカイラインGTRには結局乗ったことがないままなんですね。マツダのRX7や三菱のGTO、トヨタのスープラなんかには乗ったことがあるのですが、GTRは当時中古でもかなりの高級車だったために乗っている人がいませんでした。GTレースが好きで速く走りたいというドライバーにとっての憧れの車だったスカイラインGTRは、R34のGTRの製造を最後にして現在まで製造中止となっていますが、ついにカルロス・ゴーン率いるニッサンがGTRの再開発に成功し10月24日に正式発表するようです。

このGTRは第三世代のGTRになるわけですが、「スカイラインGTRの後継車」という明確な位置づけではなく、車名からも「スカイライン」の文字が除かれるようです。正式発表まで正しい名称も分からないのですが、今のところ、「NISSAN GT-R」という表記で報道されているみたいです。既にモーターショーなどでGT-Rのプロトモデルは発表されて、今や遅しと発売の時が待たれていたのですが、その時には「GT-R PROTO」というモデル名で呼ばれていました。ちなみに10月発表ですが、現時点でも「絶対にGT-Rが出れば買う」と決めている人はウェブサイトから先行予約ができるみたいです。ニッサンGT-Rの公式サイトは、「NISSAN GT-Rのグローバルサイト」となっており、日本語以外にも英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語などに対応しています。

ニッサンのカルロス・ゴーン社長は、NISSAN GT-Rを世界最速のスポーツカーとしてグローバルな市場の中でブランディングしたいと考えているようで、スカイラインという名称を敢えて入れないのも「過去の日本でしか通用しなかったスポーツカー」とは違うというカラーを出したいからでしょう。実際、スカイラインGT-Rは価格帯からすると、海外のアルファロメオとかBMWとかに迫る値段ですが、世界市場ではまったくマイナーな存在でした。日本の国内市場では、「車の需要」そのものが落ち込んでいて、車が売れない国になりつつありますが、世界市場ではまだまだ「これから車を買いたいという新興階層」が現れてきますから、GT-Rブームを再び巻き起こせる潜在的チャンスはあるでしょう。現行のV36スカイラインのデザインとエンジンは、ヨーロッパ諸国の人たちからの評価も高いようですので、世界市場を視野に入れて「新たなGT-Rの歴史」を刻んでいって欲しいと思います。

関連記事

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。