--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.0108:06

産経新聞とMSNが提携した「MSN産経ニュース」が10月1日にオープン!

産経新聞とMSNが提携した「MSN産経ニュース」が10月1日にオープン!

10月1日に、産経新聞とMSNが提携した「MSN産経ニュース」がオープンし、前回の記事に書いた「毎日jp」との同日公開が一部のブログで話題にもなっていました。先ほどMSN産経ニュースと毎日jpのウェブデザインの違いとして、「MSN産経ニュースのニュースタイトルの一覧性の高さ」「毎日jpの三大区分でのカテゴライズのシンプルさ」について触れましたが、MSN産経ニュースは大まかなデザインはMSN毎日インタラクティブに非常によく似ているんですね。ニュースの分類とデザインでは、毎日jpのほうは「地方のニュース」を選択的に読めるような工夫がされていて、トップページの下三分の一くらいを地方ニュースへの誘導に使っているというのも面白いところです。

新規ウェブサイトを立ち上げるコンセプトとして、MSN産経ニュースは「ウェブ・パーフェクト」を掲げており、「紙媒体の新聞からウェブのニュースサイトへの方針転換」という未来志向の姿勢を鮮明に出しているところが特徴ですね。産経新聞はMSNと業務提携する以前から、ウェブへの適応性が高いというか新事業への意欲が見られる新聞社で、新聞記者にブログ形式でコンテンツを書かせる「iza!(イザ)」というサービスを立ち上げた時にはブロゴスフィアで話題になったりもしました。この「iza!」では、「記者・専門家・ユーザ」といったカテゴリーによって、「ブログの書き手の属性」を明確化して記事を公開しているので、ブログの信頼性や個性を押し出すアピール力が強まっているわけです。

「トピックス」のカテゴリーでは、「最近の主要ニュース」を時系列を追いながら詳しく読める仕組みになっており、例えば「ミャンマー軍政と軍政反対のデモ行進」について詳細なプロセスを知りたいと思えば、トピックスの中で「ミャンマー情勢」のコーナーを見れば色々なミャンマー関連の情報を入手できるんですね。この「トピックス」は結構使いやすいページですし、「最近の主要な国内外の時事問題」をざっと確認していく際に使えます。

その他の「MSN産経ニュース」の特筆すべき点としては、「紙媒体の締め切りを待たずに、速報ニュースやスクープをウェブで先に公開する」という点ですね。お金を出してくれる紙媒体をこれまで当然のように優遇してきた新聞社ですが、これからは紙の新聞の先行きが怪しいので「ウェブ事業優先の姿勢」を明確化していく思い切った経営のシフトが必要になってくるのかもしれません。記事の掲載期間を原則6カ月以上に延長してくれているのも、ユーザにとっては嬉しい変更点ですし、マイクロソフトの検索技術を活かして記事内部の用語を即座に検索できる「Live Search サイドビュー」という機能も搭載されています。ニュースを読んでいてこの法律はいつ施行されたのかとか、この政治家や知識人はどういった人なのかということを知りたいときなど、ウェブ検索ですぐに検索したいという要求はあると思いますので、「Live Search サイドビュー」を使うユーザも結構いるのではないでしょうか。

関連記事

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。