--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.0622:40

mixiのデザイン変更のリニューアルは失敗だったのか?mixi内から沸き起こったリニューアルへの批判と不満!

mixiのデザイン変更のリニューアルは失敗だったのか?mixi内から沸き起こったリニューアルへの批判と不満!

過去の記事で、10月1日にmixiのデザインがリニューアルするという話を書きましたが、この大幅なデザインの変更がmixiユーザにはあまり評判が良くないようで、Mac OSの古いバージョンで閲覧できないなどの不具合も起きていたようです。ミクシィ(mixi)のベースカラーであるオレンジは残っているものの、背景が「明るい白」になったことで少し目がチカチカして「視認性」が悪くなった感じがします。大手のニュースサイトやポータルサイトも背景を白にしていますが、mixiの場合は「薄いオレンジ×白」の組み合わせなので「色のコントラスト」が見にくくなっています。ベースカラーのオレンジを青とか赤とかにすれば、背景が白で文字が黒でもそれほど見にくくないと思うのですが、白地に薄いオレンジの文字が読みにくいように、背景を白にして周囲を薄いオレンジ(あるいはパステルカラー)で囲まれていると視認性が良くないんですね。

mixiのレイアウトが「幅の広い3カラム(3列)」に変更されたのですが、この3カラムのデザインが表示速度が異常に遅くなっており、「必要な情報をすぐに発見できる」というユーザビリティも悪くなっています。この3カラムデザインでは、基本的に、mixiの運営側が「ユーザに見せたい広告情報やレビュー情報」に力点がいっており、ユーザがもっとも頻繁にチェックしたり書き込みしたりする「日記・新着コメント」が使いにくくなっているのは問題だと思います。

自分の書いた日記やコミュニティへの投稿もトップから確認しにくいのですが、それは一つの画面に「多くの表示情報」を詰め込みすぎているからかもしれません。一般ユーザがあまり使わない「動画・レビュー」の表示スペースを少し大きくし過ぎている感じがしますが、これは「ボタン」を押すと閉じることができます。いずれにしても、3カラムで「広告を含めた表示情報」を増やしすぎたことで、「画面の一覧性」や「新規情報のチェックのしやすさ」が落ちてしまったということは確かでしょう。この不都合を回避するためには、ユーザの側に「デザインのカスタマイズの自由度」「デザインのカラーの選択肢」を与えるのが一番なのですが、mixiのコンセプトである「一体感と連帯感のあるコミュニティの形成」を考えると、ユーザの個性が反映される「デザインやカラーの自由な選択」は今後も実現しないでしょうね。僕の不満点としては「表示速度がかなり遅くなったこと」というのが一番大きいですけど、ユーザの日記やコミュニティのコメントには「旧デザインのほうが見やすくて使いやすかった」という意見が多く見られ、新デザインへの評価はあまり高くないようです。

今回のリニューアルで推奨環境に指定されているOSは、Windows 2000、Windows XP、Macintosh OS X 10.3以上であり、Mac OS9のユーザの中にはレイアウトが大きく崩れたり、テキストが正しく表示されないなどの障害も起きているということです。「デザインの良し悪し」というのは個人の感性や好き嫌いが反映される部分がありますが、OSの種類によってSNSに参加できなかったり、テキストが読めないことがあるという現状は即座に改善して欲しいと思います。ID数が1400万を越える日本最大のSNSであるmixiには、『ウェブ・コミュニケーションの社会インフラ』としての役割も期待されていると思いますから、『誰もが簡単にアクセスしてコミュニケーションできるという快適なアクセシビリティ』を保障することにも努力して欲しいですね。

mixiには、「mixi新デザインに反対!」や「リニューアルmixiは嫌!」といったリニューアル反対コミュも多く立っていますが、mixiの運営側は「リニューアルには賛否両論がある」という認識を持っていて今すぐに再びデザインを変更するという動きはなさそうです。今の新デザインはCSSで書かれているそうなので、「デザインの変更」は今までよりも簡単に出来るようになっていると思いますが、少しずつ「ユーザビリティ(使いやすさのレベル)の高いデザインやカラー」に改善していってくれると嬉しいです。広告を見てもらいやすい3カラムのデザインを採用すること自体は悪くないと思うのですが、横幅のサイズやカラーの配色などを考えて「ユーザの視点や利用形態に合ったデザイン」を作り上げていって欲しいと思います。画面が見にくくなった最大の原因は、横幅を200pxも増やしたために「横スクロール」が発生したことと、「一つ一つのコンテンツ(日記・コミュニティ・レビューなど)の表示幅」が大きすぎて余白が増えすぎていることだと思いますが、「各コンテンツの配置と並べる順番」も何となくバランスが悪いんですよね。自分たちが実際に操作してみて、「見やすい・使いやすい・分かりやすい・疲れない・飽きない」という基本的なポイントをクリアしているかどうかもう一度チェックしてみるべきでしょうね。

「株式会社mixi」も慈善事業ではなく営利事業としてmixiを運営している以上、「ユーザの利便性や快適性」だけを重視してサイト設計をすることは難しいと思いますが、「ユーザが不便を感じないレベルのアクセシビリティとユーザビリティ」を新デザインの中で実現していってもらいたいですね。誰もがどんな閲覧環境でもmixiをストレスなく楽しめること、これこそがmixiのビジネスモデルを成功させるための基盤にあるものですし、mixiの長期的利益や存続可能性を担保するためには「これからもmixiを使い続けたいというユーザの欲求と意志」を尊重しなければならないでしょう。ただ、使い続けているうちにデザインには「慣れ」が生じてきますし、今回のデザインが完全にダメなものであるというわけでもなく、「表示時間の短縮」と「すべてのOSへの対応」ができれば今のままでも、その内に使い慣れてくるのではないかと思います。

あと、tableデザインをやめてCSSをデザインのコーディングに採用したことで、mixi全体のデザイン変更が容易になったことは評価できると思います。また、HTML(XML)で文書構造をしっかりとマークアップし始めたことも良い傾向だと思いますし、今後のmixiのデザイン変更を長い目で見れば、「今よりも使いやすいデザイン」が採用される可能性もかなりあるでしょう。mixiを利用しているユーザの数が1000万人以上になったことで、どんなデザインを採用しても「万人が納得するデザイン」は有り得ませんが、もう少しだけ見やすくて使いやすいデザインへと進化していくことを期待したいですね。

関連記事

テーマ : mixi
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。