--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.2916:15

GoogleがPR(ページランク)のアルゴリズムを変更か?Forbes.comやWashintonPost.comのPRが7から5へ下落!4人に1人が自分のドメインを所有し、「.jpドメイン」が7割占める!

GoogleがPR(ページランク)のアルゴリズムを変更か?Forbes.comやWashintonPost.comのPRが7から5へ下落!

Google(グーグル)を世界一の検索エンジン企業に押し上げたのは、ユーザの検索クエリに適合した検索結果を正確に返すことができる「PR(ページランク)のシステム」「検索エンジンのアルゴリズム」でした。Googleがウェブサイトやブログを階層的にランクづけする「PR(ページランク)」は、「被リンクの数(量)」「リンクしてくれているサイトのPR(信頼度・人気度)」によって変わってくるといわれていますが、具体的にどのようなアルゴリズム(数理的な仕組み)でPRが決定されるのかは明らかにされていません。

Googleにとって「PRの詳細なアルゴリズム」と「表示結果の順位が決まる仕組み」は最大の企業秘密ですが、ウェブサイトの運営者やウェブへの広告出稿者にとってもPRというのは非常に大きな意味を持っています。PR(ページランク)が高ければ検索結果の上位に表示されやすくなりますし、「ウェブサイトの権威や信頼度」が高まり「Adsenseの広告単価」も上がるといわれているからです。しかし、GoogleのPRが高い有名サイトのいくつかが、PRを大きく落としたというニュースが流れ、「有料リンクの購入・販売サイト」にペナルティが科せられたのではないかという見方が出てきています。

GoogleのPageRank急落でブロガー騒然

ブロガーは、ブログネットワークの中で大量に相互リンクを張る有料リンクやその他の手法が、今回のPR下落の原因ではないかと考えているが、何がGoogleのWebマスターガイドラインに抵触するのかは誰もはっきりとは知らない。Googleは先週PRアルゴリズムを変更したことは認めていないが、同社広報担当者のコメントは、その可能性がないわけではないことを示唆している。

「Google Toolbarに表示されるスコアはいろいろな理由で変動する可能性がある。当社がWebをクロールし、インデックス化する方法の変更や、Webサイト自体のリンク構造の変化などもそうした理由の一部だ」と広報担当者はeWEEKに語った。この担当者によると、Googleは、サイトへのフォワードリンクについての見解に加え、バックリンクについての見解も反映させるためにGoogle ToolbarのPR表示を更新するかもしれないという。

実際に、お金を支払って高いPRのサイトのリンクを買う人もいるのですが、こういった「リンクの売買」はGoogleの適切な表示結果を不当に乱す恐れがあるので、ペナルティを受けるリスクが高くなります。実際に、ペナルティが科されたのか否かは確認しようがありませんが、有名サイトのいくつかでPRが2以上落ちていることから、GoogleがPRアルゴリズムに何らかの変更を加えた可能性が高いようです。Forbes.com、WashintonPost.com、SFGate.com、SunTimes.com、Engadget.comのスコアがPR7からPR5に下がったということですが、PR3以下の小規模サイトにはあまり影響はないようですね。このArtistic Info DesignのブログはPRが2ですが、一般的なブログは3以上にはなかなかPRが上がらないですね。アルファブロガーと称されるような人が書く相当にメジャーなブログになると、PRが4や5になっている場合もありますが。

4人に1人が自分のドメインを所有し、「.jpドメイン」が7割占める!

自分の独自ドメインを取得するためには、サーバをレンタルして独自ドメインを申請する必要があり、いざやろうとすると結構面倒なものですが、ネットユーザ300名を対象にしたリサーチでは26.3%(79人)の人が自分のドメインを所有していると答えたそうです。無料ブログサービスの利用者の多さなどを考えると、リサーチ(統計調査)の対象となる母集団(サンプル)が偏っている可能性は高いですが、4人に1人が独自ドメインを取得しているというのはかなり多い印象がありますね。4人に1人が自分のドメインを所有、使用ドメインは「.jp」が7割以上の記事に統計調査の結果がでていますが、日本のドメイン取得者には、趣味でネットをする個人が多いのか商用目的の業者が多いのかが気になりました。

取得したドメインの種別が「.jp」が多いというのは日本なので納得できますが、ドメインの利用目的で一番多いのが「Eメール(アドレスの取得)」というのはちょっと意外な感じがしました。独自ドメインを取得する人のなんと62%が「Eメール」のために取得しており、それに続くのが「ホームページ(19%)」「ブログ(16%)」となっています。一般的なイメージでは、ウェブサイトやブログを独自ドメインで立ち上げるためにドメインを取得するといったイメージが強いのですが、実際には過半数の人が「自分だけのメールアドレス」を取得してローカルでメールの整理をしたいからドメインを取るんですね。今は、GmailとかHotmailなどの無料のウェブメールのほうが、どこでもメールチェックできるので利便性が高いようにも思いますが、セキュリティ面や顧客への信用度を考えるとローカルのメーラーでメールを整理保存したいというユーザが多いのかもしれません。

ブラウザの話に変わりますが、最新のOpera 9.5 β版と携帯端末向けのOpera Mini 4 β版に、複数のPCや携帯端末でブラウザ環境を共有できる新機能「Opera Link」が追加されて、PCのOperaのブックマークを携帯のOperaと共有できるようになりましたね。OperaよりもFirefoxを使う頻度のほうが多いですが、ケータイでブラウザを使う人の場合には「ブックマークの共有」ができるOperaが使いやすくなるかもしれません。ケータイのブックマークは使い難いので、各携帯キャリアは早くフルブラウザ搭載のケータイを増やして、フルブラウザの安価な定額制を実現していってくれると嬉しいです。

関連記事

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。